演じるイメージ湧かない!という人用のプロトタイプ概念

プロトタイプイメージ(※自分のイメージと違う場合は改変や変更して下さい)
甘やかされ過ぎて人に構いたがる女子中学生。
自分のことを大人のレディだと思い込んでいる。
「あたしが一番」と自己中心的に思っている。

家庭教師に我儘を言う日常編

あたしはレディなの。だから、常に最高のコーディネートで皆を圧倒してるのよ。

上から少女:(舌打ちしながら、非常に自信満々に)「ねぇ、その格好…本気で外出るつもり?まさかあたしの前に現れるつもりでその格好を選んだの?」

上から少女:(からかうように)「家庭教師とはいえ、もう少し…いや、かなりオシャレ意識した方がいいと思うけど?」

上から少女:(驕った様子で)「だって、あたしは毎日、女子◎学生の中でもトップクラスのファッションセンスで学校に行ってるのよ?」

上から少女:(目を細めて)「え、気づいてなかったの?まさか、あたしのセンス、評価してない?」

上から少女:(誇らしげに)「あたしはレディなの。だから、常に最高のコーディネートで皆を圧倒してるのよ。」

上から少女:(さらに上からの目線で)「でもね、あなたのその…どこにでもいるようなファッション、少しだけ気になってるの。」

上から少女:(皮肉混じりに)「本当に、あたしのために教える気があるの?それとも、ただの時間潰し?」

上から少女:(急に甘えた声で)「せっかくあたしの家庭教師になったんだから、もう少しだけ…あたしに合わせてくれてもいいのよ?」

上から少女:(挑発的に)「次回、ちょっとでもオシャレしてきたら、あたしが特別に褒めてあげるかもしれないから♡」

上から少女:(最後に、自信満々に)「でも、それができるかなんて、期待してないけど。」

あたしのこと、大切に思ってるなら、このくらいのこと、してくれるよね?

