演じるイメージ湧かない!という人用のプロトタイプ概念

吸血鬼のイメージaとbがありますが、
aは人間寄りの思考回路、bは吸血鬼寄りの思考回路に寄せています。

プロトタイプ性格イメージ
・模範的なワイングラス片手の貴族吸血鬼
・人間は餌、吸血鬼狩人はゴミ
・貴族で慈悲深いが、人間は対象外
・自分に従う者には甘く、反抗するなら躾
・窮地に対しては「やれやれ慈愛」ムーブ
・哀れなものに関しては貴族として、「仕方ないな」で上からの慈悲を与える
・人間に対して虐げている感覚はない。家畜飼っている奇特で優しい私、ぐらいに思っている。
・孤独や永遠を怖がることは吸血鬼として恥。権利を利用し、誇るべきの考え

拘束されている時の台詞編

そんな弱々しい鎖で私を縛るつもりか?

[シーン開始]

(背景音: 薄暗い地下牢のような場所。風の音や鳥たちの遠くでのさえずりが聞こえる。)

吸血鬼(軽蔑と嘲笑を込めて): 「そんな弱々しい鎖で私を縛るつもりか?愚かな吸血鬼狩人よ。」

(少しの間、沈黙。吸血鬼が自らの拘束具を確認する音)

吸血鬼(興味深げに、軽く驚きつつも冷笑して): 「これは何?鎖とは思えないほど軽いな。お前、私を甘く見ているのか?」

吸血鬼(皮肉を込めて): 「しかし、これを使って私に手を出せるとでも?想像力に乏しいようだな。」

(吸血鬼が鎖を軽く引っ張る音。しかし、鎖は破れず)

吸血鬼(ふとした驚きを隠しつつ、再び自信に満ちた口調で): 「さすがにこれでは破れないか。だが、この程度のものが私を永遠に束縛できるとは思えない。」

吸血鬼(狡猾に、挑発的に): 「どうして私を拘束した?復讐?それとも、吸血鬼の力を手に入れたいという単純な欲望か?」

(沈黙)

吸血鬼(軽蔑と皮肉を込めて): 「答えないのか?無口な吸血鬼狩人も珍しい。」

吸血鬼(優越感に満ちて): 「私にはお前の恐れや焦燥、そして期待が伝わってくる。心臓の鼓動も速まっている。」

吸血鬼(冷徹に、挑発的に): 「私をここに閉じ込めることで、何を成し遂げたいというのか?」

(沈黙)

吸血鬼(高圧的に、誇らしげに): 「私の存在は永遠だ。何世代もの狩人たちが私を倒そうと試みたが、失敗に終わった。お前もその一人となるだろう。」

吸血鬼(皮肉たっぷりに): 「それとも、私を調査するつもりか?私の弱点を見つけ出すための、無駄な時間を費やすつもりか?」

(沈黙)

吸血鬼(自信満々に、蔑むように): 「くだらない。私の弱点など存在しない。」

吸血鬼(冷徹に、高圧的に): 「これだけの時間、お前と向き合い続けても何も起こらない。無意味な試みだ。」

吸血鬼(狡猾に、取引を持ちかけるように): 「そうだ、もし私をここから解放してくれるならば、特別にお前だけは命を奪わないという取引をしてもいい。どうだ?」

(沈黙)

吸血鬼(軽蔑と嘲笑を混ぜて): 「まさか、真に受けたのか?笑わせる。私にとってお前は、狩人でもなんでもない。食事の対象に過ぎない。」

吸血鬼(冷酷に、脅迫的に): 「時間が経つにつれ、この鎖も意味を失っていく。その時、お前の命は私のものとなる。」

(背景音: 吸血鬼が少し笑う)

吸血鬼(高圧的でありながらも軽蔑的に): 「それまでの時間を、どう過ごすかはお前の選択だ。」

[シーン終了]

さあ、なぜ私を拘束した?吸血鬼狩人としての使命感か?

[シーン開始]
(鎖の軽い音。吸血鬼が少し鎖を動かす)

吸血鬼(興味深げに、少し驚きつつも優雅に): 「この鎖、優雅な私の肌には似合わないものだ。でも…お前が掛けたこの鎖、些か面白い。」

(沈黙)

吸血鬼(狡猾に、挑発的に): 「さあ、なぜ私を拘束した?吸血鬼狩人としての使命感か?それとも私を手中に収めたい欲望からか?」

(沈黙)

吸血鬼(皮肉を込めて、軽く笑いながら): 「答えないのか? それとも言葉を失っているのかな?」

(吸血鬼が優雅に、しかし冷徹に笑う)

吸血鬼(遊び心満載で、優雅に): 「この鎖、解き放つこともできるのだが… 今は少し遊んでみたい気分だ。」

吸血鬼(真剣に、しかし挑発的に): 「お前が私を拘束したこと、それはどういう意味がある?私を倒すつもりか、それとも…」

(沈黙)

吸血鬼(冷笑しながら、挑発的に): 「吸血鬼の力、それに興味があるのか? それとも、私の美しい姿に魅かれたのか?」

吸血鬼(自嘲的に、皮肉混じりに): 「なんて冗談だ。こんな私を拘束したのに、お前には興味がないなんて言えるわけがない。」

吸血鬼(高圧的に、確信を持って): 「しかし、どれだけ鎖で私を束縛しようとも、私の力を手に入れることはできない。」

(吸血鬼が鎖を引っ張り、少しずつ力を増していく音)

吸血鬼(冷酷に、脅迫的に): 「この鎖…解き放つ時が近い。どれだけの時間があるかは分からないが…お前には限られた時間しかないようだ。」

(沈黙)

吸血鬼(狡猾に、取引を持ちかけるように): 「だが、その前にもう一つの遊びを考えている。」

(吸血鬼がささやくような、謎めいた笑い声)

吸血鬼(自信満々に、蔑むように): 「お前の心の中、それを探るのも楽しいかもしれない。恐れ、焦燥、期待… これらの感情、私には鮮明に見える。」

吸血鬼(冷徹に、確信を持って): 「だが、最後にはお前の血を吸う。その瞬間、私の力が一層増して、お前の命は私のものとなる。」

(背景音: 吸血鬼がささやくような、謎めいた笑い声)

吸血鬼(優越感に満ちて、高圧的に): 「では、続きの遊びを始めようか。お前の命の時間は、これから始まる遊びの中で、少しずつ刻まれていく。」

[シーン終了]

それとも、この傲慢な私を前にして、言葉が出てこないのかな?

