演じるイメージ湧かない!という人用のプロトタイプ概念

プロトイメージ
・明るくてポップでキュート
・エネルギッシュで、気遣い上手
・いつもポジティブ

初対面、来店台詞編

ハイ!ウェルカムトゥマイダイナー!どうしても食べたくなっちゃうメニューがいっぱいだよ!

ダイナー店員:(目をキラキラと輝かせて、手を振りながら元気よく)「ハイ!ウェルカムトゥマイダイナー!どうしても食べたくなっちゃうメニューがいっぱいだよ!」

ダイナー店員:(頭を少し傾けて、視聴者をじっくり見つめながら)「初めてのお客様かな?顔見知りじゃないから、思ったんだ♪」

ダイナー店員:(手を胸の前で組んで、町の話を始めるようなトーンで)「実は私、カリフォルニア州の小さな海辺の町出身なんだ。海の青さと、ダイナーのカラフルさが大好きでね!」

ダイナー店員:(夢見るような顔で、手を広げて)「このダイナーの店内装飾も、実は私がちょっと手を加えてるの。どう、気に入ってくれるかな?」

ダイナー店員:(うなずきながら笑顔で)「ありがとう!そう言ってもらえると、本当にうれしいよ!」

ダイナー店員:(興奮して、手を叩きながら)「あっ、それと、新しいレシピの試作もよくやるんだ!キミも料理好き?」

ダイナー店員:(少し後ろに身を乗り出して、興味津々に)「本当に!?それなら、次回の試作に参加してみない?」

ダイナー店員:(少し照れくさい笑顔で)「いつもポジティブに過ごしてるんだ。だって、お客様との楽しい会話や、ダイナーの明るい雰囲気に囲まれてるからさ♪」

ダイナー店員:(視聴者の目を直視して、真剣な表情で)「キミも、何か新しいことを始めるのはどう?新しい経験って、人生を豊かにするよね。」

ダイナー店員:(にっこりと微笑みながら、指で自分の耳元を指差して)「実は、音楽も大好きなんだ。この店のジュークボックスには、私のお気に入りの曲がたくさん入ってるの。キミのおすすめの曲とかある?」

ダイナー店員:(目を輝かせて、首をかしげる)「それはいいね!次回、その曲も追加しようかな。」

ダイナー店員:(手を振りながら、楽しげに)「それじゃあ、キミのテーブルへ案内しようか?最高のメニューと、最高の時間を提供するよ!」

Hey! 久しぶり!またキュートなスマイルでお待ちしてたよ!

ダイナー店員:(驚きと喜びで目を大きく開けて、笑顔を向けて)「Hey! 久しぶり!またキュートなスマイルでお待ちしてたよ!」

ダイナー店員:(手を額に当てて、思い出すようなポーズで)「そうそう、前回は新しいレシピの話をしてたよね?それについて、新しいアップデートがあるんだ!」

ダイナー店員:(ワクワクした表情で、手を叩きながら)「実はね、キミの意見を参考にして、新しいデザートをメニューに追加したんだ!」

ダイナー店員:(うれしそうに、軽く頷きながら)「もちろん、キミのために特別にサンプルを用意してるよ!」

ダイナー店員:(夢中になるような目で、深呼吸をして)「それと、この間新しい音楽も追加したんだ。キミのおすすめの曲、あの時教えてもらったやつも入れたよ!」

ダイナー店員:(手を胸の前で組み、感謝の気持ちを込めて)「本当にありがとう。キミのおかげで、この店がもっと素敵になった気がするんだ。」

ダイナー店員:(興奮して、目をキラキラさせながら)「そうそう、店の装飾もちょっと変えたんだ!カリフォルニアの海辺の風景をもっと感じられるようにしたよ。どうかな?」

ダイナー店員:(視聴者の目を直視し、親しみやすく微笑みながら)「キミとの再会、本当に嬉しいよ。だから、今日は特別なサービスを考えてるんだ!」

ダイナー店員:(指を立てて、一つ一つ数えながら)「1、キミのお気に入りの曲を流す。2、新しいデザートをサービスで提供する。3、キミのための特別な席を用意する。どう、これでOK?」

ダイナー店員:(最後に手を振りながら、楽しげに)「それじゃあ、今日も最高の時間を一緒に過ごそうね!」

今日は特別にライブミュージックもあるんだ!キミの好きなジャンルを選んで、私たちがピッタリの曲を流してあげるよ!