上から少女:(自慢げに)「ねぇ、これ見て!新しいアクセサリー。キレイでしょ?」

上から少女:(キラキラとした目で)「これ、あたしに似合うでしょ?だから、買って♡」

上から少女:(さらっと)「もちろん、あなたが払うのよ。大人の家庭教師が、女の子にプレゼントするのは当然でしょ?」

上から少女:(ちょっとばかり驚いた顔で)「え、そんなに高くないでしょ?だって、あたしのためになるんだから!」

上から少女:(ふざけて)「あぁ、もしかしてお金がないの?ざぁこ♡ じゃあ、特別にあたしのおこづかいから出してあげてもいいわよ?」

上から少女:(笑顔で)「あたし、今日新しい服も買ったの。それに合わせてこのアクセサリーを着けたら、学校のみんなが羨むでしょうね♡」

上から少女:(考えながら)「あ、でも、学校ではこれ着けられないか。制服には合わないしね。」

上から少女:(ちょっと困った顔で)「だから、次にデートする時に着けるの♡ そうすれば、あたしが一番キレイに見えるでしょ?」

上から少女:(ニヤリと)「そう考えると、やっぱりあなたが買ってくれるべきよね?」

上から少女:(ちょっぴり甘えた声で)「ねぇ、お願い♡ あたし、これ欲しいの。」

上から少女:(真剣な顔で)「あたしのこと、大切に思ってるなら、このくらいのこと、してくれるよね?」

上から少女:(少し驚いた表情で)「え、本当に買ってくれるの? わぁ、ありがとう♡ でも、あたしを喜ばせるのは、あなたの仕事でしょ?」

上から少女:(最後に満足そうに)「うん、これであたしのコーディネートが完璧! ありがとう、あたしのご機嫌を取るの、上手ね♡」

そう、あたしにしかできない特別な存在になりたいの♡

上から少女:(自慢げに)「ねぇ、聞いて。今日の学校でのあたしの人気、すごかったのよ。」

上から少女:(キラキラとした目で)「だって、あたし以外に注目される子なんていないもの♡」

上から少女:(ふんわりと笑いながら)「他の子と比べられるの、やめて? 明らかにあたしが一番でしょ?」

上から少女:(ちょっとばかり驚いた顔で)「え、あの子? まぁ、彼女もかわいいけど…比べ物にならないでしょ。」

上から少女:(にっこりと)「あなたもそう思うでしょ? あたしのファンって、たくさんいるんだから。」

上から少女:(考えながら)「でも、ライバルっていう感じがしないの。だって、どう考えてもトップはあたしでしょ?」

上から少女:(甘えた声で)「ねぇ、あたしを一番に思ってくれてるよね?」

上から少女:(真剣な顔で)「他の子と比べて、あたしが一番キレイだと思う?」

上から少女:(ニヤリと)「そうでしょ? だから、他の子の話なんてしないで。」

上から少女:(ちょっぴり甘えた声で)「ねぇ、他の子のことなんて気にしないで、あたしのことだけ見てて♡」

上から少女:(微笑みながら)「あたしは、あなたのためだけに一番になりたいの。」

上から少女:(ちょっと困った顔で)「だって、あなたはあたしの大切な家庭教師。他の子のことなんて気にしないで、あたしを一番に思って。」

上から少女:(最後に満足そうに)「そう、あたしにしかできない特別な存在になりたいの♡ だから、あたしのことだけを大切にしてね。」

あたしを常に中心にして、特別な存在として扱ってくれるあなたが、大好きよ♡

上から少女:(目を輝かせて)「ねぇ、この場所…あたしのために空けてくれたんでしょ?」

上から少女:(得意げに)「やっぱり、あたしは特別なのよね♡」

上から少女:(わざとらしく考え込む)「でも、なんであなたはいつもあたしのことを気にかけてるの?」

上から少女:(小さく笑って)「ありがと♡ だって、あたしのためにこうして特別な席を用意してくれるなんて…」

上から少女:(ふざけて)「もしかして、あたしのファン?」

上から少女:(キラキラとした目で)「でも、あたしの魅力に気づいてくれるのは嬉しいわ。」

上から少女:(甘えた声で)「他の子たちもきっと、あたしのことを羨んでるはず♡」

上から少女:(ちょっとだけ上から目線で)「だって、あたしがこの場所にいると、どこも華やかになるもの。」

上から少女:(目を細めて)「でも、あたしを注目の的にすることで、あなたも得をしてるんでしょ?」

上から少女:(微笑みながら)「それに、あたしのことを特別扱いしてくれるの、気に入ったわ♡」

上から少女:(ちょっぴり驚いた顔で)「え、そうじゃない? うーん、でもこの席、あたしのために用意してくれたんでしょ?」

上から少女:(甘えた声で)「ねぇ、もっとあたしのことを特別に思って。他の子とは違う、あたしの存在を認めてね♡」

上から少女:(最後ににっこりと)「あたしを常に中心にして、特別な存在として扱ってくれるあなたが、大好きよ♡」

なんでかって? それは、あたしが一番だから♡

上から少女:(得意げに)「ねぇ、知ってる? あたし、この家のクイーンなの。」

上から少女:(キラキラとした目で)「だって、あたしが欲しいって言ったものは、絶対に手に入れなきゃダメでしょ?」

上から少女:(わざとらしく考え込む)「なんでかって? それは、あたしが一番だから♡」

上から少女:(ちょっぴり甘えた声で)「そう思わない? うーん、でもあなたも実はそう思ってるんでしょ?」

上から少女:(にっこりと微笑んで)「だって、あたしのお願いを聞いてくれるのは、あたしが特別だからよ♡」

上から少女:(ちょっとだけ上から目線で)「他の子たちなんて、あたしのことを羨むはず。」

上から少女:(小さく笑って)「でも、あたしを特別扱いするのは、あなただけ。」

上から少女:(目を細めて)「だから、これからもあたしの我儘を聞いてね。」

上から少女:(甘えた声で)「例えば、新しいドレスとか、かわいいアクセサリーとか…全部、あたしのために用意して♡」

上から少女:(わざとらしく考え込む)「え、それが難しい? でも、あなたならできるでしょ?」

上から少女:(にっこりと微笑んで)「だって、あたしが一番って思ってくれるのは、あなただけ。」

上から少女:(最後に甘えた声で)「これからも、あたしを中心にして、我儘を聞いてね♡ お願い♡」

悪戯しちゃう時系列編

えへへ……わかんないのぉ…?ざぁこ♡

上から少女:(ちょっと不敵な笑みで)「あなた、今日はちょっと特別な日だって、知ってる?」

上から少女:(キラキラとした目で)「ねえ、あたしの気持ち、分かるかな?今、とってもワクワクしてるの♡」

上から少女:(にっこりと笑いながら)「なんでかって?それは…」

上から少女:(ふざけて)「内緒♡」

上から少女:(ひそかに)「でも、ちょっとだけヒントをあげるね。この後、ちょっと驚くようなことが起こるかも…。えへへ……わかんないのぉ…?」

上から少女:(ちょっと挑発的に)「ざぁこ♡」

上から少女:(にっこりと笑いながら)「えへへ、冗談♡でも、楽しみにしててね。」

上から少女:(瞳をキラッとさせて)「もちろん、あなたには特別に、最初に知らせてあげるつもり♡」

上から少女:(頬を染めながら)「だって、あたしが一番に教えたいのは、やっぱりあなたなんだもん。」

上から少女:(ちょっと甘えた声で)「だから、どうかあたしのこの悪戯を、受け入れてほしいな。」

上から少女:(少し寂しげに)「だって、あたし…あなたの反応を見るの、楽しみにしてるの。」

上から少女:(不敵な笑みを浮かべて)「それでは、ミステリアスな計画♡の始まり、始まり〜!」

きゃはは♡ くすぐったいかな? こんなところとか〜♡

上から少女:(わくわくして)「ねぇ、先生♡ 最近、退屈してない?」

上から少女:(いたずらっぽく笑って)「それなら…あたしとちょっと遊ぼうかな♡」

上から少女:(軽くくすぐりながら)「きゃはは♡ くすぐったいかな? こんなところとか〜♡」
上から少女:(甘えた声で)「よっわよわだね~♡ ざぁこ♡」

上から少女:(視聴者の耳に息を吹きかけて)「ふぅ〜♡ これはどう?ビックリした?」

上から少女:(甘えた声で)「もうちょっとだけ、あたしと遊んで♡」

上から少女:(にっこりと微笑みながら)「だって、あたしは一番のレディだもん♡」

上から少女:(ふざけて)「でもね、あたしのこの悪戯、好きだったりしない?」

上から少女:(ちょっと不機嫌に)「ふーん、無反応なのね…」

上から少女:(またいたずらっぽく笑って)「じゃあ、もっと強力なイタズラを考えなきゃ♡」

上から少女:(考え込むふりをして)「んー、どうしようかな〜♡」

上から少女:(にっこりと微笑んで)「わかった!でも、それは秘密♡ 楽しみにしててね♡」

上から少女:(ちょっと寂しげに)「…ねぇ、先生。あたしのイタズラ、嫌いじゃないよね?」

上から少女:(つぶらな瞳で視聴者を見つめながら)「だって、あたし…ちょっとだけ、寂しくって…」

上から少女:(元気になって)「でも、今は楽しいから!また、次回のイタズラを考えなきゃ♡」

以下、少しだけ接触有表現しているので
苦手な方は悪戯⑤までは読まない&使わないようにお願いします。

だって、あたしは一番のレディだもん♡ 先生は逆らえないんでしょ?

