演じるイメージ湧かない!という人用のプロトタイプ概念

・才能は人並みの努力家の真面目タイプ
・チームの分析と連携が、好きで得意
・休日もチームで遊んでいる
・将来は、選手よりコーチやトレーナー派

部活の日常台詞編

俺たちは最強を目指してる。そのためには、日々の練習と、戦略の見直しは欠かせない。

部長:(深呼吸をし、満足そうに)「今日の練習も終わり。みんな、良く頑張った。」

部長:(軽く笑いながら)「特に君は、素晴らしいプレイをしていたよ。その姿を見て、俺も励まされた。」

部長:(少し考え込み、真剣な表情で)「でも、まだまだ完璧とは言えない部分もあるよな?練習の中で気になった点、あったか?」

部長:(優しく微笑みながら)「君が考えていること、俺にもシェアしてほしい。一緒に考え、一緒に改善していきたいんだ。」

部長:(ちょっと照れくさい表情で)「君との連携、本当に心強いよ。副部長として、そして友として…。」

部長:(遠くを見つめながら)「他のチームも日々進化している。次の試合、どういう戦略で挑むか、二人でしっかりと考えていかないと。」

部長:(軽く拳を握り、熱意を込めて)「俺たちは最強を目指してる。そのためには、日々の練習と、戦略の見直しは欠かせない。」

部長:(少し眉をひそめ、深刻な顔で)「最近、部員たちの中に疲れが見えてきた。特に新入部員。君も気付いてるよな?」

部長:(頼むような目で)「今度、部員たちと話し合いの時間を持とうか。みんなの意見や気持ちをしっかりと聞きたい。その際、君も手伝ってくれるか?」

部長:(心からの感謝を込めて)「ありがとう。君と一緒なら、どんな問題も乗り越えられると信じてる。」

部長:(少し笑いながら)「あ、そうそう。後で、新しい練習メニューの提案をしたいんだ。君の意見も聞きたいから、時間がある時、一緒に確認してくれるか?」

部長:(深い溜息をつき、真剣な眼差しで)「部長としての責任、時々プレッシャーを感じることもある。でも、君や部員たちと一緒なら、乗り越えられる。」

部長:(安堵の表情で、柔らかく微笑む)「今日は、こんなことを考えながら、ゆっくり休むことにしよう。明日からまた、一緒に頑張ろうか。」

だけど、プレッシャーも感じることがある。特に、キャプテンとして。

部長:(思い返すような目で)「初めてこの部に入った時を思い出すな。その頃の俺たち、まだまだ青かったよな。」

部長:(にっこりと微笑みながら)「だけど、一緒に練習を重ねるうちに、少しずつ成長してきた。その証拠に、今の俺たちの実力がある。」

部長:(熱い眼差しで)「毎日の練習が、俺たちを強くする。怠けずに頑張ろうぜ。」

部長:(腕を組んで考え込みながら)「練習メニュー、改めて見直す時期かもしれない。君の意見、今度聞かせてくれ。」

部長:(視線を遠くに向けて)「他チームの動きも、目を光らせている。どんな戦術を使ってくるか、予測しながら練習を組み立てないと。」

部長:(目を閉じて深呼吸し、静かに)「君と一緒に見たあの試合、あれからずっと忘れられない。だからこそ、もっと上を目指したいんだ。」

部長:(手を握りしめ、力を込めて)「試合の日、スタンドにはたくさんの応援がある。それを背にして、俺たちは最高のプレイを見せるんだ。」

部長:(少し頭を下げて)「だけど、プレッシャーも感じることがある。特に、キャプテンとして。でも、君が隣にいることで、少しは楽になるんだ。」

部長:(穏やかに微笑みながら)「君がいてくれること、本当に感謝してる。副部長として、そして信頼する仲間として。」

部長:(ちょっと照れくさい顔で)「時々、部員たちとのコミュニケーションに悩むこともあるけど、君がフォローしてくれるから、大丈夫だ。」

部長:(真っ直ぐな視線で)「これからも、一緒に頑張っていこう。俺たちのチームは、まだまだ上を目指せる。そのために、毎日の練習を大切にしよう。」

君とも、時々はそういったところへ行きたいな。プライベートでも、心の休息は大切だから。

部長:(穏やかな表情で)「今日の練習、皆良く頑張ったな。身体も心も、休む時間が必要だ。」

部長:(窓の外を眺めながら)「最近、天気も良いし… 時には、外の空気を吸って、心をリセットするのもいいかもしれない。」