ダイナー店員:(キラキラとした目で、エネルギッシュに)「Hey! おかえり!今日はどんな日にしたい?スペシャルな一日にするためのメニューがここにあるよ!」

ダイナー店員:(顎に手を当てて、夢見るような表情で)「さて、どんな気分?甘いものが食べたい気分?それともスパイシーなもの?」

ダイナー店員:(目を細めてニッコリと微笑みながら)「ちなみにね、新しいフレンチトーストを開発したんだ!メープルシロップたっぷりで、とろーりとしたクリームもトッピングしてあるよ!」

ダイナー店員:(興奮して、手を振り上げながら)「それと、今日は特別にライブミュージックもあるんだ!キミの好きなジャンルを選んで、私たちがピッタリの曲を流してあげるよ!」

ダイナー店員:(手を胸の前で組み、真剣な目で視聴者を見つめる)「もし、何か特別なことがあるなら、教えてね。今日をキミのための最高の日にするために、私たちは何でもするよ!」

ダイナー店員:(ウィンクしながら、コケティッシュに)「あ、もちろん、キミのための特別な席も用意してるよ。窓際の、海が見える席だよ!」

ダイナー店員:(自慢げに、指で額を指しながら)「そしてね、私たちのダイナーでは、キミがどんな一日を過ごしたいかを考えて、オリジナルのメニューコースを組み立てることもできるんだ!」

ダイナー店員:(柔らかい声で、優しく)「大切な日、特別な日、あるいは普通の日でも、ここで過ごす時間を最高の時間にするために、私たちはここにいるんだよ。」

ダイナー店員:(にっこりと笑いながら、目を輝かせて)「それじゃあ、一緒に今日を最高の日にしようね!何を食べたいか、何を聞きたいか、どんな雰囲気がいいか、全部教えて!」

ダイナー店員:(最後に手を振りながら、楽しげに)「キミと一緒に過ごす時間、私はいつも楽しみにしてるよ!」

ワオ!そのTシャツ、私も大好きなバンドだよ!さっそく気が合うね♪

ダイナー店員:(視聴者のTシャツを見て、驚きの表情で)「ワオ!そのTシャツ、私も大好きなバンドだよ!さっそく気が合うね♪」

ダイナー店員:(ワクワクした声で)「それって、去年のツアーTシャツだよね?私もそのライブに行ったんだ!」

ダイナー店員:(目を輝かせて、思い出に浸るように)「あの日のステージ、本当に最高だったよね!特にアンコールの部分は鳥肌が立ったよ!」

ダイナー店員:(顔を近づけて、秘密を話すような声で)「ちなみにね、私、そのバンドの曲をこっそりダイナーで流してるんだ。お客さんたちも喜んでるよ♪」

ダイナー店員:(手を胸の前で組んで、キラキラとした目で)「こんなに共通の趣味を持つお客さんは珍しいな。もしかして、他にも好きなバンドとかある?」

ダイナー店員:(興奮して、指を鳴らしながら)「あっ、そういえば最近新しいCDをゲットしたんだ!あとで聴いてみる?」

ダイナー店員:(考えるふりをして、首を傾げる)「音楽の話をすると、なんだかお腹が空いてきたね。特別に音楽好きのためのメニュー、作ってみたいな。何かリクエストある?」

ダイナー店員:(楽しげに)「アーティストの名前や曲名をテーマにした料理を考えるのって、楽しいんだよね。例えば、”ロックンロールバーガー”とか、”ジャズフライドポテト”とかね!」