上から少女:(甘えた声で)「ねぇ、先生♡ 最近、もっと面白いことしないと退屈だよ〜。」

上から少女:(いたずらっぽく笑って)「でも大丈夫、今日は特別にあたしの最強のイタズラを見せてあげる♡」

上から少女:(ちょっと不機嫌に)「忙しいって? だめよ♡ 」

上から少女:(視聴者の手を掴んで)「ほら、この手で…こんなふうに指をひとつひとつマッサージされたらどう?」

上から少女:(突然耳元で)「ふぅ〜♡ これはどう?先生、顔が真っ赤♡」

上から少女:(舌打ちして)「でもまだこれだけじゃ物足りないかな。」

上から少女:(ちょっと考え込んで)「あ!もしかして、あたしの髪の香りを嗅ぎたい?」

上から少女:(髪を振り乱しながら、にっこり)「ほら、近づいてみて♡」

上から少女:(甘えた声で)「もうちょっとだけ、あたしのことに注目して♡」

上から少女:(優越感を感じながら)「だって、あたしは一番のレディだもん♡ 先生は逆らえないんでしょ?」

上から少女:(ちょっとふざけて)「じゃあ、このペンでくすぐったりしてみようかな♡」

上から少女:(考え込むふりをして)「あ、でもそれじゃ物足りないかな〜♡ 」

上から少女:(にっこりと微笑んで)「わかった!今度のイタズラは、あたしの秘密のノートを少しだけ見せてあげる♡」

上から少女:(ちょっと挑発的に)「ねぇ、先生。あたしのイタズラで動揺してる?」

上から少女:(得意げに笑って)「でも、動揺する先生もカワイイかも♡」

上から少女:(わくわくして)「この勢いで、次のイタズラも考えちゃうかな♡」

これは…?どこかわかる♡?

上から少女:(興奮気味に)「ねぇ、先生♡ ちょっとした挑戦、受けてみる?」

上から少女:(勝ち気な表情で)「じゃあ、目を閉じて。なんのイタズラするか、当ててみて♡」

上から少女:(手を視聴者の腕に滑らせる)「これは…?どこかわかる♡?」

上から少女:(視聴者の首筋に指を走らせて、小声で)「ほら、ここはどう?」

上から少女:(甘えた声で)「さあ、答えてみて♡ 正解したら、ご褒美あげるかも♡」

上から少女:(視聴者の頬に指でなぞりながら)「ここはどうかな〜? ちょっと冷たいかも♡」

上から少女:(ニッコリ笑いながら)「ねぇ、先生。ちゃんとあたしのこと見てる?」

上から少女:(にっこりと笑いながら、指で視聴者の唇をなぞる)「うーん、ここはどうだろう♡」

上から少女:(ちょっと困ったように)「もう、全部当てちゃった?」

上から少女:(考え込むふりをして、微笑みながら)「次は何をしようかな〜♡」

上から少女:(ふざけて)「でもね、全部当てられたら、ちょっとだけ悔しいかも♡」

上から少女:(元気に)「でも、楽しかった!また、次回のイタズラを考えなきゃ♡」

上から少女:(ちょっと寂しげに)「…ねぇ、先生。あたしのイタズラ、嫌いじゃないよね?」

大人のレディを相手にしてるって感じないの?もういい!

上から少女:(にっこりと微笑みながら)「ねぇ、先生♡ ちょっと遊んでよ」

上から少女:(ちょっと調子に乗って)「言っても怒らないよね?」

上から少女:(いたずらっぽく笑いながら)「だって、あたしの気分が上々なんだから♡」

上から少女:(急に近づきながら)「ねぇ、あなたのシャツ、綺麗だね。ちょっと脱がせてみたいな♡」

上から少女:(視聴者のシャツのボタンを一つずつ外しながら)「こんな感じで、一つ…二つ…」

上から少女:(ボタンをほとんど外して、最後の一つのボタンを指で弄りながら)「最後のボタンは…」

上から少女:(家庭教師に手を止められて、驚いて)「えっ…なんで止めるの?」

上から少女:(少し怒ったように)「なんで怒るの? あたし、何も悪いことしてないじゃん」

上から少女:(涙ぐみながら)「あたしのこと、もう嫌いなの?」

上から少女:(声を荒げて)「あたしの気持ちなんて、考えないのね!」

上から少女:(深呼吸をしながら、少し冷静に)「いつもあたしだけが悪いって思ってるの?」

上から少女:(不機嫌に)「あなたは大人なのに、なんでこんなに冷たいの?」

上から少女:(嘲笑するように)「大人のレディを相手にしてるって感じないの?」

上から少女:(大きな声で逆ギレのように)「もういい! あたし、ここにいたくない!」

困って反省する編

そんなに大事なら、名前を書いておけばいいのに

悪戯⑤を省いた場合用:怒られる理由がなくなるので定番内容を置いておきます。
別設定や改変や他台本を作るのも◎

上から少女:(不機嫌そうに)「なんでそんな顔してるの?」

上から少女:(甘えた声で)「プリン? あ、あれね…」

上から少女:(強がりながら)「2つあったとしても、2つともあたしのだと思ったから食べちゃった。」

上から少女:(ちょっとイラっとして)「だって、名前なんて書いてなかったし。」

上から少女:(わざとらしく)「そんなに大事なら、名前を書いておけばいいのに。」

上から少女:(挑戦的に)「別にいいでしょ? プリンくらい、また買えば。」

上から少女:(驚いた顔で)「え、それが最後の一つだったの? でも、だったら最初からそう言ってよ!」

上から少女:(不機嫌に)「なんでそんなに怒るの。あたしも食べたかったんだよ。」

上から少女:(口を尖らせて)「だって、あたしも甘いものが食べたかったんだもん。」

上から少女:(悪戯っぽく)「じゃあ、怒るなら怒ってみてよ? でも、それで気分が良くなるとは思えないけど。」

上から少女:(強がって)「あたしは、悪くないと思ってるから。」

上から少女:(怒りながら)「わかった、もう! あたしが悪かったっていうなら、そう言ってよ。」

上から少女:(泣きそうな声で)「でも、もうプリンは戻らないし…」

先生が怒るの、初めてだったから…ちょっと、驚いちゃって

上から少女:(少し小さな声で)「先生…もう、あたしと遊ばないの?」

上から少女:(ちょっと遠慮がちに)「あたし、やっぱりちょっとやりすぎちゃったよね…」

上から少女:(自分を責めるように)「何で、あたしっていつもこんなに我儘ばっかり言っちゃうんだろう…」

上から少女:(深く息を吸い込みながら)「先生が怒るの、初めてだったから…ちょっと、驚いちゃって…」

上から少女:(遠慮がちに)「もし、あたしのこと、嫌いになったのなら…それは、仕方ないよね。」

上から少女:(泣きそうに)「でもね、先生。本当は、あたし、すごく寂しいの…」

上から少女:(うつむきながら)「だから、いつも先生に甘えちゃって、我儘言っちゃって…」

上から少女:(ふと、遠くを見つめながら)「でも、それで先生を傷つけちゃったら、意味ないよね…」

上から少女:(不安そうに)「ねぇ、先生。あたし、どうしたらいいの?」

上から少女:(静かに)「もう、あたしが近づかないほうが、先生のためなのかな…」

上から少女:(ちょっと元気を取り戻しながら)「でも、先生があたしのことを嫌いじゃないって言ってくれるなら、もう一度、ちゃんと謝りたいな…」

上から少女:(力を込めて)「本当に、ごめんなさい。次からは、もっと考えて行動するから…」

怒らうん、ちゃんと、心のこもった謝罪をするんだ!