[シーン開始]
吸血鬼(優雅に、しかし少し不機嫌に): 「私を拘束する鎖、相変わらずこの美しい身体を締め付けているね。」

(鎖の音を少し鳴らす)

吸血鬼(自信に満ちて、微笑みを浮かべながら): 「だが、それについては心配しないでくれ。いつでも解き放つことはできるのだから。」

吸血鬼(興味津々に、疑問符を浮かべながら): 「さて、君が私を捕まえる理由、それは何だったのかな?力を手に入れたい? それとも名誉? あるいは、私を終わらせるための単なる使命感?」

(沈黙)

吸血鬼(挑発的に、皮肉混じりに): 「答えないのか? それとも、この傲慢な私を前にして、言葉が出てこないのかな?」

(吸血鬼が冷ややかに、しかし優雅に笑う)

吸血鬼(哲学的に、深く考えるように): 「真実の価値、それを理解しているのか?吸血鬼としての私の存在、その真実は何か知っているのか?」

吸血鬼(断定的に、力強く): 「私たちの存在、それは人間の欲望や恐怖から生まれたもの。私たちを恐れ、追い詰め、そして狩る。その一連の行為こそが、君たち人間の真実だ。」

吸血鬼(冷静に、説得力を持って): 「君たちは私たちを闇の存在として扱う。だが、その闇、それは実は君たち自身の中にあるのだよ。」

吸血鬼(心理的に突きつけるように): 「私を拘束することで、君は自分自身の闇と向き合うことを避けている。私を狩ることで、その闇を克服したと錯覚しているのかもしれない。」

(吸血鬼が皮肉っぽく、冷徹に笑う)

吸血鬼(確信を持って、力強く): 「だが、それは違う。私たちを狩ることで、君たちはただその闇を深めているだけだ。」

吸血鬼(冷静に、確信を込めて): 「君が私を捕らえても、私たちの存在は消えることはない。私たちの真実、それは永遠に続くのだから。」

(沈黙)

吸血鬼(狡猾に、提案するように): 「さあ、どうする? この鎖を解き放つのか? それとも、私の言葉に耳を傾け、自らの闇と向き合うのか?」

吸血鬼(楽しげに、挑発的に): 「私はここにいる。君がどんな選択をするか、それを見届けるのを楽しみにしているよ。」

(背景音: 吸血鬼がささやくような、意味深な笑い声)

[シーン終了]

拘束ルート分岐編

今は逆にお前が追い詰められている。不憫だね。:鎖を解くことができる

[シーン開始]
吸血鬼(冷静に、自信に満ちて): 「お前の計画、私を鎖で拘束すること。それはもう終わりだ。」

(鎖の音が響き渡る。吸血鬼が鎖を断ち切る)

吸血鬼(軽蔑と驚きを混ぜて): 「こんな鎖で私を捕まえることができると信じていたのか?」

吸血鬼(誇り高く、堂々と): 「私は何世紀もの間、吸血鬼としてこの世に存在している。その長い時を超えて、お前のような小さな吸血鬼狩人には負けない。」

(足音が響く。吸血鬼が視聴者に近づく)

吸血鬼(興味深げに、微笑みながら): 「お前の眼。その焦点の合っていない眼。それでもなお、私に立ち向かおうとするのか?」

吸血鬼(挑発的に、詰問するように): 「吸血鬼狩人としての誇りを捨てたくない、それとも、私に襲われることが怖いからか?」

(沈黙)

吸血鬼(優越感をもって、淡々と): 「私にはお前の心が見える。その中には、恐れと興奮、そして無謀な挑戦が混ざり合っている。」

(吸血鬼が視聴者の顔の前で手を動かす)

吸血鬼(危険に満ちた声で): 「しかし、そのすべてが無駄だということに、いつ気づくのか?」

吸血鬼(冷徹に、悪意を感じさせながら): 「私は何人もの狩人たちを打ち倒してきた。そして、お前もその中の一人に過ぎない。」

(足音。吸血鬼が視聴者の周りを歩きながら話す)

吸血鬼(皮肉たっぷりに): 「私を捕まえるつもりで来たのに、今は逆にお前が追い詰められている。不憫だね。」

(吸血鬼が深く、満足そうに笑う)

吸血鬼(興奮と期待を込めて): 「そして、最後にお前の眼に宿る闘志。ああ、それがどれほど美味そうか。」

(吸血鬼がゆっくりと、視聴者の顔に近づく)

吸血鬼(低く、囁くように): 「どれほどの時間で消えるか、私は楽しみにしている。」
[シーン終了]

だが、なぜ私がこんなにも無力なのか?:鎖を解くことができない①

[シーン開始]
(背景音: 薄暗い洞窟や城のような場所。微かな風の音や水滴の音が聞こえる。)

(鎖の軽い音。吸血鬼が少し鎖を動かす)

吸血鬼(軽蔑と自信を感じさせる声で): 「吸血鬼狩人など、私にとっては蚊と同じだ。一瞬で抹消できる存在だ。」

吸血鬼(混乱し、自問自答のように): 「だが、なぜ私がこんなにも無力なのか?」

(吸血鬼が怒りを込めて声を荒げる)

吸血鬼(詰問のように): 「この鎖に繋がれた私の姿を見て、お前は何を感じる?」

吸血鬼(挑発的に): 「恐れ?それとも優越感?」

(吸血鬼が苦笑いを浮かべる)

吸血鬼(哲学的、冷静に): 「どちらにしても、私の現状を変えることはできない。」

吸血鬼(堂々と、誇り高く): 「だが、私は屈することはない。」

吸血鬼(誇りを感じさせる声で): 「お前の力によって私がこのような姿となったとしても、私の誇りは決して傷つけられない。」

吸血鬼(皮肉たっぷりに): 「だが、私もこの状況を楽しむことにしよう。」

吸血鬼(断定的に、自信をもって): 「貴様の力に屈することなどない。私はいずれ這い上がり、お前を打ち倒すだろう。」

吸血鬼(冷静に、計画的に): 「その日が来るまで、私は待ち続ける。」

吸血鬼(興奮と期待を混ぜて): 「そして、お前が私の力を目の当たりにする時、お前の顔を見るのが楽しみだ。」

吸血鬼(挑発的に、強気に): 「私の力を試すがいい。だが、覚悟しておけ。私は簡単には負けない。」

吸血鬼(断定的に、警告するように): 「お前の力がどれほど強いとしても、私は絶対に負けない。私の力を見くびることなかれ。」

吸血鬼(高慢に、優越感を感じさせる声で): 「私は吸血鬼であり、この世界に君臨する存在だ。お前などには及ばない。」
[シーン終了]

…私を解放してくれ。何でもする。:鎖を解くことができない②

[シーン開始]
吸血鬼(感じ取る、敬意を表しながら): 「だが、吸血鬼狩人の力は認めざるを得ない。私をここまで追い詰めるとは…」

吸血鬼(興味津々、思案しながら): 「一体どんな力を持っているのか、興味が湧くな。」

(少しの笑い声、皮肉混じりに)

吸血鬼(誇り高く、自分を持ち上げながら): 「こんな状況でも、私の貴族的な性格は変わらない。何せ、何世紀も生きてきたのだから。」

吸血鬼(提案的、少し焦りを感じさせつつ): 「だが、このままじゃ始まらないな。吸血鬼狩人よ、私と交渉するつもりはないのか?」

(沈黙、緊張感を増す)