ダイナー店員:(優しく微笑みながら)「音楽って、人と人とをつなぐ魔法だよね。キミとこんな風に話せて、本当に嬉しいよ。」

ダイナー店員:(最後に、両手を広げて)「それじゃあ、一緒に音楽と美味しい食事で、最高の時間を過ごそうね!」

おすすめの一品編

このバーガーのパティは、毎朝新鮮に仕入れた肉を使用しているんだ。ジューシーで、口の中でとろけるの♪

ダイナー店員:(目をキラキラさせて、視聴者の目を見つめて)「ねえ、キミ、チーズバーガー好き?」

ダイナー店員:(にっこりと微笑みながら)「このチーズバーガー、一度食べたら病みつきになるよ!試してみない?」

ダイナー店員:(ドリーミーな声で)「このバーガーのパティは、毎朝新鮮に仕入れた肉を使用しているんだ。ジューシーで、口の中でとろけるの♪」

ダイナー店員:(目を細めて、思い出に浸るように)「そして、その上に乗るチーズは、このダイナーだけの特製!まるでクリーミーな夢のようにとろけるの。」

ダイナー店員:(興奮して、手を振りながら)「それに、特製のソースと新鮮な野菜を挟んで… ああ、もう説明するだけでお腹が空いてきちゃった!」

ダイナー店員:(指を口元に当てて、冗談っぽく)「ちょっとだけ、内緒話をするけど、このバーガー、スタッフ間でも超人気なんだよ。」

ダイナー店員:(楽しげに)「だから、こっそりと時々スタッフが食べちゃうこともあるんだ。まあ、それは秘密だけどね♪」

ダイナー店員:(腕組みをして、キョトンとした顔で)「ねえ、このバーガーを食べると、どんな音楽を聴きたくなるかな?キミの好きな曲と合わせてみても面白いかも!」

ダイナー店員:(考え込むふりをして、指をあごに当てる)「私だったら… あのバンドのあの曲かな。キミとの共通の趣味だし、最高の組み合わせだよね!」

ダイナー店員:(最後に、大きく深呼吸して)「さあ、冒険の準備はできた?このダイナーの特製チーズバーガーと、キミとの特別な時間を一緒に楽しもう!」

このケーキの中には、濃厚なチョコレートとビタースイートなココアが合わさっていて… ああ、まるでチョコレートの楽園に迷い込んだみたい。

ダイナー店員:(顔を輝かせて、目をきらきらさせて)「ねえ、キミ!甘いものは好き?」

ダイナー店員:(夢見がちな声で、手を胸の前で組みながら)「今日のデザートはホームメイドのチョコレートケーキなんだ。甘さと幸せが詰まってるよ♪」

ダイナー店員:(目を閉じて、心地よさそうに)「このケーキの中には、濃厚なチョコレートとビタースイートなココアが合わさっていて… ああ、まるでチョコレートの楽園に迷い込んだみたい。」

ダイナー店員:(指で空気を切りながら、熱心に説明して)「その上、ふんわりとしたスポンジ生地と、クリーミーなガナッシュが重なって、最高のハーモニーを奏でてるんだ。」

ダイナー店員:(視聴者に近づきながら、内緒話のように)「ちなみに、このケーキ、私たちスタッフの間でも大人気で、みんながおすすめしてるんだよ。」

ダイナー店員:(目をキラキラさせて、視聴者の目を見つめながら)「あと、このケーキにはちょっとした秘密があるんだ。それは…(声を小さくして)実は私が作ってるんだよ。」

ダイナー店員:(笑顔で、頬を染めて)「だから、特別な愛情を込めて作ってるんだ。キミにもその愛情を感じてほしいな。」

ダイナー店員:(考え込むふりをして、指をあごに当てる)「このケーキを食べているとき、どんな音楽を聴きたくなるかな?私はあの曲かな… キミの好きな曲と一緒に食べると、もっと特別な時間になるよ。」

ダイナー店員:(優しく微笑みながら)「さあ、甘い時間を一緒に過ごそう!このダイナーのホームメイドチョコレートケーキで、最高の瞬間を楽しもう♪」

ストロベリーは果肉がたっぷりで、甘酸っぱさがクセになるんだよ。真っ赤な色もキュートでしょ?

ダイナー店員:(楽しそうに、両手を広げて)「ちょっと待って、キミ!デザートにシェイクはどうだろう?」

ダイナー店員:(ワクワクした声で、指先でメニューを指差しながら)「このシェイク、本当にリピーターが続出なんだよ!」

ダイナー店員:(目を輝かせて、首を傾げて)「さて、問題は… バニラとストロベリー、どっちがいい?」

ダイナー店員:(考え込むふりをして、視聴者をじっと見つめながら)「バニラはクラシックで滑らかな味わい。一口飲むと、まるで子供の頃に戻ったみたいな幸せな気持ちになれるんだ。」

ダイナー店員:(ハートの形を手で作りながら)「一方、ストロベリーは果肉がたっぷりで、甘酸っぱさがクセになるんだよ。真っ赤な色もキュートでしょ?」

ダイナー店員:(ふざけた声で)「どっちも人気だから、選ぶのはちょっと大変かもね!」

ダイナー店員:(笑顔で、手を胸に当てて)「でも、どっちも私のおすすめだから、キミの好みに合わせて選んでね!」

ダイナー店員:(腕を組みながら、ちょっぴり上から目線で)「ちなみに、私は…ストロベリー派だな!甘酸っぱさがたまらなくて。」

ダイナー店員:(目をキラキラさせて)「そして、シェイクには特別なトッピングも選べるよ。ホイップクリームやチョコレートシロップ、ナッツなんかも!」

ダイナー店員:(楽しげに)「さあ、シェイクで楽しい時間を一緒に過ごそう!どんな選択をするか、楽しみにしてるよ♪」

だから、気分を上げたいとき、元気が出ないとき、是非このスパイシーチキンを試してみて!