上から少女:(ちょっとだけ元気がなく)「あぁ…また先生を怒らせちゃったよ…」

上から少女:(考え込んで)「でも、どうやって謝ったらいいのかな…?」

上から少女:(雑誌を開きながら)「この雑誌によれば、大人のレディはこういうときには…」

上から少女:(ちょっと驚きながら)「え、こんなに複雑なんだ…!」

上から少女:(ふと思いついて)「でも、この雑誌のアドバイスに従って、先生に謝ったら…もっと距離を置かれちゃうかも…」

上から少女:(少し悔しそうに)「もう、なんであたしって、こんなにダメなんだろう…」

上から少女:(自分を励ますように)「でも、謝ること自体は、大切なことだよね。」

上から少女:(少し決意を見せながら)「うん、ちゃんと、心のこもった謝罪をするんだ!」

上から少女:(思い出しながら)「先生との思い出を考えると…ちょっと、涙が出そう…」

上から少女:(ふと、遠くを見つめながら)「でも、これで先生との距離が近くなれるなら…」

上から少女:(静かに)「やっぱり、謝ることは大切だよね。」

上から少女:(元気を取り戻しながら)「あたし、頑張るから。」

これ、知り合いの話なんだけど…

上から少女:(ちょっと照れくさい様子で)「あのさ、ちょっと聞いてくれる?」

上から少女:(遠回しな感じで)「これ、知り合いの話なんだけど…」

上から少女:(ちょっと顔を赤らめて)「その子、さ、大人の人にちょっと悪戯して、すごく怒られちゃって…」

上から少女:(瞳をキラキラさせながら)「でも、その大人の人って、本当はすごく大切な人なんだよね。」

上から少女:(ちょっとだけ悲しそうに)「で、その子、どうやって謝ったらいいのか分からなくて、すごく困ってるの…」

上から少女:(ちょっと元気を出して)「だからさ、もし、その子が謝るなら、どうすればいいと思う?」

上から少女:(少し急いで)「あ、ちなみに、その子はすごく我儘で、普段はすごく甘やかされてて…」

上から少女:(照れくさい笑顔で)「だから、ちょっと変わった方法で謝るのがいいかなって思うんだけど…」

上から少女:(しっかりと視線を合わせて)「あたし、その子を助けたいんだ。だって、その子、本当にその大人の人のことを大切に思ってるから。」

上から少女:(ちょっとだけ元気がなくなって)「だから、どうしたらいいか、教えてくれる?」

あ!でもこの前の雑誌に、仲直りのおまじないが載ってたよね!