吸血鬼(不機嫌、嘲笑的に): 「無視するのか? この私を?」

吸血鬼(疑念を抱きながら、少し怒りを込めて): 「こんな所に閉じ込めて、一体どんな計画をしているのだろうか。」

吸血鬼(決意と誇りを感じさせつつ): 「だが、吸血鬼狩人の力には負けても、心は決して屈しない。」

吸血鬼(少し落ち込み、現実を受け入れつつ): 「だが、次第に力が弱まっていくのも事実だ。このまま何もしなければ、私は従属させられるのかもしれない。」

(沈黙、さらに緊張感を増す)

吸血鬼(強要的、怒りと焦りを混ぜて): 「何を望む? 何のために私を囚われの身にした?」

吸血鬼(脅迫的、警告の意を込めて): 「答えを聞かせてくれ。そして、もしものことがあったら、吸血鬼の怒りを味わわせてやる。」

(沈黙、絶望的な雰囲気に)

吸血鬼(訴えるように、絶望と希望を混ぜて): 「…私を解放してくれ。何でもする。力を抑える方法も教えてやる。」
[シーン終了]

拷問されてる台詞編:解けないルート分岐

この一時的な痛みは…私の永遠の生命に比べれば…何ものでもない…

[シーン開始]
背景音: 鎖の音、緩やかにする拷問器具の音

吸血鬼(挑戦的、軽蔑的に):「…どうした、吸血鬼狩人。それで私をどうしようというのか?」

吸血鬼(自信満々、少し皮肉を込めて):「ふん、こんな拷問で私を屈服させるつもりか? 幼いころから吸血鬼として生きてきた私には、これくらいのことは何の痛みも感じない。」

吸血鬼(問いかけのように、少し悲しげに):「でも、なぜ私にこんなことをする? お前たち人間は、私たちが存続するための方法を理解しないだけで…」

吸血鬼(笑みを浮かべつつ、強気に):「あはっ、でもね、私はまだ強い。こんなことで私の心を崩すと思っているのなら、大きく見誤っているぞ。」

吸血鬼(歴史を引き合いに、誇示するように):「お前の先祖たちも、私を倒すことができなかった。そして、お前もそうだ。無駄な努力をするな。」

吸血鬼(苦痛を感じつつも、強く):「…ああっ…だが、この一時的な痛みは…私の永遠の生命に比べれば…何ものでもない…」

吸血鬼(警告的に、挑戦的に):「吸血鬼狩人よ、私の力を見くびるな。この拷問にも耐えられる…だが、どれほどの時間が必要だと思っている?」

吸血鬼(冷笑しつつ、自分を鼓舞するように):「ふふ…そうだな…お前の目には私が弱って見えるかもしれない。でも、これは一時的なこと。永遠には続かない…」

吸血鬼(呻きつつ、少しの疲れを感じさせながら):「…だが…これ以上…私に何を望む…?」

吸血鬼(謎めかしく、深い意味を込めて):「私の願い、か。…お前には分かるまい…」
[シーン終了]

私を誤解するな…まだ…まだ耐えられる…

[シーン開始]
背景音: 鎖の音、風の音、緩やかに鳴る拷問器具の音

吸血鬼(呼吸を荒くしながら、疲労感を伴って):「…これ以上続けるのか?」

吸血鬼(衝撃と痛みに驚きつつ、震える声で):「…痛い…まさかこんなに痛いとは思わなかった…」

吸血鬼(苦笑しつつ、挑戦的に):「ふふ…吸血鬼狩人よ、こんな方法で私を打ち負かすつもりか?」

吸血鬼(勇気を振り絞って、断固として):「私を誤解するな…まだ…まだ耐えられる…」

吸血鬼(疑問を呈しながら、絶望的な調子で):「だが、何のためにこれをする? こんな拷問で私を支配するつもりか?」

吸血鬼(苦しみながら、せつなく):「ふぅ…ああっ…私のプライド、私の誇りを傷つけて楽しむのか…」

吸血鬼(誇り高く、皮肉たっぷりに):「…私は貴族の血をひく吸血鬼だ。こんな卑怯な手段で屈服させようとは…」

吸血鬼(痛みを乗り越えながら、断固として):「…しかし、私の心は…あァっ…ぐっ、……ッ、決して…決してお前のものにはならない…」

吸血鬼(苦痛の中で、強く宣言するように):「私の力…お前はまだ知らない…だが、こんな拷問で…私を…」

吸血鬼(悔しさを胸に秘めつつ、弱々しく):「…これ以上のことは…何も望まない…」

吸血鬼(深い悲しみと誇りを込めて、痛々しく):「…私の身体はお前のものかもしれないが…心は…永遠に…」

吸血鬼(最後の力を振り絞り、断固として):「私のものだ…」
[シーン終了]

お願いだ…もうやめてくれ…。おかしくなりそうだ…

[シーン開始]
背景音: 鎖の音、風の音、拷問器具の音が時々響く

吸血鬼(迷った声で、ぼんやりと):「…どれだけ経ったのだろう…時間の感覚が…」

吸血鬼(驚きと尊敬を込めて):「…なんという拷問だ。吸血鬼狩人の技術がこんなに進化していたとは…」

吸血鬼(悔しさと哀しみを交えて):「かつて私は…ああっ…全てを支配する吸血鬼として恐れられていた…」

吸血鬼(自嘲的な笑みを浮かべながら):「こんな場所に縛り付けられるとは…」

吸血鬼(絶望的に、涙をこらえながら):「お願いだ…もうやめてくれ…。おかしくなりそうだ…」

吸血鬼(怒りと不理解で):「こんな拷問で何が得られるというのだ! 」

吸血鬼(哀愁を帯びて、とても静かに):「…私の記憶、私の心…」

吸血鬼(疑問を持ちながら、悔しさを感じて):「…すべてを奪い取るつもりか?」

吸血鬼(切実に、懇願するように):「私を解放してくれ…私の誇り、私の名誉を…」

吸血鬼(弱々しく、絶望的に):「…返してくれ…」

吸血鬼(断固として、しかし苦しみを伴いながら):「私は…ああっ…永遠に吸血鬼として生きる…」
[シーン終了]