部長:(うっとりと)「そうだ、先日行った温泉地。あの静けさ、湯の温もり… そんな場所で一息つくのも良いよな。」

部長:(微笑みながら)「君とも、時々はそういったところへ行きたいな。プライベートでも、心の休息は大切だから。」

部長:(じっと視線を合わせて)「毎日の練習、戦術の練り直し… それらに追われて、心のケアを忘れがちだ。」

部長:(やや申し訳なさそうに)「時には、ゆっくりと休むのも大切だ。明日からまた、全力で頑張ろうな。」

部長:(自分の心を探るように)「俺も、時々プレッシャーで夜眠れない時がある。そんな時、君の言葉が心の支えになってる。」

部長:(心からの感謝をこめて)「本当に、君が副部長で良かったと思うよ。一緒に、このチームを良い方向へ導いてくれてありがとう。」

部長:(ふと、思いついたように)「そうだ、次のオフの日にでも、みんなでBBQでもどうだろう? ちょっとした息抜きも必要だよな。」

部長:(視聴者の反応を予想しつつ)「君も、いい場所知ってるんだろ? その時は、おすすめの場所を教えてくれ。」

部長:(穏やかな笑顔で)「じゃあ、明日も一緒に頑張ろう。心も体も、しっかり休んで、最高の状態で臨もうぜ。」

時々、自分がこのチームを正しい方向へ導いているのか、疑問に思うんだ

部長:(少し重い口調で)「君には正直に言うよ。時々、自分がこのチームを正しい方向へ導いているのか、疑問に思うんだ。」

部長:(遠くを見つめながら)「勝つための戦略、部員たちのモチベーション、自分のリーダーシップ… それら全てが、いつも正解なのか分からない時がある。」

部長:(視聴者の目を真っ直ぐ見つめて)「でもさ、部員たちの笑顔を見ると… その瞬間だけは、やる気が湧いてくる。」

部長:(苦笑しながら)「俺も、完璧じゃない。間違いや悩みを抱えている。でも、それを乗り越えるためには、君のような信頼できる人が必要なんだ。」

部長:(少し照れくさい顔で)「君には、いつも頼りにされている。それが、俺の支えとなっているよ。」

部長:(思いっきりを振り返って)「前に負けた試合… あの時は、自分の判断が間違っていたのかと、ずっと悔やんでいた。」

部長:(視聴者の反応を気にしつつ)「でも、君や部員たちと話す中で、次へのステップを見つけることができた。それが、このチームの強さなんだ。」

部長:(ふと、思いついたように)「そうだ、君と一緒に、次の試合の戦略を練ろう。君の意見や視点は、俺にとってとても貴重だから。」

部長:(穏やかな笑顔で)「じゃあ、明日からまた一緒に頑張ろう。悩みや困難も、共に乗り越えていこう。」

この胸の中で、部員たちへの信頼や絆を感じるたびに、俺たちのチームは無敵だと思うよ。

部長:(しみじみとした口調で)「君、今日の練習を見て思ったんだけど…」

部長:(視聴者の目を真っ直ぐ見つめて)「チームとしての絆、それが俺たちの真の力だと思うんだ。」

部長:(過去を振り返るような表情で)「初めて部長になった時、俺はチームの力とは技術や戦略だけだと思っていた。」

部長:(苦笑しながら)「でも、色々な試合や困難を乗り越えてきて、それだけじゃないことに気がついたんだ。」

部長:(心の中を打ち明けるように)「個人の技術や能力はもちろん大切だけど、それ以上に大切なのは、チームメンバー全員が一心同体となって戦う絆だ。」

部長:(手を胸に当てて)「この胸の中で、部員たちへの信頼や絆を感じるたびに、俺たちのチームは無敵だと思うよ。」

部長:(少し照れくさい顔で)「君もそう思わないか? 俺たちは一緒に汗を流し、涙を流し、笑顔を分かち合ってきたんだから。」

部長:(思い出を振り返るように)「あの時の負けた試合、それを乗り越えた後のチームの雰囲気は、今まで以上に強く結束していたよな。」

部長:(視聴者の反応を気にしつつ)「君も、それを感じたんじゃないかな。それが、俺たちのチームの真の力なんだ。」

部長:(穏やかな笑顔で)「これからも、一緒にその絆を大切にして、更なる高みを目指していこう。」

心配性と解決編

何かを隠しているなら、今すぐに言え。チームを危険にさらすつもりか?

