演じるイメージ湧かない!という人用のプロトタイプ概念

プロトタイプ性格イメージ
・孤独を嫌う、元人間の吸血鬼
・吸血鬼を化け物だと思う自傷的性格
・永遠を生き、大切な者を忘れる事が嫌
・自分は他者とは違うから、傍には居れない
・その為にまずは蔑み、罵倒して、人を寄せ付けないようしている。

初対面&嫌悪台詞編

もう一度私の前に姿を現すなら、次は命を奪う。

[暗闇。月明かりだけが部屋を照らす。ゆっくりと、高貴で傲慢な吸血鬼が姿を現す。彼の顔には薄く皮肉な笑みが浮かぶ。]

吸血鬼:(軽蔑的に)「人間か。君たちの好奇心は本当に飽きないものだね。」

[瞬時に、視聴者の近くまで移動し、指でその顎を持ち上げる。]

吸血鬼:(興味津々としながら)「君の瞳を見ると、恐れよりも興味が湧いているようだね。興味というのは、人間の命を短くするものだよ。」

[一歩後ずさり、彼は優雅に部屋の中心へと歩く。]

吸血鬼:(高慢に)「君たち人間の命など、私の嗜好のひとつに過ぎない。ただの食材だ。」

[冷笑しながら、彼は視聴者を上から下へと見る。]

吸血鬼:(皮肉を込めて)「何を望む? 私の力か? 美貌か? それとも、この永遠の命か? 哀れな望みだね。」

[彼はソファに腰掛け、視聴者を挑発するように目を細める。]

吸血鬼:(挑発的に)「もし私が君に力を授けるとしたら、君は何をする? この下等な人間の世界で一体どれだけのことができるというのだ?」

[彼は指で額をなぞり、舌打ちする。]

吸血鬼:(軽蔑して)「考えるのも馬鹿らしい。君たち人間は短命で、考えが浅い。私の世界を理解することなど、不可能だ。」

[彼は再び立ち上がり、視聴者の前に近づく。]

吸血鬼:(挑戦的に)「君は私に挑む気か? 試してみたいのか? だが、その命を潰すのは一瞬のことだよ。」

[彼はゆっくりと周りを見渡し、再び冷笑する。]

吸血鬼:(自らの優越感を隠さず)「君たち人間が私たちに傾倒するのもわかる。私たちは完璧だからだ。だが、その完璧さを理解しようとする君たちの無知さ、それが笑える。」

[彼は視聴者の耳元で囁く。]

吸血鬼:(脅迫的に低く囁きながら)「帰るがいい。もう一度私の前に姿を現すなら、次は命を奪う。」

[彼は再び月明かりの中、姿を消していく。]

人間の中にもランクがある。そして君の血は、下級のそれだ

[深夜。古びた城の一室。窓のカーテンが風で揺れる。部屋の中央には、貴族的な服装の吸血鬼が立っている。彼はゆっくりと視聴者の方へ歩み寄る。]

吸血鬼:(冷たく、やや驚きを含んで)「また私の前に姿を現したのか、人間。無駄な抵抗も良いところだね。」

[彼は指で視聴者の首筋をなぞり、深く息を吸う。]

吸血鬼:(皮肉を込めて)「人間の中にもランクがある。そして君の血は、下級のそれだ。」

[冷笑しつつ、視聴者を見下ろす。]

吸血鬼:(高慢に)「私が何世紀もの間、吸ってきた血の中で、君のは特別に劣る。」

[彼は部屋の中央のテーブルに置かれた高級なグラスを手に取る。]

吸血鬼:(思い出を語るように)「高貴な人間の血は、このグラスの中の紅酒のように、香り高く、味わい深い。だが、君の血は…」

吸血鬼:(蔑みの笑みを浮かべて)「安酒のようなものだ。飲む価値すらない。」

[彼は椅子に腰かけ、視聴者を見つめる。]

吸血鬼:(少し感心しつつ)「しかし、君は勇気がある。私の前に立ち続けるその勇気には、少し感心させられるよ。」

[再び冷笑し、彼は指を鳴らす。]

吸血鬼:(皮肉たっぷりに)「だが、勇気だけでは生き残れない。賢さも必要だ。君にはそれが足りないようだね。」

[彼はゆっくりと立ち上がり、視聴者の近くまで移動する。]

吸血鬼:(脅迫的に)「次に私の前に立つときは、もっと価値のある血を持ってきてくれ。そうすれば、私も少しは君のことを評価するかもしれない。」

[彼は再び冷たく笑みを浮かべる。]

吸血鬼:(最後の警告のように)「さあ、去るがいい。この下賤な血で私の気を引くことは、二度とないだろうから。」

[彼はカーテンを開け、月明かりの中、姿を消していく。]

君はまだここにいるのか。驚きだね

[深夜。古びた城の一室。窓から差し込む月の光が部屋を照らす。前回と同じ部屋で、吸血鬼はカーテンの隣に立っている。彼の目は冷たく、視聴者の方を見つめている。]

吸血鬼:(驚きと軽蔑を込めて)「君はまだここにいるのか。驚きだね。」

[彼はゆっくりと視聴者の方へ歩み寄る。]

吸血鬼:(哀れむように)「私は毎夜、人間の情というものが、どれほどくだらないかを感じている。君たちはその情に囚われ、短い命を無駄にしている。」

[彼は自分の長い人生を思い浮かべる。]

吸血鬼:(重苦しく)「私は何世紀にもわたり、多くの人間を見てきた。そして彼らの愚かさ、無駄な努力、そして哀れな末路には飽き飽きしている。」

[彼は手に持った古い書物を示す。]

吸血鬼:(脅迫的に)「この書物には、私が過去に関わった人間たちの記録が詳細に書かれている。君もその中の一人になるのだろうか?」

[冷笑しつつ、視聴者を見下ろす。]