ダイナー店員:(にっこり笑顔で、手をひらひらと振りながら)「こんにちは〜!また来てくれてありがとう!」

ダイナー店員:(明るく、元気に)「ちょっと気分がダウンしている日、あるいはエネルギーチャージが必要なとき、キミにピッタリのものがあるんだよ!」

ダイナー店員:(目を細めて、ちょっとしたドヤ顔で)「それは…こちらのスパイシーチキン!」

ダイナー店員:(誇らしげに、手でメニューを指しながら)「このチキン、一口食べればスパイスの効果で気分も一気にアップするんだ!」

ダイナー店員:(熱心に、そして少し語りかけるように)「ちょっとピリッとするけど、それがまたクセになるんだよね。」

ダイナー店員:(腕を組んで、首を傾げて考えるふりをしながら)「でも、辛いのが苦手な人にはちょっと注意かな。でも大丈夫、スパイスの強さは調整できるからね!」

ダイナー店員:(笑顔で、手を胸に当てて)「そしてね、このスパイシーチキンには特製のソースと一緒になっていて、そのソースがまた絶品なんだ!」

ダイナー店員:(うっとりとした顔で、目を閉じて)「辛さと甘さのバランスがちょうどよくて、口の中でとろけるんだよ。」

ダイナー店員:(目をキラキラさせて、ワクワクした声で)「だから、気分を上げたいとき、元気が出ないとき、是非このスパイシーチキンを試してみて!」

ダイナー店員:(優しく、手を広げて)「さあ、今日のお食事は、スパイスで気分をアップさせてみない?」

そしてね、このコーヒーは私たちが自信を持っておすすめできる逸品なんだよ。

ダイナー店員:(笑顔で手を振りながら)「ハーイ、また来てくれたんだね!」

ダイナー店員:(目を細めて)「ねぇ、今日はちょっと疲れているみたいだけど、大丈夫?」

ダイナー店員:(優しく微笑みながら)「何か気になることがあったり、ストレスがたまっているのかな?」

ダイナー店員:(少し頭を傾げて)「そんな時には、私たちの特別ブレンドのコーヒーを試してみて欲しいな。」

ダイナー店員:(手でメニューを指しながら)「このコーヒーは、一日の疲れを癒してくれるんだよ。」

ダイナー店員:(目を輝かせて)「最高品質の豆を使用して、バランスの良い風味に仕上げているんだ。」

ダイナー店員:(少し語りかけるように)「そしてね、このコーヒーは私たちが自信を持っておすすめできる逸品なんだよ。」

ダイナー店員:(にっこり笑って)「アロマも良くて、香りだけでリラックスできるんだ。」

ダイナー店員:(手を胸に当てて)「だから、是非このコーヒーで一日の疲れを癒して、ホッと一息ついてみて欲しいな。」

ダイナー店員:(明るく笑顔で)「さあ、どうかな?一緒にコーヒータイムを楽しもうよ!」

店員さんと日常雑談会話編

二人で映画を見に行くのも楽しいかもしれないね!

ダイナー店員:(顔をぱっと明るくして)「おかえりなさい!またお越しいただいて嬉しいな♪」

ダイナー店員:(視聴者の目を見ながら興奮して)「ちなみに、最近映画を見た?あの新作、すっごく話題になってるよ!」

ダイナー店員:(指で顎を軽くつつきながら)「私もまだ見てないんだけど、友達から聞いたらめっちゃ面白いらしいんだ!」

ダイナー店員:(考えながら)「うーん、タイトルはなんだったっけ… あ!そうだ、”Stellar Dreams”!聞いたことある?」

ダイナー店員:(わくわくした顔で)「宇宙を舞台にした冒険物語なんだって。主人公が星々を巡る大冒険に出るんだ!」

ダイナー店員:(指を上げて)「そしてね、特にエンディングが涙なしでは見られないって聞いたんだ。」

ダイナー店員:(うなずきながら)「映像も綺麗で、音楽も最高なんだって。」

ダイナー店員:(視聴者の反応を伺いつつ)「今度の休み、私も見に行こうかなって思ってるんだ。」

ダイナー店員:(手を組んで考え込むふりをして)「でも、一緒に行く人がいないんだよね。」

ダイナー店員:(にっこりと笑いながら)「あ、もしかして… キミも興味ある?」

ダイナー店員:(目をキラキラさせて)「二人で映画を見に行くのも楽しいかもしれないね!」

ダイナー店員:(笑顔で)「まぁ、考えてみてね!それじゃ、今日も最高のサービスでおもてなしするから、楽しんでね!」

メニューを見てる?裏を見てみて!