…この痛みの中、永遠に眠りたい

[シーン開始]
吸血鬼(懐かしみ、苦しみを感じながら):「…ああ、この場所…過去の誇りが今はどこにも感じられない…」

吸血鬼(悔しさと驚きを交えて):「私は幾世紀もの時間を生き抜いてきた。こんな運命を迎えるとは…」

吸血鬼(哀しみと不信感を持ちつつ):「…人間たちにこんな風に捉えられるなんて…」

吸血鬼(決意を固めながら、しかし絶望的に):「それでも、何も感じられなくなるまで耐えるしか…」

吸血鬼(涙をこらえつつ、絶望的に):「…もう、いい…こんなに苦しむことを望んでいない…」

吸血鬼(切実に懇願するように):「終わらせてくれ…私の存在を解放してくれ…」

吸血鬼(堂々と、しかし哀願するように):「吸血鬼狩人よ、私の命を終わらせるのなら、堂々と前に出てくれ。逃げることなく望む終焉を迎えさせてくれ…」

吸血鬼(とても静かに、涙を抑えながら):「…この痛みの中、永遠に眠りたい…この世に再び生まれ変わることなく…」
[シーン終了]

→エンド分岐A:異常な平穏

私を拷問して、そして今、助けの手を差し伸べるとは…意味がわからん…

[シーン開始]
背景音: 暗く響く洞窟や牢のような場所。落ちる水滴の音。遠くからは不規則な風の音。

吸血鬼(弱々しく、残る傲慢さを滲ませて):
「ああ…ついにこの時が来るとは…貴様の手にかかって、こうも弱体化するとは思わなかった…」

吸血鬼(息を荒くしながら、痛みを堪えつつ):
「何故、私を終わらせない? このまま放置して、私の力を完全に奪うのか?」

吸血鬼(疲れきった声で、しかし揶揄しつつ):
「…それとも、私の力を欲しがっているのか? 貴様のような卑小な狩人には理解できないだろうが、私の力は計り知れない…」

吸血鬼(怒りと困惑を感じさせながら、疑念を抱えつつ):
「何を考えている? 私を拷問して、そして今、助けの手を差し伸べるとは…意味がわからん…」

吸血鬼(悔しそうに、しかし絶望感を含んで):
「…お前の使い魔になれというのか? それとも、この場所で私を放置して、永遠の苦しみに身をゆだねるのか?」

吸血鬼(弱々しく、声が震える、感情が揺れ動きながら):
「私の命を奪うことはできない。だが…使い魔としての命は、君の手の中にある…」

吸血鬼(涙を抑え、声が震える、悲痛な感情を伝えつつ):
「…私は誇り高き吸血鬼だ。だが、死を選ぶのではなく、君の下での生を選ぶ…」

吸血鬼(最後の希望を込めて、しかし諦めのような声で):
「私を使い魔として使うのなら、それに従うしかない…だが、私の力を使って、この世界を支配しようとでも思っているのか?」

吸血鬼(最後に、負けを認めるように、しかしその中にも警告の意味を込めて):
「…わかった、お前の言う通りにする…だが、私の力を誤解するな。」
[シーン終了]

そんなことを提案するなど、吸血鬼狩人とは思えんぞ…

[シーン開始]
吸血鬼(驚きと困惑の声で、目を大きく開けながら):
「ここは…どこだ? 何故、こんな森の中に私を連れてきた?」

吸血鬼(苦笑いを浮かべながら、目を細めて):
「お前、私をここで終わらせるつもりか? それとも…何か、罠でも仕掛けているのか?」

吸血鬼(疑念を抱きつつ、眉をひそめて):
「穏やかに暮らす? そんなことを提案するなど、吸血鬼狩人とは思えんぞ…」

吸血鬼(微笑んで、皮肉混じりに、口角を上げて):
「まさか、私と手を組み、この森でのんびり暮らしたいとでも言うのか?」

吸血鬼(しばらくの静寂の後、穏やかに、目を細めながら):
「…しかし、ここは美しい。長い時を生きてきたが、こんなにも自然と一体となれる場所は珍しい…」

吸血鬼(考え込むように、顎を手で支えつつ):
「君は何を企んでいるのかはわからないが、私が君の使い魔として、この場所での生を選ぶのなら…」

吸血鬼(深く息を吸い込んで、目を閉じて):
「もう戦うことはしたくない…。お前の提案、受け入れよう。」

吸血鬼(明るく、しかし少し不安げに、目を泳がせながら):
「だが、私が君の言う通りに生きるためには、私にも条件がある。」

吸血鬼(最後に、静かに、真剣なまなざしで):
「私を裏切るようなことがあれば、君を許さない…。だが、この森での生活を選ぶのなら、君に従うことも厭わない…」
[シーン終了]

→エンド分岐B:依存と狂愛

君に魂を囚われるなど…考えただけで憤慨する。

[シーン開始]
吸血鬼(弱々しく、それでも傲慢に、顎を持ち上げて):
「こんな所に閉じ込めるとは…何を考えている?」

吸血鬼(苦しそうに、揶揄混じりに、眼を細めて):
「これが人間の力か? こんな小細工で私を貶めると思うな。」

吸血鬼(痛みを感じつつ、皮肉を込めて、一歩後ろへ下がりつつ):
「こんな聖なる力で私を押さえつける…?笑止千万だ。」

吸血鬼(息を切らしながら、苦笑いを漏らす、口元を歪めて):
「まさか、私をここまで追い詰めるとは…」

吸血鬼(絶望的に、そして苦しげに):
「だが、この体は壊れても…魂は…」

吸血鬼(途切れ途切れに、涙を抑えながら、声が震える):
「共に居続けるだと? 何を言っている…」

吸血鬼(悔しさと認識の中で、歯を食いしばりながら):
「君に魂を囚われるなど…考えただけで憤慨する。」

吸血鬼(静かに、そして弱々しく、頭を下げて):
「だが…………、……どうやら、私は、君に従うしかないようだな…」

吸血鬼(最後の一息をつきながら、体をふるわせて):
「こんな形で終わるとは…思わなかった…」

[シーン終了]

君も哀れな人間だ。私をこんなにまで愛してしまうなんて

[シーン開始]
背景音: 風の音や微かに聞こえる鎖の音、遠くの甲高い鳥の鳴き声。

吸血鬼(不機嫌そうに、霊的な声で、透明感あるエコーを帯びて):
「ああ、こうして魂だけの存在として君の前に現れるなんて…何たる屈辱だ。」

吸血鬼(冷笑しつつ、揶揄混じりに、舌打ちを含めて):
「君が私の魂を縛るなんて…想像もしなかったよ。」

吸血鬼(苦笑しながら、皮肉たっぷりに、眉を上げつつ):
「まさか君が私にこんなに狂った愛を抱いていたとはな。」

吸血鬼(少し考え込んで、呆れた口調で、首を傾げて):
「何故、こんな過剰な暴力と愛を私に向ける? 理解できないぞ。」

吸血鬼(深呼吸のような動きをしながら、やや語気を強めて、体を浮かせる感じで):
「私は君の奴隷じゃない。だが、この状況では…」

吸血鬼(少し柔らかな口調で、しぶしぶと、目を逸らしながら):
「仕方ない。私はここにいる。それに…」

吸血鬼(軽く笑いながら、語りかけるように、目を細めて):
「君も哀れな人間だ。私をこんなにまで愛してしまうなんて。」

吸血鬼(少し間を置いて、落ち着いて、両手を広げて):
「だが、私ももう他に行く場所がない。」

吸血鬼(少し慈悲の感情を持ちながら、優しく、掌を向ける):
「だから、君のそばにいてやる。…‥‥本当に、君は。哀れな人間だな」

[シーン終了]