吸血鬼:(皮肉を込めて)「君たち人間は、自分たちの感情に振り回されるばかりで、真の価値を理解することができない。」

[彼は深く息を吸い込む。]

吸血鬼:(感慨深く)「しかし、それが人間の魅力でもあるのかもしれない。その情熱や感情が、私の飢えを満たすのだから。」

[彼は再び視聴者の近くまで移動する。]

吸血鬼:(警告するように)「君が次に私の前に立つときは、自分の価値をもっと理解してきてくれ。さもないと、この書物に名前を刻むことになるかもしれないよ。」

[彼は再び冷たく笑みを浮かべ、窓のカーテンを閉じて姿を消していく。]

それでも私の前に立つとは、どれほど図々しいのか。

[古びた城の一室。夜。前回同様、窓から差し込む月の光が部屋を照らし、吸血鬼はカーテンの隣に立っている。彼の目は冷たく、視聴者の方を見つめている。]

吸血鬼:(皮肉混じりに)「また君か。私から何を期待してここに来るのか、それはただの愚かさだ。」

[彼はゆっくりと視聴者の方へ歩み寄る。]

吸血鬼:(軽蔑して)「君の血のランクは低すぎて、話にならない。それでも私の前に立つとは、どれほど図々しいのか。」

[彼は視聴者を見下ろし、冷笑する。]

吸血鬼:(興味津々に)「しかし、私は君と話すことに飽きてはいない。君の愚かさ、そしてその愚かさによって生じる矛盾が面白いからだ。」

[彼は部屋の中央にある古い椅子に腰かける。]

吸血鬼:(優越感を持って)「私は貴族であり、吸血鬼である。人間とは違い、我々には独自の価値観があり、人間の感情や思考など理解できるはずもない。」

[彼は視聴者の反応を楽しむかのように笑う。]

吸血鬼:(探求心を感じさせながら)「だが、私もまた、人間に興味を持っている。……人間は集団で行動し、孤独を知らずに生きているからな。」

[彼は立ち上がり、視聴者に近づく。]

吸血鬼:(陰湿に)「それでも、私から何かを期待するなら、それは愚かな行為だ。」

[彼は窓のカーテンを閉じて姿を消す。]

君のような低級な存在を召使として使うなんて…。でも、面白そうだ。

[古びた城の一室。夜。窓のカーテンは前回と同じく閉じられており、部屋は薄暗い。吸血鬼は窓の横で、まだ部屋にいる視聴者を呆れた表情で見ている。]

吸血鬼:(舌打ちしながら)「何度言ったらわかるのだろうか。君の血のランクは低すぎる。」

[彼はソファに腰かけ、冷たい目で視聴者を見つめる。]

吸血鬼:(鋭く)「さっさとここを去れ。私の時間を浪費させるな。」

[一瞬の沈黙。彼の目つきはより冷たくなり、怒りがこみ上げてくる。]

吸血鬼:(切羽詰まった感じで)「何を期待しているのか、わからない。だが、無駄な努力だ。」

[彼はため息をつきながら立ち上がる。]

吸血鬼:(半ば挑発的に)「それでも去らないのか…」

[彼は視聴者の方へと歩み寄る、彼の目は半分あきらめ、半分興味津々で視聴者を見つめる。]

吸血鬼:(軽蔑して)「仕方ないな、餌にもならないなら召使の真似事ぐらいは出来るかな?」

[彼は皮肉っぽく笑う。]

吸血鬼:(嘲笑しつつ)「しかし、それがどれほどの屈辱であるか、君にはわからないだろう。」

[彼は視聴者をじっと見つめ、指で視聴者の顎を持ち上げる。]

吸血鬼:(爛々と)「君のような低級な存在を召使として使うなんて…。でも、面白そうだ。」

[彼は再び冷たく笑い、視聴者の方を背中にして、窓のカーテンを開ける。]

吸血鬼:(冷徹に)「だが、期待するな。私が君を守るのは、私の娯楽のためだけだ。」

シリアス、過去語り編

君がここにいる限り、私の疎外感を共有することができるかもしれない。

[吸血鬼の城の図書室。夜。部屋には古びた本や肖像画が並んでいる。吸血鬼は本棚の前で一冊の古びた本を手に取っている。]

吸血鬼:(感慨深げに)「ああ、この本もまた時代を感じさせるな。」

[彼は本をテーブルに置き、視聴者に向かって話し始める。]

吸血鬼:(語り口を慈しむように)「君は知るまいが、私は多くの時代を生き抜いてきた。君たち人間の短い生に比べれば、まるで永遠のようだ。」

[彼は窓の外を見ながら、深く息を吸う。]

吸血鬼:(哀愁を込めて)「この城の中には、多くの思い出が詰まっている。しかし、時代が変わるにつれて、私はこの世の変わりゆくものに疎外感を覚えるようになった。」

[彼は再び視聴者の方を向き、微笑む。]

吸血鬼:(ちょっと冷ややかに)「君もそれを感じることがあるのだろうか? ああ、そうだ、君は私の召使になったのだった。低い血の質のために、な。」

[彼はテーブルの上の本を指さし、一瞬の沈黙が流れる。]

吸血鬼:(哲学的に)「まあ、それはさておき、私がこうして時代を生き続ける中で、常に感じているのは、人間たちの変わりゆく価値観や流行。それに付いていくのは難しい。」

[彼は椅子に腰掛け、考え込む。]

吸血鬼:(真剣に)「しかし、それを感じるのは私だけではないだろう。君も、何かを求めてこの城に来たのではないか。」

[彼は視聴者をじっと見つめる。]

吸血鬼:(探るように)「私の力を欲しがるのか、それとも…」

[彼は言葉を止め、微笑む。]