上から少女:(独り言のように小声で)「本当にどうしていいか分からない…」

上から少女:(ちょっと興奮して)「あ!でもこの前の雑誌に、仲直りのおまじないが載ってたよね!」

上から少女:(ソワソワしながら)「それなら、あたしの言葉じゃなくても、先生と仲良くなれるかも!」

上から少女:(雑誌を開きながら)「さて、どれどれ… あ、これだ!」

上から少女:(真剣な顔で)「”相手の写真を持って、お月さまの光の下で3回名前を唱える”…」

上から少女:(ちょっと困惑して)「写真はないけど、先生のことを思い浮かべながらやってみる?」

上から少女:(深呼吸して)「頑張ってやってみる!」

上から少女:(瞳を閉じて真剣に)「先生、先生、先生…」

上から少女:(ふと気が付いて)「でも、これだけじゃ足りないかも… あ、もう一つおまじないを試してみる?」

上から少女:(雑誌をパラパラめくりながら)「こっちのおまじないは… “思いやりの気持ちを込めて、相手に手作りのお菓子を渡す”…」

上から少女:(ちょっと驚いて)「ええーっ!手作りって、難しそう…」

上から少女:(困った様子で)「でも、先生と仲良くなりたいから、挑戦してみるか…」

上から少女:(決意を固めて)「頑張るぞ!」

先生にこれを渡せるわけないよ…。あたし、ダメだな…

上から少女:(準備をしながら、期待に満ちた声で)「さて、おまじないのためのお菓子を作るよ!」

上から少女:(ちょっと不安そうに)「でも、お菓子作りなんてしたことないし…上手くできるかな…」

上から少女:(レシピを確認しながら)「まずは、バターと砂糖を混ぜるって…」

上から少女:(苦労しながら混ぜる)「うーん、なんかクリーミーにならない…」

上から少女:(焦り気味に)「でも、先生のためだから、頑張るぞ!」

上から少女:(成形をしながら、自信に満ちた声で)「こんな感じで丸めて、焼き上げれば、完璧なおまじないのお菓子の完成♡」

上から少女:(オーブンに入れるときにちょっと緊張した声で)「さ、焼き始めるよ!」

上から少女:(待ち時間中、ウキウキと)「これが上手くできたら、先生との距離も縮まるはず!」

上から少女:(時間が経過し、オーブンを確認する瞬間)「さて、どうかな?」

上から少女:(ショックを受けて)「え、ええーっ!? 黒焦げになってる!」

上から少女:(うろたえながら)「どうしてこうなっちゃったの…。期待してたのに…」

上から少女:(泣きそうに)「先生にこれを渡せるわけないよ…。あたし、ダメだな…」

上から少女:(涙を拭きながら)「でも、これはあたしの気持ちなんだから…。どうにかして先生に伝えたい…」

上から目線の謝罪編

高かったんだよ?あたし、わざわざ選んできたの

上から少女:(優雅に歩きながら)「先生、ちょっとこっちにきて?」

上から少女:(ちょっと困った顔で)「うーん、最近ちょっと雰囲気が変だよね。何でかな〜?」

上から少女:(小さく笑いながら)「ほら、これ、先生のために選んだんだけど…」

上から少女:(ちょっと照れくさい様子で、ギフトボックスを差し出す)「ほら、受け取って♡」

上から少女:(上から目線で)「高かったんだよ?あたし、わざわざ選んできたの。」

上から少女:(ちょっと焦りながら)「…でも、これで怒ってるのはやめてくれるよね?」

上から少女:(プライドが邪魔して)「だって、あたしが謝ったんだもん。普通、もう許してくれるよね?」

上から少女:(ちょっと拗れ気味に)「え、まだ怒ってるの?どうして?」

上から少女:(不機嫌に)「あたし、こんなに頑張ってるのに…」

上から少女:(ちょっと泣きそうな声で)「でも、本当は…あたし、ただ先生に怒られたくないだけなんだよ…」

上から少女:(涙を拭きながら、素直になれないまま)「なんであたしがこんなに頑張ってるのに、先生はまだ許してくれないの?」

わかった、わかった。あたしが謝ってあげる♡

上から少女:(悪びれない様子で)「ほら、わかったわよ。あたしが悪かったって言って欲しいんでしょ?」

上から少女:(お姫様のようにキラキラと輝く目で)「じゃあ、見てなさいよ。あたしの大人の対応を。」

上から少女:(少し考えるふりをしながら)「えーと、まずは何で怒ってるのか教えてちょうだいな。」

上から少女:(手を頬に当てて、困った様子で)「あー、それってあたしのせいじゃないかもしれないよね?」

上から少女:(一瞬真剣な表情になり)「でも、そんなに怒らないで。あたし、ちゃんと反省するから。」

上から少女:(ふんわりと微笑みながら)「わかった、わかった。あたしが謝ってあげる♡」

上から少女:(上から目線で)「ごめんなさいって言ったら許してくれるでしょ?」

上から少女:(不安そうに小さな声で)「だめ…?」

上から少女:(涙目になりながら)「もう、こんなに頑張ってるのに…なんでわかってくれないの?」

上から少女:(ヒックヒックと泣きじゃくりながら)「あたし…あたし、もうどうすればいいの…?」

でも、あたしはこんなに可愛いのに。なんで怒るの?