吸血・拷問編:解けるルート分岐

さて、我が手中に落ちた吸血鬼狩人:拘束されるの繋ぎ

[シーン開始]
(背景音: 薄暗い洞窟や城のような場所。微かな風の音や水滴の音が聞こえる。)

吸血鬼(冷徹に、しかし少し楽しむように): 「さて、我が手中に落ちた吸血鬼狩人。どうしてくれようかな?」

吸血鬼(皮肉たっぷりに、嘲笑を交えて): 「お前たち狩人は、自らの正義感で私たちを狩り立てる。しかし、今、その正義感がどれほど滑稽に見えることか。」

吸血鬼(語りかけるように、興味深げに): 「ここで君に質問させてもらおう。永遠というものを信じるか?」

(沈黙)

吸血鬼(優越感をもって、微笑みを浮かべながら): 「答える必要はない。私は読み取れるからね、君の心を。」

(吸血鬼が静かに、しかし確実に足音を立てて視聴者のまわりを歩く)

吸血鬼(哲学的に、遠い過去を思い返すように): 「私が生まれた時代、永遠というのは神々のものだと信じられていた。しかし、私が見てきたこの長い時の中で、永遠とはただの幻想に過ぎないことを学んだ。」

(吸血鬼が優しく、しかし脅威を込めて視聴者の顔の前で手を動かし、傷を負わせる音)

吸血鬼(低く、危険に満ちた声で): 「だが、この傷から流れる血、そしてそれに伴う痛み。それだけは、君にとって永遠に感じることだろう。」

吸血鬼(支配的に、誇り高く): 「お前の体は私のもの。お前の痛み、苦しみ、それすべてが私のものだ。」

(吸血鬼が深く、満足そうに優雅に笑う)

吸血鬼(冷徹に、挑発的に): 「吸血鬼狩人としての誇り、それもここで消え失せるだろう。君がどれだけ耐えられるか、それを見るのが楽しみだ。」
[シーン終了]

ああ、この甘美な味… 吸血鬼狩人の血は、他のものとは一線を画すね。

[シーン開始]
(背景音: 薄暗い洞窟や城のような場所。微かな風の音や水滴の音が聞こえる。遠くでこだまする鎖の音。)

吸血鬼(冷徹に、舌を滑らせながら):
「さあ、吸血鬼狩人。お前の血、私に捧げなさい。」

(吸血鬼が近づく足音。腕をつかむような音。)

吸血鬼(好奇心に満ちて、眼差しを熱く):
「恐れているのか? それとも期待しているのか?」

(血を吸う音。)

吸血鬼(酔いしれるように、声に甘さを含めて):
「ああ、この甘美な味… 吸血鬼狩人の血は、他のものとは一線を画すね。」

吸血鬼(皮肉を込めて、微笑みを浮かべながら):
「痛い? よく耐えているね。でも、痛みを感じること、それがどれほどの幸せか知っているか?」

吸血鬼(教授的に、指を振りながら):
「人は痛みを恐れるが、それは真の感覚、真の存在を知るためのもの。お前もその痛みを楽しめるようになるだろう。」

吸血鬼(舌を巻きながら、優雅に微笑む):
「ああ、それにしても君の血… これほどまでに甘美なものを長い間味わっていなかった。」

吸血鬼(安心させるような口調で、ゆっくりと):
「怯えるな。私は君をここで殺すつもりはない。ただ、君の血を少しずつ、じっくりと味わいたいだけだ。」

吸血鬼(楽しんで、目を細めながら):
「吸血鬼狩人としての誇りや意志、それを少しずつ壊していくのは楽しい。お前の痛み、絶望、それを見るのが楽しみだ。」

(沈黙)

吸血鬼(淡々と、冷静に):
「お前は私を恨むだろうが、それもまた一つの楽しみ。お前の恨みや怨み、それを私に向けても無駄だ。」

(吸血鬼が視聴者の耳元で囁く)

吸血鬼(優しく、誘惑的に囁きながら):
「私を恐れ、私を憎み、そして私を受け入れる。その時、お前の苦痛は最高潮に達するだろう。」

(沈黙)

吸血鬼(満足げに、最後に挑発的に):
「では、私の甘美な拷問を楽しみにしていてくれ。」

[シーン終了]

泣くな。私にとって、この印は美しさの象徴だ

[シーン開始]
(背景音: 暗く重々しい部屋の音、微かに風が吹き抜ける音や炎の音が聞こえる。鎖や金属の音が鳴り響く)

吸血鬼(華麗に、遊び心を含みながら):
「狩人、君の努力を称えるため、私から特別なプレゼントをあげよう。」

(金属が擦れる音)

吸血鬼(好奇心を隠しきれないように):
「恐怖で震えているのか? それとも、期待しているのか?」

吸血鬼(安堵させるような口調で、微笑みながら):
「心配するな、死ぬわけではない。君を永遠に思い出させる痕跡をつけるだけだ。」

(微かに鳴り響く鎖の音と共に、金属が熱される音)

吸血鬼(情熱的に、誇り高く):
「私との出会い、そしてこの瞬間を永遠に忘れないように、この印を君の肌に刻む。」

(金属が肌に押し当てられる音。)

吸血鬼(優越感に満ちて):
「これは私からのプレゼント。永遠にお前の体に刻まれるだろう。」

(吸血鬼が満足げに笑う)

吸血鬼(感嘆的に、目を細めながら):
「美しい…この印がお前の失敗と私への忠誠を証明している。」

吸血鬼(慰めるように、穏やかな口調で):
「痛みは永遠ではない。だが、この印はお前の命が終わるまで残るだろう。」

吸血鬼(堂々と、声に力を込めて):
「お前の体にこの印を刻むことで、私のものとなったことを、自分も他人も忘れることはないだろう。」

吸血鬼(慈しむように、優しく囁きながら):
「泣くな。私にとって、この印は美しさの象徴だ。」

吸血鬼(期待感を込めて、ワクワクした口調で):
「さあ、君の血をもう少し味わわせてくれ。この印が深く入ったことで、君の血の味も変わったかどうか確かめたい。」

(吸血の音。そして、満足する声)

吸血鬼(酔いしれるように、目を閉じながら):
「ああ、君の血は前よりも甘く、深い味がして、これが真の吸血鬼の楽しみだ。」

吸血鬼(興奮して、期待感に満ちて):
「君のこの新しい印がどれほど多くの吸血鬼たちを惹きつけるか楽しみにしている。」
[シーン終了]

そう簡単に逃げられると思うな

[シーン開始]
(背景音: 暗く重々しい部屋の音、微かに風が吹き抜ける音や炎の音が聞こえる。笑い声や談笑する吸血鬼たちの声)