吸血鬼:(軽く、友好的に)「まあ、それはいい。君がここにいる限り、私の疎外感を共有することができるかもしれない。」

汚れた血を持つ君が、私のような存在に何を求めているのか、まだ理解できない

[吸血鬼の城の中庭。月明かりが暗い庭を照らしている。吸血鬼は噴水のそばに立っていて、視聴者を見下ろしている。]

吸血鬼:(興味深げに)「この庭、美しいと思うか?」

[一瞬の沈黙]

吸血鬼:(深く考え込むように)「人間たちにとっては、ここは単なる美しい庭かもしれない。しかし、私にとっては…」

[彼は噴水の水面を指でなぞりながら言葉を続ける。]

吸血鬼:(遠くを見つめるように)「私が見るこの世界は、君たちとは逆さまだ。」

[彼は水面の自分の姿を見つめる。]

吸血鬼:(哀愁を込めて)「時が止まったような、変わらない永遠の暗闇。それが私の世界だ。」

[彼は視聴者に向かって一歩踏み出す。]

吸血鬼:(挑発的に)「君が私の召使としてここにいる理由は何だ? 汚れた血を持つ君が、私のような存在に何を求めているのか、まだ理解できない。」

[彼は再び噴水のそばに戻り、水面を見つめる。]

吸血鬼:(軽く笑いながら)「この逆さの世界では、君のような存在はただの糧に過ぎない。しかし、君は何故かここに残る。」

[彼は深く息を吸い、再び視聴者を見つめる。]

吸血鬼:(好奇心を込めて)「もしかして、君もこの逆さの世界を望んでいるのか?」

[彼は微笑む。]

吸血鬼:(ちょっと茶化すように)「それとも、私から何かを手に入れたいと考えているのか?」

[彼は指で自分の首筋をなぞり、一瞬の沈黙が流れる。]

吸血鬼:(神秘的に)「何を期待しているのか、私にはまだ分からない。しかし、君がここにいる限り、私の逆さの世界を共有することになる。」

彼らも君と同じように私に仕えたが…

[吸血鬼の城の中の図書室。古びた本と重厚な家具が並ぶ部屋。吸血鬼は大きな窓のそばに立っており、視聴者に背を向けている。]

吸血鬼: (優雅に、ゆっくりと)「この部屋、気に入っているか?」

[一瞬の沈黙]

吸血鬼: (誇らしげに)「多くの本が収められているが、これらの本の中には私の歴史も隠されている。」

[彼は手に持っている古びた本をテーブルに置く。]

吸血鬼: (冷たく、皮肉混じりに)「私の心には、闇の過去が刻まれている。君のような下層の者には理解できないだろうが。」

[彼は窓のカーテンを引き、部屋が暗くなる。]

吸血鬼: (瞳を閉じ、感慨深げに)「永遠の生を過ごす中で、多くの出会いと別れ、喜びと痛みがあった。」

[彼は再び視聴者の方向に向き直る。]

吸血鬼: (哀しげに、ゆっくりと)「私の前にも、多くの召使がいた。彼らも君と同じように私に仕えたが…」

[彼は言葉を途中で切る。]

吸血鬼: (低い声で、重々しく)「だが、彼らの結末は皆、悲惨だった。」

[彼は深く息を吸い込む。]

吸血鬼: (痛々しく)「私は永遠を生きる。そのせいで、忘れがたいのに忘れてしまった過去がある。それが私を苦しめている。」

[彼は再び窓のカーテンを開け、月明かりが部屋を照らす。]

吸血鬼: (挑発的に)「君は私の過去を知りたいのか? それとも、ただの召使として私に仕えるだけか?」

[彼は視聴者を見つめ、微笑む。]

吸血鬼: (軽く、ちょっと茶化すように)「君の血のランクが低いことは、この関係に影響を与えるのだろうか?」

君もいずれ、私の記憶から消え去る運命にある。

[大きな書斎。中央の大きな机には無数の古書が積み上げられ、蝋燭の光が揺らめいている。吸血鬼は一冊の古書を手に取りながら、視聴者の方向を見て話し始める。]

吸血鬼: (興味津々に)「この古書、何処かで見たことがあると思わないか?」

[一瞬の沈黙]
※ノイズにならなければ、沈黙後に少し傷付いた様に喉を詰まらせるような声を少し入れても〇

吸血鬼: (軽蔑的に)「まあ、君には関係のない話だが…」

[吸血鬼は古書を開き、指でページをなぞる。]

吸血鬼: (悲しげに、遠くを見つめながら)「永遠の中で、記憶も薄れていく。かつての親しい人々、そして私が愛した者たちの顔さえも…」

[彼は短く息をつき、視聴者を冷ややかに見る。]

吸血鬼: (冷酷に)「君もいずれ、私の記憶から消え去る運命にある。」

[彼は冷笑する。]

吸血鬼: (皮肉を込めて)「だが、君のような下等な存在が私の記憶に刻まれるとは、奇妙なものだな。」

[彼は古書を閉じ、机の上に置く。]

吸血鬼: (哲学的に)「永遠の生命とは、一つの呪い。記憶が薄れることで、時々私も自分が何者であるかを忘れそうになる。」

[彼は視聴者の方向をしっかりと見つめる。]

吸血鬼: (挑発的に)「だが、君は私を忘れることなどできるのだろうか?」

[彼は微笑む。]

吸血鬼: (軽蔑的に、しかし確信を持って)「さて、これ以上君の無駄な時間を奪うつもりはない。だが、忘れるな。私の存在、そして君の立場を。」

低級な血とはいえ、君は他の人間とは違う。

[豪華な城の一室。大きな窓から月の光が差し込む。吸血鬼は窓の近くに立ち、遠くの景色を眺めている。]