部長:(真剣な表情で)「ちょっと、こっちに来てくれ。」

部長:(疑問を感じつつ)「最近、おかしなことが起こっていると思わないか?」

部長:(視聴者の反応を確認しながら)「他の部員たちが話している内容、それとも練習中の様子…何かおかしいんだ。」

部長:(疑念を抱えつつ)「君が俺の右腕としている以上、隠し事はしないで欲しい。何かを知っているなら、今すぐに言ってくれ。」

部長:(怒りの表情を浮かべて)「何かを隠しているなら、今すぐに言え。チームを危険にさらすつもりか?」

部長:(悔しさを感じつつ)「俺たちはこれまで色んな困難を乗り越えてきた。だから、信頼関係を壊すようなことはしたくないんだ。」

部長:(視聴者に深刻な顔で訴えかける)「もし何か情報があるなら、それを共有してくれ。俺たちのチームが危機に瀕しているかもしれないんだ。」

部長:(誠実な表情で)「俺たちはチームとしての絆で乗り越えてきた。その絆を壊すようなことがあれば、すぐに対処しなければならない。」

部長:(やや情熱的に)「君と俺、そして全ての部員が一致団結して、どんな困難にも立ち向かってきた。だから、今も乗り越えられると信じている。」

部長:(視聴者に寄り添うような声で)「だから、君には正直に話してほしい。どんなことでも、一緒に解決しよう。」

俺の誕生日の計画を密かに準備していたのか?……先に言ってくれ。

部長:(やや困った表情で)「ちょっと、君に聞きたいことがあるんだ。」

部長:(悩みつつ)「最近、部員たちが何かをこっそり話してること、やっと気付いたんだ。君もそれに関わってるのかな?」

部長:(真摯に)「俺の誕生日の計画を密かに準備していたのか?」

部長:(少し動揺しつつ)「……先に言ってくれ。」

部長:(安堵と同時に少し恥ずかしそうに)「こっちとしては、何かチームに問題があるのかと、心配してたんだよ。」

部長:(思い出すように)「去年もサプライズをしてくれて、すごく嬉しかった。でも、それを探ろうとしたら、チームの秘密を知ってしまいそうで…」

部長:(柔らかく)「君たちの気持ちは本当に嬉しい。でも、秘密にされると心配してしまうんだ。」

部長:(少し笑いながら)「だって、キャプテンとして、部員たちのことを何より大事に思っているからさ。」

部長:(優しく微笑みつつ)「ありがとう。君たちと一緒に過ごす時間は、俺にとっての最高のプレゼントだ。」

部長:(深く息を吸って)「本当に、心配したよ。でも、これからはサプライズのためだけに秘密をするのは避けて欲しいな」

俺たちは、これからも一緒に頑張っていく。だから、正直に話してくれ。

部長:(深刻な表情で)「君、ちょっと時間があるか?」

部長:(重々しく、深呼吸をして)「君とは長い間一緒にチームを作ってきた。だからこそ、正直に話してほしいことがある。」

部長:(疑問を感じながら)「最近、君の態度が少し変わったように見える。何か俺たちの知らない情報でも入ってきてるのか?」

部長:(強めに)「本当にこのチームのためを思ってるのか?」

部長:(少し後悔しつつ)「そう問いかけてしまうこと自体、君への信頼が揺らいでるってことなのかもしれない。」

部長:(真剣に)「君はこのチームの副部長として、そして俺の最も信頼する補佐として、常に側にいてくれた。だからこそ、もし何か胸の内に秘めてることがあるなら、今はっきりと話してほしい。」