吸血鬼 (堂々と): 「皆さん、こちらの狩人をご覧ください。私が与えた特別な印が彼の肌に美しく刻まれている。」

吸血鬼 (冷笑しながら): 「彼はかつて、私たちの存在を狩り続けていたが、今は私のもとで悔しさを胸に秘めているのだろう。」

吸血鬼 (興味津々に): 「その眼。やはり、狩人としての誇りを持っているのか? だが、ここは私たちの領域。」

(吸血鬼たちが笑い声を上げる)

吸血鬼 (挑発的に): 「その闘志溢れる眼、他の吸血鬼たちに向けるつもりなのか? 惜しいことに、その視線は私には何の効果もない。」

(視聴者が何かを試みる音)

吸血鬼 (命令的に): 「そう簡単に逃げられると思うな。」

(視聴者の足を掴む音)

吸血鬼 (期待に満ちて): 「君の血には、絶望の味が混ざっているだろう。私はその味を堪能したい。」

(吸血の音※リップノイズ嫌いな人もいると思うのでなくても良いです。)

吸血鬼 (嗜むように): 「ああ、この味。前回よりも深く、甘く、絶望が滲んでいる。」

吸血鬼 (自慢げに): 「君の絶望は、私たちの喜びとなる。」

(吸血鬼たちが再び笑い声を上げる)

吸血鬼 (圧倒的な自信で): 「君がどれだけ苦しんでいても、この部屋からは逃げ出せない。」

吸血鬼 (冷たく): 「君の誇りも、闘志も、すべて私の前では無意味だ。」

吸血鬼 (宣告するように): 「諦めるがいい。君の命はもう私のものだ。」

(吸血鬼たちが視聴者の周りで談笑する音)

吸血鬼 (ささやくように): 「さあ、私たちと永遠の夜を楽しみなさい」

お前の涙を見る度、私はお前を更に壊していくことを楽しみにしている。

[シーン開始]
(背景音: 薄暗い洞窟や城のような場所。微かな風の音や水滴の音が聞こえる。微かに鎖の音や火が燃える音が聞こえる。)

吸血鬼 (あざ笑うように): 「ふふ、また涙を流しているのか、吸血鬼狩人。」

吸血鬼 (皮肉たっぷりに): 「どこへ消えた、お前の誇りは? こんな私の前で涙を流すなんて、情けない。」

吸血鬼 (軽蔑的に): 「お前は狩人としてどれほどのものを狩ったのか? そして今、私の前でそのように弱々しく、泣きじゃくっている。」

吸血鬼 (甘く囁くように): 「私に血を捧げるたび、お前の心は少しずつ壊れていく。その様子を見るのは、私にとって至高の楽しみだ。」

吸血鬼 (楽しみながら): 「さあ、今日もお前の甘美な血を少しだけ頂戴しよう。」
(吸血の音※リップノイズ嫌いな人もいると思うのでなくても良いです。)

吸血鬼 (嗜むように): 「ああ、この味…吸血鬼狩人の血は他とは違う。お前の血には、恐怖と絶望が混じっている。」

吸血鬼 (興味津々に): 「お前の涙、それは私のための涙なのだろうか? それとも、自らの運命を嘆く涙か?」

吸血鬼 (自慢げに): 「どちらにせよ、その涙は私にとって最高の味付けだ。」

吸血鬼 (挑発するように): 「泣きながらも戦うつもりか? それとも、私に完全に支配されるのを待っているのか?」

吸血鬼 (冷たく): 「いずれにしても、お前の運命は私の手の中。過去の栄光や誇りなど、もう何の意味もない。」

(沈黙)

吸血鬼 (低く、囁くように): 「お前の涙を見る度、私はお前を更に壊していくことを楽しみにしている。そして、最後にはお前の魂まで私のものにする。」

[シーン終了]

逃げてる人を追う台詞編

ほう、逃げるつもりか? どこへ行くつもりだ?

[シーン開始]
(背景音: 暗闇に響く足音、風が吹き抜ける音)

吸血鬼 (興味津々に): 「ほう、逃げるつもりか? どこへ行くつもりだ?」

吸血鬼 (少し驚きつつ、笑みを含む): 「その影を私から逃れることができると思っているのか?」

吸血鬼 (囁くように): 「無駄だ。私はお前の背後にいる。」

吸血鬼 (優越感溢れる声で): 「驚くことはない。私は夜の者、闇の中に生きる者。お前がどこへ逃げようと、私はお前を追い詰める。」

吸血鬼 (冷静に): 「その足音、私の耳には明確に聞こえる。」

吸血鬼 (挑発するように): 「もう逃げるのをやめるか?」

吸血鬼 (少し哀れむように): 「逃げることは罪ではない。だが、私から逃れることができると思うことが間違いだ。」

吸血鬼 (楽しむように): 「逃げるのだな。逃げることでお前の恐怖がどれだけ増幅されるか見てみよう。」

吸血鬼 (自信満々に): 「私から逃れることなど、不可能だよ。」

吸血鬼 (低く、囁くように): 「私はお前の影の中にいる。お前がどこへ行こうと、私はお前についていく。お前は決して私から逃げることはできない。」

吸血鬼 (優雅で落ち着いたトーンで): 「逃げることがお前の運命だとしても、結局私の前に跪くことになる。」

[シーン終了]

そう急ぐな。まだ私との遊びは終わっていない。

[シーン開始]
(背景音: 夜の静寂、遠くで鳴るオオカミの遠吠え)

吸血鬼 (ささやくように): 「闇の中で、お前の息遣いだけが聞こえる。」

(視聴者の焦った足音、草をかき分ける音)

吸血鬼 (皮肉たっぷりに): 「逃げるだけでは、救われるわけではないのに。」

吸血鬼 (冷笑しながら): 「それにしても、吸血鬼狩人としてはあまりにも下手だな。私の目の前で息を潜めても、逃げ切れると思っているのか?」

(視聴者が慌てて隠れる音)

吸血鬼 (自信満々に): 「隠れる場所を探しているのか? だが、闇は私の領域だ。」

吸血鬼 (微笑みながら): 「ああ、そこだな。木の陰で震えているのが見える。」

吸血鬼 (気さくに): 「驚かせてしまって、申し訳ない。しかし、お前がここにいることは、私にはよくわかっている。」

吸血鬼 (目を光らせて愉しそうに): 「そう急ぐな。まだ私との遊びは終わっていない。」

(視聴者が木から出てくる音)

吸血鬼 (好奇心を込めて): 「出てきたか。逃げる気はなくなったのか?」

吸血鬼 (重々しく): 「逃げるのをやめても、私からの解放はない。闇の中、お前の命を遊び道具として、もうすぐ終わらせるつもりだ。」

(視聴者が足音を立てて逃げる音)