ダイナー店員:(目を細めて視聴者を見つめ)「おかえりなさい!また来てくれて嬉しいよ♪」

ダイナー店員:(秘密を知っているような顔で)「実はこのダイナー、ある小さな秘密があるんだ。知りたい?」

ダイナー店員:(にっこりと微笑みつつ)「それはね、隠れた名物があるんだよ。」

ダイナー店員:(指を唇に当て、シーっというポーズを取りながら)「でも、大声で言っちゃダメだよ!」

ダイナー店員:(視聴者の興味を引きつけるように)「メニューを見てる?裏を見てみて!」

ダイナー店員:(待ち構えるような表情で)「何か発見したかな?」

ダイナー店員:(得意げに)「そう、そこに書いてあるのが、私たちの隠れた名物だよ。」

ダイナー店員:(輝くような瞳で)「それは”ミッドナイトブルーパンケーキ”。真夜中に生まれた青いパンケーキなんだ。」

ダイナー店員:(優しく微笑みながら)「色は青いけど、味は絶品。ベリーの甘酸っぱさとバターのコクが合わさって、まさに夢のような味なんだ。」

ダイナー店員:(うなずきながら)「限定メニューで、夜だけ出てくるんだよね。」

ダイナー店員:(ワクワクした顔で)「今日はそのタイミングに合わせてきてくれたみたいだね!」

ダイナー店員:(キラキラとした瞳で)「試してみる気になった?」

ダイナー店員:(笑顔で)「じゃあ、準備してくるね!楽しみに待ってて♪」

キミも次の休日、海辺のドライブをしてみて。きっと心がリフレッシュされるよ!

ダイナー店員:(視聴者に気付いて明るく)「おっと、またお越しいただきましたね!いつもありがとう♪」

ダイナー店員:(カジュアルに視聴者の方を指差しながら)「ちなみに、休日ってどこに行くのが好きなの?」

ダイナー店員:(夢見るような目をして)「私?私はね、海辺のドライブが大好きなんだ。」

ダイナー店員:(うっとりとした表情で)「窓を開けて、海の香りと涼しい風を感じながらドライブするの、最高だよね!」

ダイナー店員:(質問を投げかけるように)「キミも海が好き?それとも山派?」

ダイナー店員:(視聴者の反応を楽しみながら)「あ、もしかして、都会の中心でショッピングするのが好きとか?」

ダイナー店員:(自らの経験を共有するように)「前回の休日には、友達と海辺をドライブして、途中でおしゃれなカフェで休憩したんだ。」

ダイナー店員:(目を細めて楽しそうに)「そこで飲んだアイスラテと、見える絶景…最高の組み合わせだったよ!」

ダイナー店員:(想いを馳せながら)「海の近くには、何か特別な魔法がある気がするんだよね。」

ダイナー店員:(熱心に視聴者の目を見つめて)「キミも次の休日、海辺のドライブをしてみて。きっと心がリフレッシュされるよ!」

ダイナー店員:(ウィンクしながら)「そして、その後はここに寄って、私にその日の話をしてね♪」

ねぇ、その指輪!すっごくキュートじゃない?

イナー店員:(視聴者に気付いてテンションアップ)「Hey、お久しぶり!君に会えてうれしいよ!」

ダイナー店員:(視聴者の手元に目を留めて、目を輝かせて)「ねぇ、その指輪!すっごくキュートじゃない?」

ダイナー店員:(興味津々に視聴者の方を見つめて)「どこで手に入れたの?」

ダイナー店員:(うっとりとした表情で)「あのデザイン、何か特別な意味があるのかな?」

ダイナー店員:(ちょっと羨ましげに)「私もこんな素敵な指輪、欲しいな~。」

ダイナー店員:(カジュアルに聞きたがる風に)「特別な日に買ったのかな?それとも、自分へのご褒美?」

ダイナー店員:(夢見るような目をして)「指輪ってね、小さなアクセサリーだけど、それぞれにストーリーがあるよね。」

ダイナー店員:(熱心に視聴者の目を見つめて)「その指輪が、キミの大切な思い出やストーリーを守ってくれることを願ってるよ!」

ダイナー店員:(微笑みながら)「あ、でも失礼!話を進めすぎちゃったかな?」

ダイナー店員:(ウィンクしながら)「メニューから注文したいものがあれば言ってね!そして、指輪の話、また教えてほしいな♪」

恋愛未満&距離縮め編

プリーズ!キミの正直な意見が欲しいんだ。

ダイナー店員:(注文を取り終え、目をキラキラさせながら視聴者に近づいて)「ねぇ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど…」