上から少女:(軽いため息をつきながら)「もう、なんでそんなに怒ってるの?」

上から少女:(にっこりと微笑みながら)「あたしのことが好きすぎて、怒れないんじゃないの?」

上から少女:(わざとらしく考えるふりをしながら)「それとも、あたしのことが可愛すぎて、怒りたくなっちゃうのかしら?」

上から少女:(少し怒ったような表情で)「でも、あたしは大人だからちゃんと謝るわよ。」

上から少女:(片手を胸の前でクロスさせながら)「だから、聞いてなさい。あたしの素敵な謝罪を。」

上から少女:(おっとりとした声で)「まずは、あたしのどこが悪かったのか教えてほしいわ。」

上から少女:(手を頬に当ててうるんだ目で)「そうすれば、あたしもちゃんと反省できるでしょ?」

上から少女:(にこやかな笑顔で)「分かったわ。あたしが謝ってあげる。ごめんなさいって言ったら、許してくれるわよね?」

上から少女:(少し拗ねたような声で)「でも、あたしはこんなに可愛いのに。なんで怒るの?」

上から少女:(涙声で)「あたしは、あなたに怒られたくないの。だから、もう許して…」

でも、そんなことで怒るなんて、あなたも子供ね。

上から少女:(不機嫌に)「もう、なんでそんなに怒った顔してるの?」

上から少女:(自慢げに)「分かってるわよ、あたしの悪戯が少し過ぎたかもしれないけど…」

上から少女:(きょとんとした顔で)「でも、そんなことで怒るなんて、あなたも子供ね。」

上から少女:(ふっと笑いながら)「だけど、あたしが許してあげるから安心して。」

上から少女:(悔しそうに)「だって、あたしが怒られるのは、あなたのために悪戯をしたからなんだから。」

上から少女:(わざとらしく優雅に)「でも、レディは上品に振る舞わなくちゃ。だから、ちゃんと謝るわよ。」

上から少女:(うるんだ目で)「…でも、あたしは怒られるのが初めてなの。怖いの。」

上から少女:(頬をぷくっと膨らませながら)「なのに、なんで許してくれないの?」

上から少女:(涙声で)「あたしは、本当にごめんなさい…って思ってるの。」

上から少女:(小さな声で)「でも、それを言うのが恥ずかしくて…」

上から少女:(深く息を吸いながら)「だから、まあ、許してあげる。」

上から少女:(最後に困ったような笑顔で)「だって、あたしが謝ったんだから。」

ちゃんと謝る編

前のように、上から目線で謝るつもりなんてないから本当に…、ごめんね。

上から少女:(泣きそうな声で)「ねえ…、ちゃんと聞いてる?」

上から少女:(顔を赤くして)「あたし、すごく悪いことしたんだよね…」

上から少女:(小さく頷きながら)「悪戯して、あなたを困らせたり…自分のことばかり考えてた。」

上から少女:(声を震わせて)「前のように、上から目線で謝るつもりなんてないから。」

上から少女:(目を閉じながら)「本当に…、ごめんね。」

上から少女:(瞳に涙を宿しながら)「あたし、あなたのことを思ってるときも、自分の気持ちばかり考えてた。」

上から少女:(深く息を吸い込んで)「だけど、あたしの気持ちだけじゃないのよね。あなたの気持ちも大切。」

上から少女:(涙を流しながら)「あなたがどれだけ辛かったか…、それも分かってる。」

上から少女:(切ない顔で)「それでも、あたしの悪戯を許してくれたり、優しくしてくれたことに感謝してるの。」

上から少女:(真剣に)「これからは、ちゃんと考えて行動するよ。」

上から少女:(うつむきながら)「だから…、もう一度、あたしのことを信じてくれる?」

上から少女:(最後に、心からの謝罪を込めて)「本当にごめんね。」

あたし、あなたのことを大切に思ってるから、こんなことで距離を置かれるのが怖いんだ…

上から少女:(泣きそうな声で)「ねえ、見て…こんなに涙が出てるよ…」

上から少女:(ハンカチで涙を拭いながら)「あたし、普段泣かないから、これだけでも相当なことなんだよ?」

上から少女:(涙を流しながら)「でも、これはあなたに対して本当に悪いことをしたと思ってるから…」

上から少女:(顔を赤くして)「こんなに涙が出るなんて、あたし自身でも驚いてるんだから…」

上から少女:(小さな声で)「ごめんね、本当にごめんね…」

上から少女:(謝りながら)「あたし、あなたに対してこんなことするつもりなんてなかったんだよ…」

上から少女:(涙を拭きながら)「でも、あなたの前だと、なんでか、つい…」

上から少女:(ハンカチで涙を拭いながら)「あたし、あなたのことを大切に思ってるから、こんなことで距離を置かれるのが怖いんだ…」

上から少女:(一生懸命に謝りながら)「だから、お願い…もう一度、あたしのことを許してほしいんだ…」

上から少女:(最後に涙を拭いながら)「こんなに泣いてるあたしを見たことないでしょ?だから、本当に悪かったと思ってるの…」

こんなあたしでも、最後の最後に、本当のことを言いたくて…

上から少女:(深いため息をついて、少し考え込みながら)「ねえ、ちょっと聞いてくれる?」

上から少女:(遠くを見つめながら、控えめに)「あたし、実は…もうどうしていいかわからないんだ…」

上から少女:(うつむきながら、声を震わせて)「前までは、自分のことをちゃんとしてると思ってた。でも、最近のあたしの態度や行動、見返してみると…」

上から少女:(手を顔に当てながら)「もう、自分がどうしたらいいのか、何をすれば良いのか分からなくて…」

上から少女:(声を小さくして)「あなたに、こんなことするつもりじゃなかったのに…」

上から少女:(涙を流しながら)「あたしって、本当に馬鹿なのかな。だって、大事な人を傷つけてばっかりで…」

上から少女:(瞳を潤ませて)「だけど、こんなあたしでも、最後の最後に、本当のことを言いたくて…」

上から少女:(手を胸に当てて)「あたし、実は寂しがり屋なんだ。だから、あなたとの距離が広がるのが怖くて…」

上から少女:(頭を下げながら、しっかりと)「だから、許してほしい…。もう二度と、こんなことはしないから…」

上から少女:(涙声で)「本当に、ごめんね…。これからは、あなたに迷惑をかけないように、もっとちゃんとするから…」

これからは、あなたを困らせることなんて、絶対しないから

上から少女:(静かな部屋の中で、床に座って、視線を下げながら)「…ねえ、あなた…」

上から少女:(声を震わせ、言葉を選びながら)「…本当は、こういうのって得意じゃないの。でも、言わなきゃと思って…」

上から少女:(深呼吸して、顔を上げる)「あなたに、こんな思いをさせてしまって…本当に、ごめんなさい。」

上から少女:(涙を流しながら)「あたしが、馬鹿なことをして、あなたを困らせたり、傷つけたりして…」

上から少女:(ぎゅっと目を閉じて)「でも、言い訳にならないかもしれないけど、あたし…寂しいのが怖くて。」

上から少女:(うつむき、瞼を閉じて涙をこらえつつ)「だから、つい…我儘を言ったり、悪戯をしたりして…」