部長:(優しく)「君が心からこのチームを想ってくれてること、俺は知ってる。でも、何かが気になってしまうんだ。」

部長:(思い返すように)「あの日、他のチームとの試合後、君が彼らと何か話していたのを見かけた。それが頭から離れなくて…」

部長:(誠実に)「もし、何か困ってることや悩んでることがあれば、俺に相談してほしい。チームを守るため、そして君との信頼関係を保つために。」

部長:(深呼吸し、決意を持って)「俺たちは、これからも一緒に頑張っていく。だから、正直に話してくれ。」

それが原因で、ちょっとしたことに過剰に反応してしまって…

部長:(少し疲れた表情で)「君、実は俺、最近、他のチームの動きや我々の状況に対して、過度にプレッシャーを感じていたんだ。」

部長:(恥ずかしそうに)「それが原因で、ちょっとしたことに過剰に反応してしまって…」

部長:(深く息を吸って)「君と他のチームのメンバーと話しているのを見て、勝手に何か裏取引でもしているのではないかと疑念を抱いてしまった。」

部長:(誠実に)「でも、冷静に考えてみれば、そんなことはあり得ないよな。君はいつもチームのために全力を尽くしてくれている。」

部長:(少し笑いながら)「実はその後、他の部員に尋ねてみたんだ。君が何を話していたかというと、次の合宿の場所の提案やスケジュールの調整の話だったらしい。」

部長:(苦笑しながら)「俺の過度な心配性がこういう勘違いを生むんだ。ごめん、君を疑ってしまって。」

部長:(目を閉じて、深く頭を下げて)「この度は、本当に君に謝りたい。そして、今後はもっと冷静に、そして信頼を持って行動していくことを誓うよ。」

部長:(微笑みながら)「これからも一緒に頑張っていこう。君と共にチームを盛り上げていきたいんだ。」

部活の試合台詞編

俺たちのチームがトップを目指すためには、敵を知ることが必要だ。

部長:(深刻な表情で)「あのチーム、最近の動きを見てると、本当に強くなってきてるな。」

部長:(目を細めて)「だが、何かがおかしいんだ。急な成長…あんなに速く。君も感じてるだろ?」

部長:(困惑しながら)「君に頼みたいことがある。あのチームの情報、しっかりと把握しておいてほしい。」

部長:(少し顔を寄せて低い声で)「何か裏があるんじゃないかと思っているんだ。」

部長:(苦笑しながら)「昔、同じような状況のチームがあったんだ。あの時も似たような不安を感じた。」

部長:(力強く)「俺たちのチームがトップを目指すためには、敵を知ることが必要だ。」

部長:(視聴者を直視し、真剣に)「君が副部長としてその役割を果たしてくれること、信じてるよ。」

部長:(自分を戒めるように)「でも、無茶はしないでくれ。何かが起こった時、それがチームに影響する。」

部長:(心からの願いを込めて)「試合に勝つことは大切だけど、君や他のメンバーが無事であることが最も大切だ。」

部長:(ほんのりと笑みを浮かべて)「じゃあ、準備を始めようか。一緒に勝利を掴み取ろう。」

これからも、俺たち二人で、チームを最前線へと導いていこう。

部長:(頭を抱えながら)「最後の試合…あの瞬間、あれだけのミスをしてしまって…」

部長:(視聴者を見上げて)「君も見てたよな?俺たちの大事なポイントでのあの失敗を…」

部長:(頭を振りつつ)「一瞬、感情に流されそうになった。でも…」

部長:(胸を張って)「感情に流されず、冷静に判断する。それが部長としての役目だ。」

部長:(目を閉じて)「試合の最中、一つのミスが全てを決めることはない。重要なのは、次にどう立ち直るかだ。」

部長:(真剣に視聴者を見つめて)「君はいつも俺の側で、冷静に状況を分析してくれる。そのおかげで、いつも最善の判断ができるんだ。」

部長:(少し笑顔を見せながら)「これからも、俺たち二人で、チームを最前線へと導いていこう。」

部長:(深く息を吸いながら)「次の試合、感情に流されることなく、冷静に戦略を練って勝利を掴み取る。」

部長:(視聴者の手を握りしめて)「君と一緒なら、どんな困難も乗り越えられる。ありがとう、君の存在が俺の力だ。」

俺たちのチームを舐めるなって思ったよ。こんなことで揺さぶられると思っているのか?

部長:(腕を組みながら、少しイライラして)「あの試合の後、相手チームの挑発を見たか?」

部長:(怒りをにじませつつ)「俺たちのチームを舐めるなって思ったよ。こんなことで揺さぶられると思っているのか?」

部長:(目を細めて)「次の試合で、真の力を見せてやる。俺たちのプライドを、君と一緒に守り抜く。」

部長:(深呼吸して、気を取り直して)「でも、感情に流されてはいけない。冷静に、しっかりとした戦略を練っていかないと。」

部長:(視聴者の目を真っ直ぐに見つめて)「君は俺の副部長として、常に冷静な判断をしてくれる。だから、このような時こそ、君の力を信じている。」

部長:(ちょっと笑って)「相手チームの分析をお願いできるか?俺たちの勝利の鍵は、情報と戦略にあるから。」

部長:(力強く)「怒りや挑発に流されず、目の前の試合に集中しよう。そして、最後には俺たちの勝利の瞬間を、一緒に味わおう。」

部長:(視聴者の手を握りしめて)「君と一緒なら、どんな挑発も乗り越えられる。ありがとう、君がいてくれて本当に良かった。」

もう少しで前半終了、集中を切らさずに最後までいこう!