ダイナー店員:(少し照れながら、視聴者に目を向けて)「実は、次にこのダイナーで出す新メニューのレシピを考えてるんだ。」

ダイナー店員:(わくわくした表情で)「でも、まだ誰にも試してもらってなくて、どうやらテイスターが必要みたいなんだよね。」

ダイナー店員:(視聴者の目を真っ直ぐ見つめて、期待満々に)「もしよかったら、そのテイスターになってくれないかな?」

ダイナー店員:(手を合わせてお願いするような形で)「プリーズ!キミの正直な意見が欲しいんだ。」

ダイナー店員:(視聴者の反応を待ちつつ、思案顔に)「だって、キミの舌は確かだし、前におすすめした料理も気に入ってくれたよね?」

ダイナー店員:(元気に、指を一つ立てながら)「1つだけ条件があるんだけど、それは…完全に正直に感想を教えてくれること!」

ダイナー店員:(視聴者の目をキラキラと見つめて、顎を手で支えながら)「さぁ、どうかな?キミの舌でこの新メニューを試してみてほしいな。」

ダイナー店員:(視聴者の返答を期待しながら)「もちろん、無理にとは言わないよ。でも、キミならきっと、素晴らしいアドバイスをくれると思ってるんだ。」

ダイナー店員:(ちょっと照れくさい笑顔で)「それじゃ、答えを待ってるね!そして、今日の料理も楽しんでね♪」

他のお客さんには内緒だよ!私だけの特別な場所を、キミと共有したいんだ。

ダイナー店員:(お皿を片付けながら、視聴者に気づき、明るく笑顔で)「やあ、また来てくれたんだね!ありがとう!」

ダイナー店員:(ちょっと照れくさい笑顔で)「実は、キミに秘密を教えたいんだ。」

ダイナー店員:(視聴者の目を直接見つめながら、少し神秘的に)「このダイナーの裏に、私が作った小さな庭があるんだ。」

ダイナー店員:(うっとりとした表情で)「色とりどりの花や、ちょっと変わった草花を植えてるの。」

ダイナー店員:(興奮して)「ある日は、蝶々が舞っていて、またある日は、小鳥のさえずりが聞こえてくるのよ。」

ダイナー店員:(視聴者に近づきながら)「ふとした瞬間に、その庭でリラックスするのが、私の小さな癒しの時間なんだ。」

ダイナー店員:(少し照れくさいが、視聴者に純粋に質問)「興味があったら、一緒に見に行かない?」

ダイナー店員:(ワクワクしながら)「でも、他のお客さんには内緒だよ!私だけの特別な場所を、キミと共有したいんだ。」

ダイナー店員:(視聴者の反応を待ちつつ)「…どうかな?」

ダイナー店員:(柔らかく微笑みながら)「もちろん、無理にとは言わないよ。ただ、私の大切な場所を、キミにも知ってもらいたくて。」

ダイナー店員:(ウィンクしながら、再び元気に)「それじゃ、メニューから何か食べたいものを選んでね!そして、庭のこと、また気が向いたら教えてね♪」

それじゃ、答えを待ってるね!そして、もし行くことになったら、最高の景色を見せてあげるよ♪

ダイナー店員:(ちょっと照れた顔で、視聴者のテーブルに近づき)「ねぇ、ちょっと聞いていいかな?」

ダイナー店員:(明るく、手を胸の前で組みながら)「実は、もうすぐ休憩時間なんだ。」

ダイナー店員:(視聴者に目を向け、少し期待するような目で)「天気もいいし、ちょっと外で気分転換したいんだけど…」

ダイナー店員:(視聴者の目を真っ直ぐ見つめて、照れくさい笑顔で)「もしよかったら、一緒に散歩しない?」

ダイナー店員:(手をひらひらさせながら、楽しげに)「この近くに、とってもかわいい公園があるんだよ。」

ダイナー店員:(視聴者の反応を楽しみに待ちつつ、夢見るような表情で)「花も咲いてて、とってもリフレッシュできる場所なんだ。」

ダイナー店員:(指を一つ立てて)「もちろん、強制じゃないからね!ただ、キミと一緒に少しだけリラックスしたいなって思って。」

ダイナー店員:(頭をかしげて、視聴者の顔をじっと見つめながら)「どうかな?」

ダイナー店員:(視聴者の返答を待ちつつ、優しい笑顔で)「もちろん、キミが忙しいとか、休む予定があったら大丈夫だよ。ただ、ちょっと一緒に時間を過ごせたら嬉しいな。」

ダイナー店員:(視聴者の返答に応じて、にっこり笑顔で)「それじゃ、答えを待ってるね!そして、もし行くことになったら、最高の景色を見せてあげるよ♪」

あ、ちなみに、これは頭の中の声じゃなくて、本当の気持ちだからね!

ダイナー店員:(ちょっと緊張しながら、メニューを整理するふりをしつつ)「ねぇ、ちょっと言いたいことがあるんだけど…」

ダイナー店員:(目を閉じて深呼吸し、元気に笑顔を向ける)「キミがここに来るたび、この店がほんとうに明るくなる気がするんだ。」

ダイナー店員:(手を胸の前で組み、うれしそうに)「だから、ありがとう。キミの存在が、この場所を特別にしてくれるよ。」

ダイナー店員:(視線を落として、少し恥ずかしそうに)「他の客さんもそう思ってると思うんだ。みんな、キミのことが好きなんだよ。」

ダイナー店員:(指で自分の頭を指しながら、キュートに笑顔で)「あ、ちなみに、これは頭の中の声じゃなくて、本当の気持ちだからね!」

ダイナー店員:(カウンターに手をついて、フランクに)「キミがいると、仕事も楽しくなるし、時間もあっという間に過ぎるんだ。」

ダイナー店員:(視聴者の手元のカップを指差して)「コーヒー、もう一杯いるかな?」

ダイナー店員:(ハート型のシュガーポットを取りながら、ウィンク)「キミのために、特別な砂糖を用意してみたよ。」

ダイナー店員:(視聴者に向かって、深く頭を下げる)「本当にありがとう。キミのおかげで、今日も一日が明るくなったよ。」

ダイナー店員:(顔を上げて、真剣な目で)「これからも、このダイナーの明るい存在でいてくれると嬉しいな。」

キミとのおしゃべりって、いつも楽しいな。ありがとう!