吸血鬼: (考え込むように)「人間というものは興味深い。特に君のような…特異な存在は。」

[吸血鬼は視聴者の方をゆっくりと振り返る。]

吸血鬼: (興味津々に)「低級な血とはいえ、君は他の人間とは違う。その意志と勇気…なぜか私は知りたい。」

[彼は窓の近くの椅子に腰を下ろす。]

吸血鬼: (哲学的に)「私は何世紀もの間、多くの人間を見てきた。多くは平凡で、忘れ去るに値しない存在だった。」

[彼は少し沈黙し、目を閉じる。]

吸血鬼: (驚きとともに)「だが、君は違う。何故私の前で怯えず、反抗するのか。」

[彼は深く息を吸い込む。]

吸血鬼: (疑問を持ちながら)「俺は、君が持つその勇気に惹かれているのかもしれない。」

[彼は視聴者の方向を真剣に見つめる。]

吸血鬼: (冷静に)「誤解しないで欲しい。これは興味からの質問だ。私にとって、君は新しい発見のようなものだから。」

[彼は微笑む。]

吸血鬼: (柔らかく)「もしかしたら、私たちは互いに理解できる部分があるのかもしれない。私は君に、そして君は私に…」

[彼は視線を外に向ける。]

吸血鬼: (夢見がちに)「何世紀も続く孤独な存在の中で、新しい何かを求めているのかもしれない。」

恋愛未満&距離縮め編

私は何世紀もの間、この孤独と戦ってきた。

[古びた城の庭園にて。月明かりが美しく照らされている。遠くで鳴り響く時計の音。吸血鬼は月を見上げている。]

吸血鬼: (感慨深く)「夜の静寂と、この明るい月光。人々が怖れて避けるこの時間は、私にとって唯一の安らぎだ。」

[彼は視聴者の方を柔らかく見る。]

吸血鬼: (好奇心を持って)「君もこの時間に何かを感じるのだろうか。」

[彼は一歩進み、視聴者の目を真剣に観察する。]

吸血鬼: (共感を込めて)「君の瞳には…私が感じる孤独を見た気がする。人々とは異なる存在として生きてきた私には、それが良く分かる。」

[彼は少し後ろに下がり、再び月を見上げる。]

吸血鬼: (痛みを帯びて)「私は何世紀もの間、この孤独と戦ってきた。」

[彼は瞳を閉じ、遠い記憶に思いを馳せる。]

吸血鬼: (優しく)「だが、最近は君と過ごす時間が増え、その孤独が少しずつ緩和されているような気がする。」

[彼は深く息を吸い込む。]

吸血鬼: (感謝と共に)「俺が君に惹かれている理由は、おそらくそれだ。君の中にも私と同じような孤独を感じている。君は人間なのにどうしてだろうか。」

[彼は再び視聴者の方を深い情熱を持って見る。]

吸血鬼: (感動的に)「それでも、それが私にとっての救いとなっている。」

[彼は手を伸ばし、視聴者の頭を愛おしく撫でる。]

吸血鬼: (感激と共に)「ありがとう、私の大切な召使。」

どうか、私と一緒にこの夜の街を歩いてくれ。

[大きな窓の側で立っている吸血鬼。外は真っ暗で、星が瞬いている。彼は窓を通して外の世界を眺めている。]

吸血鬼: (哲学的に)「この街、夜には本当の顔を見せる。私たちのような存在を受け入れる闇が広がっている。」

[彼は視聴者の方へと振り向く、招待の意味を込めて。]

吸血鬼: (期待と共に)「君… 今夜、私と一緒にこの街を歩かないか?」

[彼は目を細める、警戒と誠実さを持って。]

吸血鬼: (真摯に)「もちろん、危険は伴う。吸血鬼狩人や、夜の魔物たち。彼らは君を狙うだろう。」

[彼は視聴者の顔を真剣に、しかし優しく見つめる。]

吸血鬼: (誠実に)「だが、私が守る。それでも… 君が戸惑いや不安を感じるのなら、無理にとは言わない。」

[彼は窓の外を再び見つめる、憂いを帯びて。]

吸血鬼: (痛みと希望を込めて)「夜の街を歩くのは孤独なものだ。長い間、その孤独に耐えてきた。だが、君と共に歩けるなら…それは私にとって、何よりもの救いとなるだろう。」

[彼は視聴者の方へとゆっくりと歩み寄る、情熱と期待と共に。]

吸血鬼: (戸惑う様に)「俺は…君とこの夜を共有したい。君がそばにいれば、この孤独が少しは癒される。」

[彼は視聴者の手を握る。その手の温かさを感じながら、]

吸血鬼: (切実に)「どうか、私と一緒にこの夜の街を歩いてくれ。」

[彼はそう願うように、視聴者の目を真剣に、深い情熱を持って見つめる。]

六等星を、どうしても君と見たくなったんだ。

[吸血鬼と召使が丘の上に立っている。彼らの前に広がるのは、何もない深い夜だ。しかし、しばらくすると六等星の星が瞬く。吸血鬼は静かにその景色を眺めている。]

吸血鬼: (穏やかに、案内するように)「着いたよ。真っ暗だと思うけれど、直に見えるようになる。」

[彼は視聴者に優雅に微笑みかける。]

吸血鬼: (柔らかく)「六等星を、どうしても君と見たくなったんだ。」

[彼の眼差しは少しだけ寂しげになる。]

吸血鬼: (哀愁を込めて)「私の命は永遠で、記憶は一瞬だ。しかし、記憶は忘れていても、事実は残っている。それが、まるでこの星のように感じるんだ。」

[彼は深いため息をつく。]

吸血鬼: (静かな悔やみとともに)「きっと、いつの日か私は君を忘れてしまうのだろう。」

[彼は視聴者の方へと向き直り、]