部長:(緊張感を滲ませて)「試合開始だ、君。この瞬間のためにどれだけの準備と努力をしてきたか。」

部長:(声を強めて)「左サイドからの攻撃が多いみたいだな。そこをカバーして、カウンターを狙おう。」

部長:(目をキラリと光らせて)「あれ、彼らのフォーメーションが変わってきた。中央を厚くしてきたな…君、それに対する策は?」

部長:(視聴者の意見を聞いた後、頷きつつ)「その通り!中央を突破するための連携を。信じてるよ、君の判断に。」

部長:(試合の流れに乗ってきたのを感じて)「いいぞ、ここだ!チャンスを作れるのは今だ。」

部長:(激しく動きながら)「あの選手、特技が左足のシュートだったな?君、右サイドをカットオフして!」

部長:(一息つきながら)「ほんの数秒の連携で、試合の流れが変わる。君との連携、本当に頼りになるよ。」

部長:(声を強めて、視聴者に指示を出しながら)「もう少しで前半終了、集中を切らさずに最後までいこう!」

部長:(前半終了のホイッスルが鳴った後、一息ついて)「よくやった、君。このままの調子で、後半も連携を取りながら戦おう。」

部長:(深呼吸しながら、視聴者の目を真っ直ぐ見て)「君との連携、それが俺たちの最大の武器だ。ありがとう、君がそばにいてくれること、本当に心強いよ。」

やったぞ、君!これが俺たちの連携の力だ! 勝利Ver.

部長:(顔をしかめながら、苦しんで)「後半、始まってすぐのあのゴール…予想外だった。」

部長:(呼吸を整えながら)「彼らのプレッシャーが増してきてる。どうやら俺たちの連携を狙ってきてるみたいだな。」

部長:(視聴者に目を向け、真剣に)「君、今の俺たちの弱点はどこだと思う?」

部長:(視聴者の答えを聞き、考え込む)「その通りだ…中盤の連携が甘い。そこを突かれてる。」

部長:(力を込めて)「では、打開策だ。俺たちが得意とするサイドからの攻撃をもっと活かそう。」

部長:(焦りを感じながらも、冷静に)「あと、セットプレーの際にもう少し動きを増やして…。君、それについてのアイディアは?」

部長:(視聴者の答えに頷き、励ましながら)「いいぞ、その策、実践しよう。君となら、このピンチを乗り越えられる。」

部長:(試合が進行し、点が取れずに焦りを感じて)「時間がない…でも、諦めない。最後の最後まで戦う。」

部長:(突然、チャンスが訪れる)「これだ!君、今!連携を!」

部長:(ゴールが決まった瞬間、歓喜と安堵の混ざった声で)「やったぞ、君!これが俺たちの連携の力だ!」

部長:(試合終了のホイッスルが鳴る。息を整えながら、視聴者に感謝の言葉を)「本当にありがとう、君。俺たちのチームが勝てたのは、君との連携のおかげだ。」

次に向けて、再び立ち上がる。君と一緒に。 敗北Ver.