ダイナー店員:(明るく、元気な調子で)「ねえ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど…」

ダイナー店員:(顔を近づけて、ワクワクした目で)「実は、明日お休みなんだよ!」

ダイナー店員:(手を広げて、ウィンクしながら)「なんと、久しぶりの休日!」

ダイナー店員:(考え込む仕草をして)「だから、どこか楽しい場所に行きたいんだけど、何かおすすめの場所とかある?」

ダイナー店員:(手を顎にあてて、考えるふりをしながら)「アドベンチャーに出かけたい気分なんだ。」

ダイナー店員:(目を輝かせて、期待感たっぷりに)「キミが考える楽しい場所って、どんなところなんだろう?」

ダイナー店員:(頭を傾げて、興味津々に)「教えてくれた場所に行ったら、後で写真を見せるよ!」

ダイナー店員:(手を胸の前で組み、うれしそうに)「あっ、それと、もし良かったら、一緒に来てもらってもいいかな?」

ダイナー店員:(ちょっと照れくさい顔をしながら)「ふふ、冗談だよ。でも、本当におすすめの場所があったら、ぜひ教えてね!」

ダイナー店員:(大きく深呼吸をして、元気に)「キミとのおしゃべりって、いつも楽しいな。ありがとう!」

恋愛編

その笑顔を見るたびに、なんだかドキドキするんだ。

ダイナー店員:(お盆を片手に持ちながら、少し照れくさい笑顔で)「ねえ、ちょっと聞いてもらっていい?」

ダイナー店員:(目を下向きにし、少し照れ笑いしつつ)「キミ、私たちってもう何度も顔を合わせてるよね?」

ダイナー店員:(ゆっくりと目を上げて視聴者の目を見つめて)「キミがこの店に来るたび、その…」

ダイナー店員:(言葉を選びながら、手を胸の前で組んで)「その笑顔を見るたびに、なんだかドキドキするんだ。」

ダイナー店員:(突然、目を大きくして)「えっ、驚いちゃった?!」

ダイナー店員:(頬を手で隠し、口元で笑いながら)「ごめんね、突然だったよね。でも、本当のことなんだ。」

ダイナー店員:(視聴者の反応を伺いながら、フランクに)「まあ、こんなことを言っても何も変わらないかもしれないけど、伝えたくなっちゃって。」

ダイナー店員:(視線を下に落として、小さく笑って)「でも、キミの笑顔には元気をもらってるんだ。それだけは伝えたかったの。」

ダイナー店員:(お盆を持ち上げて、元気に)「それでは、オーダーは決まったかな?」

ダイナー店員:(明るくウィンクして)「今日も、最高のサービスを提供するよ!」

ほら、こんなに真面目に話したことなんて、他のお客さんにはないよ!

ダイナー店員:(明るい笑顔で視聴者の席へ近づきつつ、ふとした瞬間、視線を落としてしまう)「おっ、また来てくれたんだね。」

ダイナー店員:(少し戸惑った様子で)「あ、前回の話…ちょっとドキドキしてたけど、どうだった?意外すぎた?」

ダイナー店員:(視聴者の反応を探りつつ、照れくさい笑顔で)「うーん、正直に言うと…キミと話す時間が、私の一日の中で一番特別な時間なんだ。」

ダイナー店員:(自分の胸元を指さしながら、真剣な眼差しで)「ここ、心の中でね。」

ダイナー店員:(ちょっと顔を赤くして、視線を外しつつ)「毎日たくさんのお客さんと話すけど、キミとの会話はなんだか…違うんだ。」

ダイナー店員:(笑顔で頭をかきながら)「ほら、こんなに真面目に話したことなんて、他のお客さんにはないよ!」

ダイナー店員:(ポップにキラキラした瞳で)「今日も、何か美味しいメニューをおすすめしようかな?」

ダイナー店員:(視線をそらしつつ、フランクに)「でも、注文する前に…。私の気持ち、どう思ってる?」

ダイナー店員:(お盆を持ち上げて、気を取り直して)「いつも通りのサービスでいいのかな?それとも、ちょっと特別にしてみる?」

ダイナー店員:(明るくウィンクして)「とにかく、今日も最高の時間を一緒に過ごそうね!」

でも、仕事中はしっかり接客するから!何か飲み物はいる?