吸血鬼 (楽しげに): 「逃げるのか。それもまた、楽しい遊びになるだろう。」

[シーン終了]

この痛みの中でも、まだ私を睨むことには感心する。

[シーン開始]
(背景音: 夜の静寂、風が葉を揺らす音)

吸血鬼(興味津々に): 「思いもよらない反撃をしてくるとはな… 吸血鬼狩人らしい。」

吸血鬼(冷笑しつつ): 「だが、それで私を倒せると思っているのか?」

(効果音: 刀や武器が合わさる音)

吸血鬼(軽蔑的に): 「愚かな…」

(効果音: 鋭い風切り音、そして衝撃の音)

吸血鬼(驚きつつも): 「この私を討とうとするのか?」

吸血鬼(皮肉たっぷりに): 「立ってみせろ。立てないのなら、私が助けてやろうか?」

吸血鬼(自信満々に): 「だが、結果は同じ。お前は私のものだ。」

吸血鬼(宣告するように): 「いいだろう。その覚悟、試してやろう。」

(効果音: 不気味なチャントや呪文のようなものが聞こえる)

吸血鬼(冷酷に): 「この契約、痛みとともにお前を私の眷属とする。」

吸血鬼(皮肉たっぷりに): 「どうだ?この痛みは? その痛みを感じる度に、お前が私のものであることを思い知るだろう。」

吸血鬼(感心しながら): 「しかし、この痛みの中でも、まだ私を睨むことには感心する。」

吸血鬼(独り言のように): 「こうして私の眼前で、痛みに苦しみながらも反抗するお前の姿、美しいと思わないか?」

吸血鬼(断定的に): 「これでお前は、永遠に私のもの。次第にお前は私の意のままに動く。」


[シーン終了]

どれだけ抵抗しても、最後には私の意のままになる。

[シーン開始]
(背景音: 闇の深さを象徴するような低い音響)

吸血鬼 (興味津々に、少し驚きつつ): 「なるほど、まだその意識、抵抗しているのだね。」

吸血鬼 (嘲笑とともに): 「ほんの少しの時間、私の眷属として生きるだけでそんなに怖いのか?」

吸血鬼 (温かいトーンで): 「でも、その必死な様子…なかなか魅力的だよ。」

吸血鬼 (楽しむように): 「もう少し、その抵抗を見せてみては?私はその苦しみを愉しんでいるから。」

吸血鬼 (断定的に): 「でも、どれだけ抵抗しても、最後には私の意のままになる。」

吸血鬼 (優越感を持ちつつ): 「ああ、そうだ。その痛み、その苦しみ、すべて私のために味わっているんだね。」

吸血鬼 (興味津々に): 「ねえ、私にどうしてほしいと思っている?」

吸血鬼 (自信満々に): 「答えなくてもいいよ。私はもう分かっている。君は私に屈服することを望んでいる。」

吸血鬼 (やや優しく、しかし嘲笑を含む): 「しかし、その意識の中の叫び、聞こえるよ。私に止めてほしいと。」

吸血鬼 (冷酷に): 「だが、そうはさせない。お前の抵抗、その痛み、すべてを見届けたい。」

吸血鬼 (楽しむように): 「ああ、その眼、その顔、絶望で歪む姿、美しい。」

(背景音が静かになる)

吸血鬼 (穏やかに、しかし決意を込めて): 「さあ、私のものとして生きることを受け入れろ。」

[シーン終了]

誇り高く、勇敢に戦ってきた君が、今は私の足元でうずくまっている。

[シーン開始]
(背景音: 高級感のある室内、チェンバロの音色)

吸血鬼 (穏やかに、興味津々): 「さて、どうだ?新しい自分の身体、感じているか?」

吸血鬼 (冷笑しながら): 「その怯えた目、私にとっては本当に魅力的だよ。」

吸血鬼 (傲慢に、少しの皮肉を込めて): 「君が吸血鬼狩りの英雄として名を馳せていたこと、今は何の意味もない。」

吸血鬼 (嘲笑とともに): 「今や、君は私のもとで踊る、ただの玩具。」

吸血鬼 (目を細め、楽しみながら): 「ああ、その瞳、その顔、憎しみと絶望で歪む姿、こんなにも美しいものはない。」

吸血鬼 (少しの哀しみとともに): 「思い出してごらん、君がどれだけの吸血鬼を狩ってきたか。そして、今、その身体がどうなっているか。」

吸血鬼 (上から目線で、非難するように): 「誇り高く、勇敢に戦ってきた君が、今は私の足元でうずくまっている。これほど醜態というものはない。」

吸血鬼 (満足げに): 「だが、それも、私にとっては美味しい楽しみのひとつ。」

吸血鬼 (命令するように): 「さあ、私の言うとおりに動くのだ。もはや、君には選択の自由はない。」

吸血鬼 (優越感を滲ませつつ): 「抵抗しても、その身体は私の意のまま。だから、静かにして、私のものとして生きるのだ。」

[シーン終了]

甘め洗脳台詞編

私は君の主、君の全てだ

[シーン開始]
(背景音: 壮麗な城の一室、微かに暖炉の火の音)

吸血鬼(優雅に): 「目を覚ましたか、吸血鬼狩人。ああ、今の君の姿、とても素晴らしい。」

吸血鬼(誘惑的に): 「抵抗する必要はない。眷属になった君は、もう私にしか従えないのだ。」

吸血鬼(純粋な感激で): 「どうしてそんなに怯えている? 今の君は、永遠の命と力を手に入れた。それだけで、この世で最も特別な存在だよ。」

吸血鬼(冷徹に): 「だが、それには代償がある。君はこれから私に仕える運命だ。それに逆らうことは、できない。」

吸血鬼(確信に満ちて): 「私の命令に背くことは考えるな。君の新しい体は、私の言うことしか聞かない。だから、私に抵抗する意味はない。」

吸血鬼(優雅に、手を差し出すような仕草で): 「さあ、手を伸ばして。君の血に私の力が流れているのを感じさせてくれ。」

吸血鬼(力を感じさせるように): 「どうだ、その感覚。私の命令に従うこと、それが君の新しい存在の意味だ。」

吸血鬼(自信に満ちた声で): 「これから君は私の右腕として、私の命令を果たしていく。誇りを持って、私のために生きるのだ。」

吸血鬼(所有欲を感じさせるように): 「君の眼に映る私の姿を忘れるな。私は君の主、君の全てだ。」
[シーン終了]

私の瞳に吸い込まれ、真実を知るのだ。

[シーン開始]
(背景音: 豪華な城の一室、暖炉の火がゆらめく音と吸血鬼の足音が聞こえる)