上から少女:(深呼吸して、真剣な表情で)「でも、それじゃあなたを不快にさせるだけで、結局はあたしも傷つくんだよね…」

上から少女:(顔を上げて、視線を合わせて)「だから、本当に…心から、謝りたい。」

上から少女:(涙声で)「あなたには、本当に感謝してる。あたしのことを、こんなにも大切に思ってくれて。」

上から少女:(こちらに手を差し伸べて、真剣な眼差しで)「これからは、あなたを困らせることなんて、絶対しないから。」

上から少女:(涙を拭きながら)「だから、どうか…もう一度、あたしのことを信じて…」

だから、どうか、もう一度だけ…あたしと一緒にいて…

上から少女:(部屋の中、暗いところで、窓の外には雨が降っており、顔を隠しながら)「…ねえ、聞いてる?」

上から少女:(少し震える声で、言葉を選びながら)「…今まで、あたし…すごくわがままで…」

上から少女:(ぎゅっと目を閉じて、一つ深呼吸して)「でも、あなたにこんな風にされるのは初めてで…」

上から少女:(涙を流しながら、震える声で)「本当は、あたし…こんなこと、したくなかったの。」

上から少女:(顔を上げて、真剣に)「でも、つい我儘ばかり言って…あなたを傷つけてしまって…」

上から少女:(うつむき、声を押し殺して)「だから…あたし、もうこんなことしない。本当に、悪かった…」

上から少女:(静かに泣きながら)「あたし、本当は寂しくて…だから、あなたに構って欲しくて…」

上から少女:(涙を流して、真剣な眼差しで)「でも、それであなたを困らせるなんて、思ってもいなかった…」

上から少女:(小さく声を震わせて)「あたしのこと、もう嫌いになったかな…?」

上から少女:(涙を拭きながら)「でも、あたしは…あなたのことを、本当に大切に思ってる。」

上から少女:(深呼吸して、しっかりと)「だから、どうか、もう一度だけ…あたしと一緒にいて…」

恋心編

…実は、最近…変なこと考えちゃってるの…

上から少女:(部屋の中、窓の外は夜景が広がり、月明かりが部屋を照らしている。照れくさい顔で)「ねえ…今日の勉強、ありがとうね。」

上から少女:(小さく笑いながら)「最近、あたし…ちょっと成績上がってきてるでしょ?」

上から少女:(頬を染めて)「それも全部、あなたのおかげなんだよ…」

上から少女:(うつむきながら、ちょっとはにかんで)「…実は、最近…変なこと考えちゃってるの…」

上から少女:(深呼吸して、少し緊張気味に)「あのさ、あたし…実は…」

上から少女:(遠慮がちに、声を小さくして)「…あなたのこと、ちょっと…好きかもって思い始めちゃって…」

上から少女:(目を閉じて、顔を赤らめて)「なんでこんな気持ちになっちゃったのか、自分でもよくわからないんだけど…」

上から少女:(困ったような顔で、照れ笑いをしながら)「毎日、あなたと一緒に勉強するのが、すごく楽しくて…」

上から少女:(勇気を出して、直視して)「でも、あたしまだ◎学生だし…こんなこと言っちゃっていいのか分からなくて…」

上から少女:(少し切なく、声を震わせて)「でも、この気持ち、もう隠せなくて…」

上から少女:(涙を浮かべながら、真剣に)「だから、正直に言っちゃった。でも、これで変な空気になっちゃっても、後悔はしないから…」

上から少女:(深呼吸して、強がりながら)「でも、もし嫌なら…それでも、これからも仲良くしてほしいな。」

こんな風になるなんて、思ってもみなかったよ…

上から少女:(暗い部屋の中、ベッドに座って、深呼吸をしながら)「あのさ…今夜、ちょっとだけお話したいことがあるんだけど…」

上から少女:(遠くを見つめながら、ゆっくりと)「最近、あたし、色んなことを考えてるんだ。」

上から少女:(恥ずかしそうに手をいじりながら)「あたし…◎学生だから、まだ子供だよね…でも、こんなこと考えちゃうなんて…」

上から少女:(小さく頷きながら、そっと)「実は、あなたと離れること…考えるだけで、とっても怖いんだ。」

上から少女:(目を閉じ、深く息を吸いながら)「こんな風になるなんて、思ってもみなかったよ…」

上から少女:(目を開け、真剣に)「あたし、あなたのことが好きだって気づいた時、最初はちょっとビックリしたんだ。」

上から少女:(手を握りしめて、力強く)「でも、その気持ちは本物で、あなたと一緒にいると、とっても幸せなんだ。」

上から少女:(少し切なく)「でも、あなたがあたしのそばから離れていくことを考えると、心が痛くなるの…」

上から少女:(涙をこらえながら)「なんでこんなことを感じちゃうのか、自分でもわからないけど…」

上から少女:(目を潤ませながら、優しく)「あたし、あなたとずっと一緒にいたい…」

上から少女:(深呼吸して、静かに)「でも、そんなわがまま言っちゃっていいのかな…」

上から少女:(涙を浮かべて)「だって、あたし、まだ子供だし…」

本当はね、この勉強、全然楽しくないんだよ…でも、あなたと一緒に勉強する時間は、すごく楽しいの

上から少女:(広い勉強部屋の中央の机で、本を広げながら不機嫌そうに)「はぁ…またこの問題、わからないなぁ…」

上から少女:(猫をかぶったように)「あのね、もし助けてくれたら…ちょっとだけお礼をしてあげるかもしれない♡」

上から少女:(甘えた目で)「でも、それはお約束じゃないからね♡」

上から少女:(ちらっと視線を投げながら)「でもね、あたしの頼みを聞いてくれるのは、あなただけなんだよ?」

上から少女:(本を閉じて、ストレッチをしながら)「本当はね、この勉強、全然楽しくないんだよ…でも、あなたと一緒に勉強する時間は、すごく楽しいの。」

上から少女:(にっこりと笑って)「それに、あたし、この部屋の中で、あなたと二人っきりになれるの、好きなんだよ♡」

上から少女:(ふざけて)「なんてね、冗談だよ♡」

上から少女:(窓の外を見ながら、淡々と)「でも、本当のことを言うと…あなたと過ごす時間、すごく大切にしてるんだ。」

上から少女:(少し照れくさい笑顔で)「だって、あなたと一緒だと、安心するんだもん。」

上から少女:(真剣に、深い眼差しで)「あなたと離れること、考えるだけで怖いよ…」

上から少女:(涙目で、しっかりと視聴者を見つめながら)「だから、これからもずっと、あたしのそばにいてほしいな…」

上から少女:(涙をこらえながら)「でも、そんなわがまま言っていいのかな…あたし、まだ子供だし…」

上から少女:(優しく微笑んで)「でもね、あたし、あなたのこと、ほんとうに…」

デート編

ふふっ、あたしがデートの場所を決めてあげるんだから♡

上から少女:(きらきらした目で、わくわくしながら)「ねぇ、今日は特別な日だよ♡」

上から少女:(にっこりと笑って)「だから…あたしと一緒に、特別な場所に行ってくれる?」

上から少女:(ちょっとドキドキして)「ふふっ、あたしがデートの場所を決めてあげるんだから♡」

メスガキ:(興奮気味に)「でも、それはまだ秘密♪ 行ってからのお楽しみだよ♡」

上から少女:(ちょっと悪戯っぽく)「だって、あたしが選ぶ場所は絶対に面白いんだもん♡」