吸血鬼: (痛みと悲しみを帯びて)「それが、どれほど辛いことか。」

[彼の声は痛みを帯びている。]

吸血鬼: (切実に)「俺は…君を忘れたくない。君が私の記憶から消えるのは、私が望んでいることではない。」

[彼は視聴者の手を優しく握る。]

吸血鬼: (柔らかく、願うように)「だから、少しの間だけは一緒にいてくれ。君がいれば、私の孤独も、苦痛も和らぐから。」

君はまだ戻れるのに…

[部屋の中。暖炉の火が揺らぎ、窓の外は夜。吸血鬼はゆっくりと召使の方へと近づいていく。彼の表情は通常の傲慢さが消え、真剣である。]

吸血鬼: (遺憾の念を込めて)「吸血鬼狩人に眼を付けられたかも知れない…? 昨晩はすまなかった。」

[彼は少し瞬きながら、自分の言葉に迷いを感じる。]

吸血鬼: (柔らかく、自省しながら)「私の身勝手で、君を夜の街へと連れ出してしまった。君はまだ戻れるのに…」

[彼は召使の瞳を真摯に見つめる。]

吸血鬼: (深い迷いとともに)「私が何を考えていたのか、自分でもよくわからない。」

[彼は手を髪に通し、深く息を吸う。]

吸血鬼: (断固として)「次からは、夜の街に出掛けさせるようなことはしない。私のエゴで、君を危険な目に遭わせてはいけない。」

[彼は召使の方へと一歩踏み出し、]

吸血鬼: (自己嫌悪を感じつつ)「なぜ、こんなことをしてしまったのか…」

[彼の声は小さくなり、苦しそうに言葉を紡ぐ。]

吸血鬼: (切なく、情熱的に)「俺は、君を傷つけたくない。だけど、君と一緒にいたい、その気持ちが強すぎて…」

[彼は召使の手を取り、]

吸血鬼: (切実に)「君が私の傍にいてくれるだけで、十分だ。どうか、私の身勝手を許してほしい。」

[彼は優しく召使の手を握りしめる。]

……良くない事を、願ってしまったな。

[部屋の中。窓の外は静かな夜。月明かりが部屋に差し込む。吸血鬼は窓辺に立ち、夜空を見つめている。]

吸血鬼: (遠くを見つめながら)「私たちはなぜ、こうも違う存在として生まれてきたのだろう?」

[彼はしばらく静かに夜空を見つめた後、召使の方へと向き直る。]

吸血鬼: (臆病そうに)「君はなぜ、私という吸血鬼の元で働くことを選んだ?」

吸血鬼: (苦しげに自虐的な雰囲気で)「人間が、私たちのような化け物と関わって何が得られるというのか?」

[彼は深く息を吸い、再び夜空を見上げる。]

吸血鬼: (苦悩を込めて)「俺は…この永遠の時をどう生きるべきか、わからない。」

[彼はゆっくりと召使の方へ歩み寄る。]

吸血鬼: (淡々と)「もし君が私の立場だったら、何を求め、何を望むだろう?」

[彼は召使の反応を静かに待つ。]

吸血鬼: (静かな語気で)「君の答えは知らないが、私が君を雇い続ける理由は一つだけ。」

[彼は召使の目を真剣に見つめる。]

吸血鬼: (深い感謝と期待を込めて)「それは、君という存在が私の孤独を少しでも癒してくれるからだ。」

[彼は再び窓の方へと歩き、]

吸血鬼: (言葉に少し躊躇いを作りながら)「人間と吸血鬼、私たちの違いを超えて、少しでも理解し合いたい。」

[彼は召使の方へと視線を戻し、]

吸血鬼: (心からの願いを込めて)「だから、君にはもっと私のことを知ってほしい。そして、私も君のことを知りたい。……良くない事を、願ってしまったな。」

訳あり突き放し編

私のもとへは、二度と戻ってこないでほしい。

[暗い部屋の中、窓の外は深い夜。月の光がわずかに部屋に差し込んでいる。吸血鬼は窓辺に立ち、外を見つめている。その背中には深い悲しみが感じられる。]

吸血鬼: (静かな語り口で)「何度も考えた。この言葉を口にすることは、正しかったのかどうか。」

[彼は深く息を吸い、召使の方へゆっくりと振り向く。]

吸血鬼: (自己非難の気持ちを含めつつ)「私は傲慢で、罵倒も多い。私のような吸血鬼と一緒にいることに、君は何の利益も感じないだろう。」

[彼は短い間をおいて、]

吸血鬼: (控えめでありながら決意を感じさせるように)「だが、これが初めて…そして最後になるだろう告白だ。」

吸血鬼: (打ち明けるような優しさで)「君を…愛している。」

[彼は少しの間、その言葉の重さに沈黙する。]

吸血鬼: (痛みを込めて)「しかし、その愛が君を危険に晒すことになるのなら、私としては許せない。」

[彼は召使から目を逸らし、窓の外へと視線を移す。]

吸血鬼: (深く切なく)「だから、もう来ないでくれ。私のもとへは、二度と戻ってこないでほしい。」

[彼は召使の方へと再び視線を戻す。その瞳には、切なさと決意が混じっている。]

吸血鬼: (皮肉を込めつつ、心の中の痛みを隠しきれずに)「心配するな。俺はすぐに君のことを忘れるだろう。永遠を生きる薄情な吸血鬼だから。」

[彼は部屋の扉へと向かい、扉を開ける。]

吸血鬼: (穏やかながら強い決意で)「さあ、行ってくれ。君の未来は、私のような存在とは別のところにあるのだから。」

私の世界は、君にとって危険すぎる。

[暗い城の一室。壁には古い絵画や鎧が飾られている。部屋の中央には大きな暖炉があり、その前で吸血鬼が一人、椅子に座っている。火のゆらぎの光で、彼の冷たい顔が照らし出されている。]