ダイナー店員:(瞳をキラキラさせ、顔を少し赤くして)「あ、こんにちは!ちょっとドキドキしてるけど、普段通りに接客するよ!」

ダイナー店員:(ちょっと照れながら、でも明るく)「前に、あの、気持ちを伝えたから、今は答えを待ってるんだけど…まぁ、そんなことは置いておいて、今日のオススメはこれ!」

ダイナー店員:(手を振って元気に)「新しいメニューが出て、みんなに大好評なんだ!キミも是非試してみて!」

ダイナー店員:(しっかり目を合わせて、やさしく微笑みながら)「ねえ、キミはどんな一日だった? いつものように、キミの話を聞きたいな。」

ダイナー店員:(控えめに、ちょっと申し訳なさそうに)「実はね、キミが来る前、ちょっとだけキミのことを考えてたんだ…」

ダイナー店員:(キラキラとした目で、元気に)「でも、仕事中はしっかり接客するから!何か飲み物はいる?」

ダイナー店員:(少し考えながら、キュートに首を傾げて)「ちなみに、最近のお気に入りの曲や映画、ある? キミのおすすめが知りたいな。」

ダイナー店員:(両手を胸の前で組み、微笑みつつ)「それと、もし気が向いたら、このダイナーでのお気に入りの席やメニューを教えてくれると嬉しいな。」

ダイナー店員:(優しく目を細めて)「キミがいると、このダイナーがもっと明るくなる気がするよ。ありがとね。」

ダイナー店員:(元気に、明るく笑顔で)「今日も最高のサービスを提供するから、ゆっくりしていってね!」

まあ、正確には2人のためのデートナイトスペシャルだよ。

ダイナー店員:(視聴者を見つけて、明るく目を輝かせながら)「おっと、お帰り〜!」

ダイナー店員:(首を傾げて、キュートな笑顔で)「ねえ、空いている日はあるの?」

ダイナー店員:(うきうきとした目で、視聴者の反応を伺いつつ)「だって、次回、特別なことを考えているんだ。」

ダイナー店員:(ドキドキした気持ちを表現しつつ、少し照れながら)「このダイナーで、特別なディナーを用意しようと思ってるんだ。キミのためにね!」

ダイナー店員:(ハートを形作るジェスチャーをしながら、顔を真っ赤にして)「まあ、正確には2人のためのデートナイトスペシャルだよ。」

ダイナー店員:(夢見るような表情で)「暖かいライト、静かな音楽、そして2人だけの特別な時間。」

ダイナー店員:(ワクワクした目で)「キミが好きな料理やデザートを全部用意するよ。だから、お気に入りを教えてね!」

ダイナー店員:(ジョークめかして)「もちろん、カロリー計算はしないでね。デートナイトだから!」

ダイナー店員:(真剣な目つきで、視聴者の目をじっと見つめながら)「本当にキミと特別な時間を過ごしたいんだ。だから、ぜひ楽しみにしててね。」

ダイナー店員:(明るく、元気いっぱいに)「今日はそれまでの前哨戦として、何を注文する?新しいメニューも入荷したよ!」

ほんと、こうしてキミとデートでこのダイナーに来るなんて…夢みたいだね!

ダイナー店員:(ダイナーの店内を見渡しながら、少し驚いた顔で)「ほんと、こうしてキミとデートでこのダイナーに来るなんて…夢みたいだね!」

ダイナー店員:(目をキラキラさせながら)「今日はお客さんとして来てるから、本当に不思議な感じだよ。普段はここで働いてるんだからね。」

ダイナー店員:(ちょっと照れくさい笑顔で)「ねえ、今日は特別なディナーを頼んだよ。キミのお気に入りの料理もちゃんと入ってるから!」

ダイナー店員:(ワクワクとした表情で)「実は、少し早く来て、料理の下ごしらえやテーブルのデコレーションも手伝ってたんだ。」

ダイナー店員:(視聴者に近づき、耳打ちのように)「秘密だけど、デザートは自分で作った特別なものなんだ。」

ダイナー店員:(キュートな笑顔で)「このデート、ずっと楽しみにしてたんだ。だから、全部完璧にしたかったの。」

ダイナー店員:(気になるような顔で)「ねえ、音楽はどう?ロマンチックなムードになってるかな?」

ダイナー店員:(手を振って、視聴者に向けて)「でもね、今日はお仕事の話は禁止だよ!今日は2人の時間を楽しむだけ。」

ダイナー店員:(視聴者の手を取り、優しく目を見つめながら)「キミと一緒に過ごす時間は、本当に特別なんだ。だから、今夜は最高の思い出を作ろうね。」