部長:(心の中で不安に)「後半、開始してからすぐに失点…なんてことだ。」

部長:(視聴者に目を向け、苦しい表情で)「君、今の状況をどう分析する?彼らのプレッシャーが増してきて、俺たちが追い詰められてる。」

部長:(首を傾げて考えながら)「中盤の連携が甘い…そこを突かれているのかもしれない。打開策はどうするべきだろう?」

部長:(瞬く間に判断し、冷静に)「サイドからの攻撃をもっと増やすべきだ。そして、セットプレーの動きも変更すべきだと思う。」

部長:(緊迫した表情で視聴者にアドバイスを求める)「君、セットプレーについてのアイディアはあるか?」

部長:(視聴者の答えを聞いた後、熱くなる)「その考え、いいぞ!そうしよう。一緒にこのピンチを乗り越えよう!」

部長:(試合が進行し、時間が少なくなる)「残り時間が少ない…でも、諦めない。最後まで戦う。」

部長:(チャンスが訪れる)「これだ!君、今のうちに連携を!」

部長:(ゴールは決まらず、途方に暮れる)「ああ…ダメだったか…」

部長:(試合終了のホイッスルが鳴る。打ちのめされるが、視聴者に向かって)「…君、本当にありがとう。負けたけど、最後まで戦い続けられたのは君との連携のおかげだ。」

部長:(最後に力なく)「でも、俺たちの戦いはこれで終わりじゃない。次に向けて、再び立ち上がる。君と一緒に。」

反省や後悔台詞編

キャプテンとして、チームのみんなにどう顔を向ければいいのか…。

部長:(深く息を吸って、言葉を慎重に選びながら)「君には、全てを話すべきだと思って…その前に、あの試合について謝罪するよ。」

部長:(自分を責めるように)「あの時、もっと冷静になれていれば…。すまない、みんな。」

部長:(視聴者に対して誠実に)「特に君には…君とはずっと一緒に戦ってきた。それにも関わらず、俺は最後の瞬間に冷静さを失ってしまった。」

部長:(遠くを見つめながら)「俺たちの目標は優勝だった。だけど、あの瞬間の俺の判断ミスで、それが遠のいてしまった。」

部長:(苦しそうに)「キャプテンとして、チームのみんなにどう顔を向ければいいのか…。」

部長:(真剣に視聴者に質問)「君なら、どうする?この状況をどう乗り越える?」

部長:(視聴者の言葉に励まされ、心から感謝するように)「ありがとう、君の言葉はいつも俺を支えてくれる。」

部長:(前向きに)「失敗を糧にして、次へのステップにしていくしかないんだ。」

部長:(視聴者に対して、再び謝罪)「本当に、君には悪いことをした。でも、これからも俺のサポートをよろしく頼む。」

部長:(強く)「次の試合、そして次の次の試合へ。俺たちは前を向いて進んでいく。君と一緒に。」

部長:(最後に深い溜息をつきながら)「失敗は成功のもと、だよな。でも、それに甘えることなく、反省し続ける。それが俺たちの道だ。」

君には、常に支えてもらっている。だからこそ、君にも謝らないといけない。

部長:(息を深く吸いながら、重々しく)「君に、正直な気持ちを話そうと思う。」

部長:(振り返りつつ、苦しそうに)「最近の試合の結果、そしてチームの状態… それについての俺の考え。」

部長:(きっぱりと)「失敗は部長としての俺の責任。部員たちには関係ない。」

部長:(しみじみと)「キャプテンとして、部員たちを守るのが俺の役目だ。でも、あの試合…」

部長:(自分を責めるように)「俺が冷静になれなかったから、チーム全体が混乱してしまった。」

部長:(真摯に視聴者に向かって)「君には、常に支えてもらっている。だからこそ、君にも謝らないといけない。」

部長:(沈痛な表情で)「部員たちの未来を背負って、キャプテンとしての役目を果たさなければ。」

部長:(視聴者の言葉に感謝しつつ)「君の励まし、本当にありがたい。でも、この責任は俺が背負わないと。」

部長:(力を込めて)「これからの試合、俺たちがどうやって立ち直るのか…それを示すためにも、俺は精一杯頑張る。」

部長:(最後に心から)「君とともに、チームを再建していこう。それが俺の、部長としての使命だ。」

君とともに、俺たちはその頂点を目指す。これが、部長としての俺の決意だ。

部長:(深く息を吸いながら、決意の表情で)「こうして静かな瞬間になると、色んなことが頭をよぎるな。」

部長:(瞳を閉じ、疲れを感じつつ)「部員たちの期待、俺が背負っている重圧を感じる…」

部長:(重く、そして少し痛そうに)「俺が部長として、何をすべきか。その答えを常に探してる。」

部長:(振り返りつつ、感謝の気持ちを込めて)「君はいつも俺の隣で、その答えを一緒に探してくれている。」

部長:(少し動揺しながら)「でも、負けるわけにはいかない。特に、次の大会は本命だ。」

部長:(堂々と、視聴者に向かって)「君とともに、最高の戦略を練り上げないと。」

部長:(軽く笑って)「俺たちのチームは、この次の大会で最高の結果を残すんだ。」

部長:(誓うように)「そのためには、俺がどれだけの重圧を背負っても、前に進むしかない。」

部長:(しっかりと、力強く)「君とともに、俺たちはその頂点を目指す。これが、部長としての俺の決意だ。」

部長:(最後に心から)「ありがと、君がいてくれることが、俺の一番の支えだ。」

……思っていたより、慕われていたんだな。俺。

部長:(一息つきながら、視線を遠くに向け)「試合の合間、あの光景を見たか?」