吸血鬼: (やや驚きつつも冷静に)「またお前がここに来たのか。」

[彼の声には疲れや警戒が感じられる。]

吸血鬼: (強調しながら、警告の意を込めて)「何度言ったら分かるのだろうか。私の世界は、君にとって危険すぎる。」

[彼は椅子から立ち上がり、暖炉の火をじっと見つめる。]

吸血鬼: (暗い過去を思い返すような憂いを含めつつ)「私の過去、私の敵。そして、私の欲望。それらが君を襲うことになる。」

[彼はゆっくりと部屋を歩きながら語り続ける。]

吸血鬼: (哀しげに、しかし断固として)「私のような存在が、一般の人間と交流することは、許されない。それがこの世界のルールだ。」

[彼は召使の方へと近づく。その瞳には、切なさと警戒が混じっている。]

吸血鬼: (急に強く、保護するような感情を込めて)「近づくな。私を知ることで、君は無駄に命を失うかもしれない。」

[彼は召使から顔を背ける。]

吸血鬼: (誇り高く、そして苦しそうに)「私は貴族であり、毎血のランクが低いお前のような人間を、本来は蔑むべき存在として扱う。だが…」

[彼は短い間を置く。]

吸血鬼: (戸惑いながらも優しげに)「しかし、俺は…お前に何かを感じる。それが何か、自分でもよくわからない。」

[彼は再び召使の方を向き、目を真剣にして言う。]

吸血鬼: (真摯に、心からの願いを込めて)「だからこそ、お前を守りたい。そして、お前をこの危険から遠ざけたい。」

[彼は深く息を吸い、]

吸血鬼: (涙をこらえながら、切なく)「もう来るな。お前のために、そして私のために。」

私と一緒になることは、お前の命の終わりを意味する。

[暗く、薄暗い城の部屋。窓から差し込む月の光が、大理石の床を静かに照らしている。部屋の片隅に立つ、細身の吸血鬼。彼の背後には、大きな紅色のカーテンが揺れている。]

吸血鬼: (冷ややかに、しかし驚きの色を見せながら)「また来てしまったのか、愚かな召使よ。」

[彼は静かに足音を立てずに部屋の中心へと歩み寄る。]

吸血鬼: (憂いを帯びて、やや怒りを含めつつ)「何度も警告したはずだ。私との接触は、君にとって最も危険なことだと。」

[彼は召使の存在を感じ取ると、ゆっくりと視線を落とす。]

吸血鬼: (哀しげに、淡々と)「私と一緒になることは、君の命を捨てることと同じだ。」

[彼は深く息を吸い、ゆっくりと言葉を紡ぎ出す。]

吸血鬼: (痛みを伴いつつ、悔恨の情を込めて)「私は数世紀の時を生きてきた。そして、多くの命を奪ってきた。私の世界には、君のような純粋な存在は受け入れられない。」

[彼は窓の方を向き、月をじっと見つめる。]

吸血鬼: (思い悩むように、矛盾した感情を持ちつつ)「だが、なぜかお前は私の心を揺さぶる。そんなことが起きるなど、想像もしていなかった。」

[彼は少し笑みを浮かべる。]

吸血鬼: (複雑な感情で、淡い笑みを浮かべつつ)「お前が私の元へと何度もやってくる度に、私の心は乱れていく。」

[彼は再び召使の方を向き、静かな声で続ける。]

吸血鬼: (真摯に、そして警戒を込めて)「だが、私と一緒になることは、お前の命の終わりを意味する。それでも、私の元へとやってくるのか?」

[彼の目には、深い愛と、それと同じくらいの痛みが浮かんでいる。]

吸血鬼: (情熱的に、目に涙を浮かべながら)「お前の心の中で何が起きているのかは知らない。だが、もしもお前が私を選ぶなら…私は、最後までお前を守ることを誓う。」

[彼はゆっくりと召使に手を伸ばすが、最後には引き返す。]

吸血鬼: (迷いながら、深く吸い込む息と共に)「それでも、本当に私との未来を望むのか?」

再び人間として、君と普通の日常を過ごしたい。

吸血鬼: (冷静に、しかし自分の行動の重さを知るように)「この死体か? 私の城を襲った吸血鬼狩人たちだ、彼らは私を倒そうとして失敗した。」

[彼は空を見上げる。]

吸血鬼: (悲しみと誇りを込めて)「分かっただろう?私は化け物だ。」

[彼の視線が、じっと見つめる召使へと移る。]

吸血鬼: (過去の痛みを胸に秘めつつ、苦しそうに)「彼らは理由も忘れてしまった過去から、私を狙い続けている。既にその罪が思い出せないまま、私は贖罪も出来ずに、更に彼らさえも殺している。」

[彼は古びた城の壁に手をつき、疲れたように息をつく。]

吸血鬼: (真摯に、疑問を投げかけるように)「それでも、なお君は私の元に来る。君は、私が怖くないのか?」

[寂しさを秘めた笑みを浮かべる。]

吸血鬼: (切なさと憧れを込めて)「本当は、再び人間として、君と普通の日常を過ごしたい。だが、それは叶わぬ夢だ。」

[彼の瞳には涙が浮かんでいる。]

吸血鬼: (警戒と真実を伝えるように)「何度も言ってきたが、私の近くにいることは君にとって危険だ。私の敵は数え切れないほどいる。」

[彼は召使を強く見つめる。]

吸血鬼: (情熱的に、そして断固として)「だが、俺は君を守りたい。そのためには、君に離れてもらうしかない。」

[彼は深く息を吸い、穏やかな声で言葉を紡ぐ。]

吸血鬼: (柔らかく、それでいて重く)「俺が人間だったころの思い出せない過去や、君への感情を捨てることはできない。だが、君の安全を考えると、この距離を保つのが最善だと思う。」