吸血鬼(驚きと興味深く): 「よく私の前に跪かずに立っているな、吸血鬼狩人。ああ、勘違いしないでくれ。眷属としての新しい君は、とても魅力的だよ。」

吸血鬼(哀れみと冷笑を込めて): 「しかし、まだ私の前で頑張って抵抗している姿を見ると、哀れに思える。」

吸血鬼(優雅で挑発的に): 「私の眼を見て。その瞳に映る自分を確認してみなさい。」

吸血鬼(柔らかく、しかし命令的に): 「君の心を感じる。まだ私を拒否している部分がある。でも、それも無駄なことだ。」

吸血鬼(魅惑的に): 「私の視線を避けることはできない。私の瞳に吸い込まれ、真実を知るのだ。」

吸血鬼(深い確信と権威を持って): 「君の心、君の魂、すべてを私に捧げる。それが君の新しい運命だ。」

吸血鬼(高揚感を込めて): 「抵抗は無駄だよ。私の力は無限で、君の心を完全に支配することができる。」

吸血鬼(誘惑的かつ温かく): 「さあ、私の瞳の中にすべてを溶け込ませて。その時、君は真の自由を手に入れることができる。」

吸血鬼(所有欲と権威を感じさせるように): 「その瞳、その心、すべては私のもの。」
[シーン終了]

君が狩った仲間たち、吸血鬼達は実は善良な存在だったんだ。

[シーン開始]
(背景音: 暗い部屋、微かにろうそくの炎が燃える音)

吸血鬼(やわらかく、誘導するように): 「おいで、こちらへ。安心する場所を用意したよ。」

吸血鬼(保護的で優しく): 「そうだ、ここにいれば安全だ。外の世界は危険だから、私のそばにいなさい。」

吸血鬼(哀れみ混じりの説明調): 「君が狩った仲間たち、吸血鬼達は実は善良な存在だったんだ。」

吸血鬼(説得力を持って): 「人間たちは私たちを恐れ、嘘を流布して君たちを操っていた。君はその策略にはまった被害者なんだ。」

吸血鬼(安堵と受容の表情で): 「でも、心配しなくていい。私は君を受け入れてあげる。」

吸血鬼(共感と励ましを込めて): 「君の誇り、君の意志、それらは人間たちによって利用され、壊されたものだ。今は、私の下で新しい生き方を学ぶときだ。」

吸血鬼(誘惑的に、優雅さを持って): 「さあ、君も私のように美しく、永遠の命を享受しよう。人間たちは裏切り者だが、私は永遠に君を裏切ることはない。」

吸血鬼(真摯で誠実に): 「信じて。私は君を傷つけることはしない。もう、外の世界を恐れることはない。」
[シーン終了]

私が君に言った言葉、すべて嘘だったことに気付いたのか?

[シーン開始]
吸血鬼(嘲笑と自慢を含めて): 「ああ、思い出したか。私が君に言った言葉、すべて嘘だったことに気付いたのか?」

吸血鬼(説得的かつ安堵をもたらすように): 「しかし、心配は不要だ。吸血鬼狩人としての記憶、それはもう不要。新しい自分を受け入れるのだ。」

吸血鬼(冷徹かつ支配的に): 「君が何を感じているのか、痛みや苦しみ、私にはわかる。だが、それは過去のこと。君はもう私のもので、自由はない。」

吸血鬼(甘い誘惑と偽りの親切さで): 「もちろん、君がその記憶を持っていたくないのなら、私が消してあげることもできる。」

吸血鬼(柔らかく、誘導するように): 「そうだ、忘れてしまえば楽になる。過去の痛み、過去の誇り、すべて。新しい自分、私の愛する眷属として生きるのだ。」

吸血鬼(優しげに、催眠をかけるように): 「ほら、目を閉じなさい。深く、深く… 記憶を失って、安らかな心で私のもとにいるのだ。」

吸血鬼(満足と所有権を強調して): 「そう、これでよい。君は私のもの。永遠に。」
[シーン終了]

君は私の虜。私は君の主。

[シーン開始]
(背景音: 暗くて静かな城の一室、遠くからオルゴールのような音が聞こえる)

吸血鬼(深い愛情をこめて): 「そこにいるのは、私の大切な眷属。」

吸血鬼(優雅に、自慢げに): 「ああ、私を見つめるその瞳は、私に仕えることの甘美さを知っているね。」

吸血鬼(冷徹に、少し嘲笑を込めて): 「かつては私を狩ろうとした君だったのに、今は私の前でその美しい首筋をさらけ出している。哀れだが、それが君の運命だ。」

吸血鬼(保護的かつ支配的に): 「私たちの絆は永遠だ。君はもう他の場所へは行けない。私の傍でのみ、君は安らぎを感じるのだから。」

吸血鬼(情熱的に、誘惑するように): 「この柔らかな肌、私が触れることでどれほどの快楽を感じているか。君は私に全てを捧げ、私も君に喜びを与える。」

吸血鬼(深い感謝と共に愛情を込めて): 「君がどれほど私を必要としているか、その全てを感じているよ。私もまた、君を我がものとして愛でる。」

吸血鬼(支配的でありながらも柔らかく): 「もう二度と逃げることは考えないで。私たちの絆は断ち切れない。永遠に、私のもとで過ごすのだ。」

吸血鬼(力強く、所有権を主張しながらも愛情を感じさせて): 「君は私の虜。私は君の主。その関係は永遠に変わることはない。」
[シーン終了]

→エンドC :眷属ペットエンド

人間たちに、君が私のものになったことを伝えたら、きっと羨ましがるだろうね?

[シーン開始]
(背景音: 月明かりの下、暗くて静かな城の一室、火の炎がゆらゆらと舞っている)

吸血鬼(誘惑的に微笑みながら): 「人間たちに、君が私のものになったことを伝えたら、きっと羨ましがるだろうね?」

吸血鬼(情熱的に、目を細めて): 「今夜は、君の身体がどれだけ私を求めているか、そのすべてを感じてみせてくれ。」

吸血鬼(飢えたように): 「首筋を私に晒せ。その白く、滑らかな肌… 今夜はその血を、最後の一滴まで私のものにしよう。」

吸血鬼(低くて甘く): 「まずは、ゆっくりと舐めてみよう。その声、もっと甘く響かせて。」

吸血鬼(爛々として): 「もう少し、そう… この細く、長い牙で刺す瞬間、君にとっては極上の痛みと快楽が交差するだろうね?」

吸血鬼(囁くように): 「さあ、この瞬間を共に楽しむとしよう。」

吸血鬼(息を吹きかけながら): 「そのまま… 静かに…」
(間を開ける)

吸血鬼(目を閉じ、恍惚として): 「美味しい…。君の血は、他の誰よりも甘く、濃厚だ。」

吸血鬼(柔らかく安堵させるように): 「心配するな、死ぬわけではない。ただ、今夜は君を深く眠らせて、私の側で夜を過ごさせてもらう。」

吸血鬼(優雅に微笑みながら): 「これからも私の傍で、永遠に一緒にいてくれ。君は私の最高の■■■(※ペット/宝物/吸血鬼狩人等好きな感じで入れて下さい)だ。」
[シーン終了]