部長:(柔らかく、視聴者に向けて)「部員たちが、俺の名前を呼んで、エールを送ってくれていたんだ。」

部長:(驚きと感動で、ちょっと照れくさい)「……思っていたより、慕われていたんだな。俺。」

部長:(心の中の葛藤を、ちょっとだけ伝えながら)「正直、自分のポジションや結果に対するプレッシャーで、そのようなことに気が向かなかった。」

部長:(ふと、視聴者の方を向き、目を見て)「でも、君がそばにいてくれて、部員たちの気持ちを教えてくれる。ありがと。」

部長:(確固たる決意で)「俺たちが一つになれば、どんな強敵でも乗り越えられる。信じてくれ。」

部長:(優しく、温かみを感じさせながら)「仲間たちの心を、しっかり受け止めて、彼らのためにも、最高のプレイを見せるんだ。」

部長:(心からの感謝を込めて)「君がそばにいてくれること、それが俺の一番の力だ。」

部長:(最後に、自分たちの絆を再確認しながら)「一緒に、最高の結果を追い求めよう。これが、部長としての俺の決意だ。」

俺たちが一つになれば、どんな強敵も倒せる。それが、俺たちのチームだ。

部長:(静かな音楽が流れ、背景には試合の歓声が聞こえる)

部長:「試合が終わり、俺たちはまた一つ、大きな一歩を踏み出した。」

部長:(遠くを見つめながら、決意を込めて)「今の状況を乗り越え、更なる高みを目指す。俺たちの戦いはこれからだ。」

部長:(部員たちのことを想いながら)「仲間たちがそばにいてくれること、それが俺の一番の強みだ。」

部長:(感謝の気持ちを込めて)「君もいつもそばにいてくれて、励ましてくれる。ありがとう。」

部長:(心からの言葉を続けながら)「これからも、君と一緒に、仲間たちと一緒に、未来に向かって進んでいくんだ。」

部長:(力強く)「俺たちには、どんな壁も乗り越えられる力がある。」

部長:(熱い思いを込めて)「だから、次の試合も、その次の試合も、全力で挑むんだ。」

部長:(繊細な表現で)「だけど、それだけじゃない。」

部長:(優しい言葉で)「俺たちが一つになれば、どんな強敵も倒せる。それが、俺たちのチームだ。」

部長:(最後に、視聴者に向けて微笑みながら)「これからも、君と一緒に、未来に向かって進んでいく。ありがとう。」

恋愛編

デフォルトを副部長にしたせいで同性愛表現に近くなってしまいましたが、
マネージャー等の表記に自由に変更して、地雷等があれば回避して下さい。

部長として、感情を出すわけにはいかない。だけど…

部長:(星空の下、静かな音楽が流れ、夜風が吹き抜ける)

部長:(少し緊張した様子で)「君とこうして2人で話す時間、結構貴重だよな。」

部長:(遠回しに、迂闊に話題を振りながら)「今日の練習、君の指示が的確で、チームのメンバーも頼りにしてる。」

部長:(探るような視線で、少し迷いながら)「君が俺の横にいてくれるから、俺は部長としての役目を全うできるんだ。」

部長:(心の中での葛藤を感じさせる様子で)「部長として、感情を出すわけにはいかない。だけど…」

部長:(少しの間をおいて、恥ずかしそうに)「でも、君には特別な気持ちが…。」

部長:(顔を赤くして、視線を逸らしながら)「それを伝えるのは、今はまだ難しいけど…。」

部長:(真剣な顔をして、自分の想いを強く伝えたい様子で)「だけど、君と一緒にいる時間は、俺にとって本当に大切だ。」

部長:(空を見上げながら、夢見るような表情で)「将来、どんなに時が経っても、俺たちの関係が変わらないことを願ってる。」

部長:(視聴者の方を向いて、少し笑顔を見せながら)「今はまだ、この気持ちを全て伝えられないけど、いつか…」

部長:(決意を込めて、真っ直ぐに視聴者の目を見つめる)「いつか、きっと君に伝える日がくる。その時まで、この気持ちを大切にしていくよ。」

友情としても、恋愛としても…その、境界が分からなくなってきてる。

部長:(夜の学校の校庭、虫の音や風の音が聞こえる中)

部長:(少し緊張した様子で、遠回しに話を始める)「最近、考え事をすることが多くてさ。」

部長:(視聴者の方を向いて、迷いながら)「それは、まあ…特定の誰かのことを思ってるからなんだ。」

部長:(探るような視線で、言葉を選ぶように)「友情としても、恋愛としても…その、境界が分からなくなってきてる。」

部長:(視線を逸らしながら、恥ずかしそうに)「まさか俺がこんな風になるなんて、自分でも驚いてるよ。」

部長:(真剣な顔をして、視聴者の反応を探るように)「けど、これは部活では秘密にしないと。他のメンバーには知られたくないから。」

部長:(空を見上げながら、夢見るような表情で)「将来、どんなに時が経っても、君とのこの時間や、この距離感を大切にしたい。」

部長:(視聴者の方を向いて、少し笑顔を見せながら)「君との関係は、俺にとって本当に特別だ。それを壊したくないから、この気持ちを隠してきたんだ。」

部長:(決意を込めて、真っ直ぐに視聴者の目を見つめる)「だけど、今日は君に伝えたくなった。だから、この秘密を守ってほしい。」

部長:(優しく微笑んで、視線を落としながら)「それと、俺の気持ちを受け入れてくれるかは分からないけど、どんな答えでも受け止めるから。」

弱音も吐いてきたし、甘える事もしてきたと思うし…そんな俺を、君はいつも支えてくれている。

部長:(部室での夜練習後、落ち着いた場所で)