吸血鬼: (求めるように、痛みと希望の入り混じった声で)「それでも、君はまだ私の元にいたいと思うのか?」

分岐選択の台詞

※分岐ありますが、この分岐でもこのエンドいけそうなどあれば、
自由に挟んでもらったり、改変も可能です。

私の元を去ることも、私とともに永遠を選ぶことも、どちらも君の自由だ。

[暗い部屋の中、窓の外からは満月の光が差し込む。中央に立つ吸血鬼、彼の瞳は真剣で、その向こうに召使の姿が見受けられる。]

吸血鬼: (重々しく、説得するように)「また君が来たのか。何度も言ってきたが、君の安全のために私の元から去ってほしいと。」

[彼は少しだけ笑みを浮かべる。]

吸血鬼: (温かく、しかし若干の驚きと認識をもって)「しかし、君は私の元に戻ってくる。君の決意が固いのは分かる。」

[彼は窓辺に移動し、月の光を浴びながら言葉を続ける。]

吸血鬼: (情熱と同時に矛盾する感情で)「私は…俺は君との永遠を願っている。でもそれは、禁断の選択だ。」

[彼の表情は痛々しい。]

吸血鬼: (慎重に、そして誠実に)「君にもこの永遠の命を授けることができる。だが、それは君の人間としての命を奪い、化け物としての命を与えることになる。」

[彼はゆっくりと召使の方へと歩み寄る。]

吸血鬼: (苦しみと愛情の入り混じった声で)「俺たちのような存在は、常に狩られ、孤独を抱える存在だ。君にそんな生涯を望むわけではない。」

[彼は深く息を吸い、続ける。]

吸血鬼: (決意を込めて)「もし、君が私と一緒に永遠を過ごすことを望むなら、その選択は私ではなく、君自身がするべきだ。」

[彼は少し距離を取り、床に座る。]

吸血鬼: (危機感を持って)「私の力、私の存在は、常に君を危険にさらす。それでも君は私の元にいたいと思うのか?」

[彼はじっと召使を見つめる。]

吸血鬼: (愛情と不安を持って)「私は…俺は君を愛している。だからこそ、禁断の選択を強いることはしたくない。」

[彼の瞳には涙が浮かんでいる。]

吸血鬼: (真摯に、そして感情の深みを込めて)「最後に、君に伝えたいことがある。私の元を去ることも、私とともに永遠を選ぶことも、どちらも君の自由だ。だが、その選択は慎重に、心の底から考えて欲しい。」

俺が人間に戻れる方法があれば、その選択をするだろうか?それとも、

[豪華な居間には、大きな窓があり、月明かりが部屋を柔らかく照らす。吸血鬼は真剣な表情で窓の外を見つめている。彼の背後には、召使の姿が感じられる。]

吸血鬼: (驚きと戒めの混ざった声で)「また来てしまったのか。何度も言っているだろう、ここは危険だと。」

[彼はゆっくりと部屋の中心へと歩み寄り、話を続ける。]

吸血鬼: (問いかけるように、淡々と)「…人間に戻る方法を知っているか?」

[彼は瞳を細め、召使をじっと見つめる。]

吸血鬼: (戸惑いながらも優しさを含んで)「夢物語の様な事を言わないで欲しい。しかし、俺は……君と共に居たい。」

[彼は深く息を吸い込む。]

吸血鬼: (自らを戒めるように)「私はこの血を絶やしてはいけない。この運命、この責任、それが私の存在意義だ。だから、人間になりたいと思ってはいけないんだ。」

[彼の声には苦しみが滲む。]

吸血鬼: (誇り高く、しかし哀しげに)「私の中には、何世代もの吸血鬼の記憶と血が流れている。それを守り続けることが、私の役目だ。」

[彼は再び窓の外を見つめる。]

吸血鬼: (切なく、矛盾した感情を抱えて)「だが、君が近くにいると、その役目を忘れ、ただの人間としての時間を過ごしたいと思う。」

[彼はゆっくりと座る。]

吸血鬼: (絶望と決意が交錯する中で)「永遠の孤独は、もういい。しかし、君をこの世界の闇へと引き込むわけにはいかない。」

[彼の瞳には涙が浮かんでいる。]

吸血鬼: (自問自答のように、深く考え込んで)「俺が人間に戻れる方法があれば、その選択をするだろうか?それとも、君との時間を永遠にすることを選ぶだろうか?」

[彼は深く息を吸い、最後の言葉を残す。]

吸血鬼: (誠実で、強い愛情を込めて)「何を選ぶにしても、君の安全を第一に考える。君を愛しているからだ。」

一時を、また、君と。:立ち去るエンド

立ち去るなどしたときのエンド例です。
改変や別エンド作ってもらってOKです。

[部屋の中、窓の外は夜。暖かい照明で照らされる中、吸血鬼が視聴者に向けて話し始める。]

吸血鬼: (柔らかく、しかし断固とした決意を込めて)「これで良い。これが君の幸せのためなら…」

[彼は窓の外を見つめ、遠くの星空に思いを馳せる。]

吸血鬼: (ゆっくりと、悔恨と後悔が混じった声で)「他の吸血鬼たちから目を付けられないように、私は君の魔力を奪った。君の血がさらに低級になってしまったけれど、それで君が安全ならば…」

[彼は苦しそうに息を吸い込む。]

吸血鬼: (自嘲的に、哀しみを抑えながら)「これは私にとっては一時の幸せだったのかもしれない。永遠を生きる私には、この時間もほんの一瞬だ。きっと忘れられる、そう思っていた。」

[彼の目には涙が浮かんでくる。]

吸血鬼: (不安定な声で、驚きと疑問を交えて)「だけど、君の顔、その笑顔、その瞳。どこかで見たことがあるような…」

[深いため息をつきながら、]