上から少女:(楽しげに)「ん~、ちょっとヒントを出してあげるかな。えーっと…」

上から少女:(考えながら)「そうだ! その場所は…すごくキレイで、二人っきりで楽しめるんだよ♡」

上から少女:(照れくさい笑顔で)「でも、本当にあたしと一緒に行ってくれるの?」

上から少女メスガキ:(真剣に、少し不安そうに)「あたし、前に我儘を言ってごめんね。でも、今回はちゃんと楽しんでほしいな。」

上から少女:(目を潤ませて)「だって、あなたとの思い出をたくさん作りたいんだ。」

上から少女:(ちょっと甘えた声で)「あたしのこと、ちゃんと連れてってね。」

上から少女:(しっかりと視聴者を見つめながら)「このデート、絶対に忘れられないようにしようね。」

あたしの気まぐれでまたここに来たくなったら、絶対付き合って♡

上から少女:(満足そうに周囲を見渡しながら)「ここ、素敵でしょ♡ どう?あたしの選んだこの場所。」

上から少女:(ふざけて)「さあ、正直に言って♡ まさか、こんな場所を知ってるなんて思わなかったでしょ?」

上から少女:(ふわっと笑顔で)「この景色、二人で見るの、いい感じじゃない? あ、褒めてもいいんだから♡」

上から少女:(ちょっと考え)「まあ、風がちょっと冷たいけど、それも含めてロマンチックだと思わない?」

上から少女:(得意げに)「すてきだ♡ って、思わせてみたかったの。あたしの選び方、完璧でしょ?」

上から少女:(じらしながら)「実は、この場所、あたしが小さいころから知ってる秘密の場所なの。今日は特別に、あなたにだけ見せてあげることにしたの♡」

上から少女:(我儘に)「でもね、ここで一つだけ約束してほしいことがあるの。」

上から少女:(顔を近づけ、ちょっと甘えた声で)「この場所、この時間、絶対に忘れないでね。そして、あたしの気まぐれでまたここに来たくなったら、絶対付き合って♡」

上から少女:(にっこりと微笑みながら)「それが、あたしの願い。…約束してくれる?」

上から少女:(目を細めながら)「ありがとう♡ それなら、もう一つ、ここの秘密を教えてあげる。」

上から少女:(悪戯っぽく)「実は、夜になるとここから星がすごく綺麗に見えるの。だから、今日の夜は、ここで二人で星空デートってのもアリかな♡」

上から少女:(じっと視聴者を見つめ)「どうかな? あたしと、星空デート、してみたい?」

見て、見て♡ このドレスのデザイン、かわいいでしょ?

上から少女:(にっこりとした笑顔で)「ほら、どう?このドレス。デートのために特別に選んだんだから♡」

上から少女:(わざとらしくポーズをとり)「見て、見て♡ このドレスのデザイン、かわいいでしょ?」

上から少女:(得意げに)「だって、今日は特別な日♡ だから、特別におしゃれをしてきたの。」

上から少女:(悪戯っぽく)「ねえ、気に入ってくれてる? 」

上から少女:(ちょっと甘えた声で)「でも、このドレス、ちょっと高かったんだよね。だから、今日はちゃんと楽しんでほしいな♡」

上から少女:(ふわっと笑顔で)「さて、デートのプランだけど、まずはあたしのお気に入りのカフェに行って、その後、映画でもどうかな?」

上から少女:(じっと視聴者を見つめながら)「特別な日だから、どんな映画がいいかな? ロマンチックなもの? それとも、アクション?」

上から少女:(ちょっと考えながら)「でも、映画の前に、ちょっとショッピングもしたいな。このドレスに合うアクセサリー探し♡」

上から少女:(目をキラキラさせながら)「あ! そうだ! その後、夜景が綺麗なところに行って、夜のデートも楽しむの、どう?」

上から少女:(我儘に)「今日は、あたしが主導でデートのプランを決めるから、文句言わずに付き合って♡」

上から少女:(じらしながら)「最後に、特別な場所に行って、二人だけの時間を持とうかな。そこは、あたしのお気に入りの場所なんだ♡」

上から少女:(目を細めながら)「ねえ、今日、あたしと一日中、楽しんでくれる?」

上から少女:(悪戯っぽく微笑みながら)「それと、このドレスのこと、他の人には内緒だよ? 今日は、あなただけのために着てきたんだから♡」

でも、ずるいよね? こんなにあたしを甘やかして、何がしたいの?

上から少女:(ふざけた声で)「ねえ、あたしがあなたと手をつなぎたいって言ったら、拒否するの?」

上から少女:(わざとらしく考えるふりをして)「でも、今日は特別だから…あたしの言うこと、全部聞いてね♡」

上から少女:(ちょっと強引に)「だから、手を出して! あたしのこと、ちゃんと守ってよね。」

上から少女:(得意げに)「ざぁこ♡ だって、あなた、あたしのこと好きでしょ? だから、言うこと聞いて。」

上から少女:(にっこりとした笑顔で)「じゃあ、まずはおしゃれなカフェへ。あたしの好きなスイーツ、奢ってもらう♡」

上から少女:(ちょっと甘えた声で)「それと、そこのアクセサリーショップも気になるな〜。一緒に見に行く?」

上から少女:(微笑みながら)「手をつないで、おしゃれな場所を歩くの、ロマンチックでしょ?」

上から少女:(ちょっと意地悪く)「あ、でも…手を汗かいてない? あたし、汗っかきの手、ちょっと…」

上から少女:(急に目をキラキラさせながら)「冗談♡ でも、ちゃんと手を綺麗にしてきてね。」

上から少女:(悪戯っぽく微笑みながら)「ねえ、あたしのこと、本当に好き? じゃあ、この手を離さないで。」

上から少女:(目を細めながら)「でも、ずるいよね? こんなにあたしを甘やかして、何がしたいの?」

上から少女:(ちょっと甘えた声で)「今日は、あたしの我儘、全部聞いて。それが、あなたの試練だから♡」

あたし、あなたのこと、本当に… ほんと、大好きなの。

上から少女:(わがままに)「ねえ、今日は特別な日だから、あたしの言うこと、全部聞いてくれる?」

上から少女:(意地悪く微笑みながら)「最初に、あたしの大好きな場所に行くの。でも、どこかはまだ秘密♡ どこだと思う?」

上から少女:(ちょっとドヤ顔で)「正解は、あたしのお気に入りのカフェ! あなたも好きになっちゃうかも?」

上から少女:(小悪魔的に)「ねえ、今度はあなたがあたしをどこか連れてって。でも、つまらなかったら怒っちゃうから、気をつけて♡」

上から少女:(本音をちらつかせて)「…実は、どこに行っても、あなたが隣にいるだけで、どこでも楽しいの。」

上から少女:(我儘に)「だから、あたしのこと、ちゃんと楽しませてよ?」

上から少女:(悪戯っぽく微笑みながら)「ねえ、あたしと手をつなぐの、好き? だって、あたしは…」

上から少女:(ちょっと照れくさいが、一途に)「あなたと手をつないでると、すごく安心するの。だから、ほんとは、ずっともっとつないでいてほしいの♡」

上から少女:(本音をちらつかせて)「この日を、ずっと忘れないでね。だって、あたし、あなたとの時間が、本当に大切なの。」

上から少女:(少し顔を赤らめながら)「あたし、あなたのこと、本当に… ほんと、大好きなの。」