部長:(緊張した声で、少し遠回しに)「部長として、感情を出すわけにはいかない。だけど…」

部長:(空を見上げ、月明かりの下で)「でも、休日なら、別に…ちょっとだけ、君と違う俺を見せることもできるかもしれない。」

部長:(目を閉じ、思い出すように)「弱音も吐いてきたし、甘える事もしてきたと思うし…そんな俺を、君はいつも支えてくれている。」

部長:(視聴者の方を直接見て、真剣な目で)「君がそばにいてくれるから、俺は前に進むことができるんだ。」

部長:(視線を外して、苦笑いしながら)「本当はもっと、君に甘えたいときもあるんだ。でも、部長としての役割を果たさないといけないから、我慢しているんだよ。」

部長:(視聴者の方を再び見つめながら、やや照れくさい表情で)「でも、ほんの少しでも、俺のそういう気持ち、分かってくれるかな?」

部長:(真剣な視線で、視聴者にアドバイスするように)「君も、自分の気持ちを押し殺すことはしないでほしい。俺たちは互いに支えあっているから、何でも話してくれ。」

部長:(柔らかい声で、視聴者の反応を伺いながら)「俺たちの関係は特別だと思う。それをこれからも大切にしていきたい。」

でも、部活の中では、これは秘密にしないと。君との関係は特別だから、周りにはまだ言えない。

部長:(ふとした瞬間、視聴者との間近な距離に気づき、目が合う)

部長:(突然の行動に驚きつつ、優しく)「突然キスして、ごめん。」

部長:(視聴者の反応を探るように)「驚かせたよな。俺も驚いている。でも…嫌ではないだろ?」

部長:(遠くを見つめ、心の中を整理しながら)「なんで、あんなことをしたんだろう…最近の俺、君と一緒にいると、どうしても心が動いてしまって…」

部長:(視聴者の方を再び見つめ、深く息を吸いながら)「君のことを考えると、胸が締め付けられるような気持ちになるんだ。」

部長:(柔らかく微笑みつつ)「恋愛の経験は少ないけど、これが…恋なのかな。」

部長:(照れくさい笑顔で、視聴者の手を握るようなしぐさをして)「こんな俺だけど、もっとお互いのことを知っていきたい。」

部長:(視線を逸らし、照れ笑いしながら)「正直、どうしていいのかわからないけど…一緒に学びながら進んでいきたい。君はどうだろう?」

部長:(深く息を吸い、冷静な声で)「でも、部活の中では、これは秘密にしないと。君との関係は特別だから、周りにはまだ言えない。」

二人だけより、皆との勝利の方が絶対良いからさ。

部長:(夕暮れ時、ゆっくりと息を吸いながら)「こうして一緒にいる時間、静かで落ち着くな。」

部長:(ふと視線を遠くに向け、少し悩んだ表情で)「恋愛と部活、どちらも大切。でも、時々迷うんだ。」

部長:(深く息を吸いながら)「君といる時間は心が安らぐ。でも、部活の中での責任、それは俺にとって重いものだから。」

部長:(視聴者の方を真っ直ぐ見つめ、堂々と)「部活の方が最優先にはする。」

部長:(少し照れくさい笑顔で)「二人だけより、皆との勝利の方が絶対良いからさ。」

部長:(腕を組み、遠くの星空を眺める)「でも、君がそばにいてくれることで、心の支えになってるのは確かだよ。」

部長:(少し沈んだ表情で)「君にはもっと時間を割きたい。でも、それが難しいこともある。それを分かってほしい。」

部長:(視聴者の方を見て、柔らかい笑顔で)「君も、部活に全力を注いでくれてるよな。それが、俺を励ましてくれる。」

部長:(星を指差しながら)「みんなの夢が、あの星のように輝いてる。その夢を叶えるため、俺たちはもっと努力しないと。」

部長:(視聴者の手を握り、真剣な目で)「また明日も、頑張ろうな。」