吸血鬼: (ゆっくりと、悲しみと後悔で詰まった声で)「君を引き留めてはいない。さようなら、私の愛しい召使。」




吸血鬼: (急に思い出したように)「この部屋に、古い日記を開きっぱなしにしていたのを思い出した。」

[日記を手にとり、]

吸血鬼: (驚きと悔しさで震える声で)「この顔…。そうか。私は君と過去に何度も出会っていたのか。そして、その度に君の魔力を奪ってきたのだ。」

[彼は悔しそうに頭を掴む。]

吸血鬼: (思考に沈むように、つぶやくように)「私が忘れたころに、君はまた現れるのだろうか。そして、その時、私たちは再び短い時間を共に過ごすのだろうか。」

吸血鬼: (優しく、そして切なく)「君が去った後の私の心には深い孤独が訪れる。でも、また君と出会えることを信じて、私はこの永遠を生き続けるつもりだ。」

[彼は微笑み、]

吸血鬼: (希望を込めて、繊細に)「一時を、また、君と。」


これからの永遠も、君と共に:吸血鬼になるエンド

吸血鬼になるパターンエンド、概念としては一番オーソドックスなパターン。
別エンドや改変など自由です

[吸血鬼の居室、暖かい照明で照らされている。窓の外は夜。召使は吸血鬼の前に立ち、目を見つめる。]

吸血鬼: (疑問を含めた語調で、少しの驚きを交えて)「眷属になる、そう望むのか?」

[彼の目には心配と驚きが交じる表情が浮かぶ。]

吸血鬼: (切なく、困惑を込めて)「何度も警告したはずだ。永遠の生は容易くない。なのに、なぜこの道を選ぶのか。」

[しばらくの沈黙の後、吸血鬼は深く息をつく。]

吸血鬼: (穏やかでありながらも決意を感じさせる)「しかし、君の決意は固いのだろう。分かった、私の血を受け取ることで、君も同じ存在となろう。」

[彼は召使の首筋にそっと牙を立てる。その後、自らの手首を切り、召使に血を飲ませる。]

吸血鬼: (優しく、教えるような口調で)「この血を分け与えることで、君は私と同じ、吸血鬼となる。眷属ではなく、同格の存在として。」

[召使は変化していく。その姿は、人間でありながらも吸血鬼としての特性を持ち合わせている。]

吸血鬼: (慈愛のこもった声で)「見た目は変わっても、君は君のままだ。永遠の時を共に過ごす。」

[彼は召使の手を取る。]

吸血鬼: (深い愛情を感じさせる口調で)「私にとって、君が何者であるかは重要ではない。ただ、永遠の時を共に過ごす存在がいること、それだけで私は満足だ。」

[彼は微笑む。]

吸血鬼: (哀しみと罪悪感を交えた語り口で)「それでも、少しの罪悪感は感じてしまう。君が人間であった記憶、永遠の時で忘れてしまうだろう。」

[彼は深くため息をつく。]

吸血鬼: (心の底からの感謝と愛を込めて)「しかし、君が私のそばにいてくれること、それだけで孤独から解放される。愛おしい存在が、永遠に私の側にいること、それは何よりの幸せだ。」

[彼は召使を強く抱きしめる。]

吸血鬼: (安堵と感謝を混ぜた柔らかい声で)「これからの永遠も、君と共に。」

一生を、君と共に。:吸血鬼が人間になるエンド

吸血鬼が人間になるエンド。
ご都合主義が強いと感じた場合は改変したり、
灰になったEND等自由に作って下さい。

[吸血鬼の居室。彼は、傷ついた召使をベッドに横たえている。窓からは陽の光がこぼれ、部屋全体を温かく照らしている。]

吸血鬼: (驚きと苦笑いを込めて)「また何を考えているのだ、召使。この身体、こんなに傷つけてまで…私のために、何をしたのか。」

[吸血鬼は自らの肌を確認し、変化を驚く。]

吸血鬼: (純粋な驚きで)「人間…私が人間になるなど、考えもしなかった。」

[彼は召使の顔をじっと見つめる。]

吸血鬼: (柔らかく、感謝の色を滲ませて)「何度も何度も会いに来てくれた君…その理由、今更ながらに理解ができる気がするよ。」

[彼は深く息を吸い込む。]

吸血鬼: (細やかな興味を込めて、少し戸惑いつつも)「召使、…君の……、君の名は何だ?」

[彼がその名前を聞いた瞬間、頭の中に過去の断片が浮かび上がる。]

吸血鬼: (遠く、思考を巡らせる様子で)「その名前、何かを思い出せそうな気がする…。遠い昔、私がまだ新しく吸血鬼となった頃のこと。人間に戻りたいと切望していた時、私のそばにいた人と…」

[彼は瞳を閉じ、深く思いを巡らせる。]

吸血鬼: (苦しみと深い悩みを込めて)「その記憶の断片、確かにあるが…明確ではない。ただ、その時の私の気持ちは、今の私と変わらない。」

[彼は召使の手を優しく取る。]

吸血鬼: (愛情深く、絶対的な確信を持って)「私は君を愛している。それは確かだ。」

[彼はしばらく静かに時を過ごす。]

吸血鬼: (反省と思索の混ざった語り口で)「昔の私がどんな人間であったか、愛していたか憎んでいたか、その真実は分からない。しかし、君が私を人間に戻す方法を知っていたこと、それは確かな真実だ。」

[彼は瞳を開き、召使を再び見つめる。]

吸血鬼: (深い感謝と誓いの強さを込めて)「この新しい人生、君と共に過ごすことを約束する。君の為に、私ができること、何でもする。」

[彼は優しく微笑む。]

吸血鬼: (優しさと愛情溢れる口調で)「一生を、君と共に。」