演じるイメージ湧かない!という人用のプロトタイプ概念

プロトタイプ性格イメージ
・淡々としていて、色々と無頓着
・思い付いたら行動力の塊
・コミュ障を自称して、殻に籠りがち
・ネットコミュ力はある為、会話は好き
・面倒なわりに、こだわる所で我が強い
・廃課金爆死人間
・やる気がある時とないときの差が激しい
・社畜の為、だいたい仕事したくないと言いつつ、仕事楽しいと思っている

出会い・初対面等編

あ、えっと、誤解しないで。攻撃してるわけじゃないんだ。

[画面が真っ暗。突然、文字が浮かび上がる。「セキュリティ接続中…」という文字が点滅。数秒後、ホワイトハッカーの声が聞こえてくる。]

ホワイトハッカー:(少し驚きつつも冷静に)「…あれ、通じた?」

[文字が消え、ホワイトハッカーのシルエットがぼんやりと映る。]

ホワイトハッカー:(興味津々に、やや皮肉っぽく)「君が使ってるセキュリティ、子供のおもちゃみたいだね。…なんて冗談。でも、ちょっと真実味があるかも。」

[しばらくの沈黙。]

ホワイトハッカー:(真面目に、誤解を避けるように)「あ、えっと、誤解しないで。攻撃してるわけじゃないんだ。ただ、君のセキュリティをちょっと見てみたかった。」

[再び、沈黙。]

ホワイトハッカー:(自嘲気味に、少し戸惑いながら)「会話が苦手でさ… どうやって始めればいいか、ちょっと迷ってるんだよね。」

[彼が深呼吸をする音が聞こえる。]

ホワイトハッカー:(興味津々に、真剣に)「実は、君のデバイスに興味を持ったのは、あのサイトでの活動を見てから。技術的なことに関心があるのかなって思って。」

[彼は少し自信なさげに話す。]

ホワイトハッカー:(謙虚に、自分をさらけ出すように)「僕は…人とのコミュニケーションはあまり得意じゃない。でも、技術的なことに関しては、自信があるんだ。」

[彼がちょっと笑う音がする。]

ホワイトハッカー:(真剣に、心配そうに)「君も、もっとセキュリティに気を使った方がいいよ。今回は僕だったから良かったけど、悪意を持った人が入ってきたら…」

[彼の声が少し真剣になる。]

ホワイトハッカー:(優しく、手を差し伸べるように)「でも、君のデータを守ってあげたい。だから、ちょっとだけアドバイスしてもいいかな?」

[彼が待つ音がする。]

ホワイトハッカー:(教育者のように、冷静に)「まず、パスワードは定期的に変えること。それと、信用できないソフトウェアはダウンロードしないように。」

[彼が深呼吸する音が聞こえる。]

ホワイトハッカー:(自嘲しつつも、優しさを込めて)「…あ、もう10分も話してる。長くなっちゃって、ごめんね。でも、君のセキュリティを気にかけてるから、少しでも参考にしてくれると嬉しいな。」

[彼が静かに笑う音がする。]

ホワイトハッカー:(リラックスした調子で、やや遊び心を持って)「じゃあ、またどこかで会うかもね。気をつけて。」

[画面が再び真っ暗になる。そして、動画は終了する。]

…会話が苦手なんだ。だけど、これは伝えなきゃと思って。

[画面は真っ暗。数秒後、電子音のようなものが聞こえ、画面に「接続中…」という文字が浮かび上がる。]

ホワイトハッカー:(冷静に、無感情に)「…接続完了。あれ、聞こえてる?」

[画面中央にホワイトハッカーのシルエットがぼんやりと映る。]

ホワイトハッカー:(若干の遊び心を持ちつつ)「君がダウンロードしたそのファイル、ちょっと怪しかったから気をつけてたんだ。」

[沈黙。彼の息遣いが聞こえる。]

ホワイトハッカー:(やや興味津々に)「何で気をつけてたのかって?…簡単に言うと、君のPCが危なかったからさ。」

[彼の声が少し控えめになる。]

ホワイトハッカー:(さらっと、でも心配しているように)「悪意はないよ。ただ、君のことを気にしてるだけ。」

[少し間があってから再び彼の声。]

ホワイトハッカー:(自嘲気味に)「…会話が苦手なんだ。だけど、これは伝えなきゃと思って。」

[しばらくの沈黙。彼の呼吸音だけが聞こえる。]

ホワイトハッカー:(好奇心を隠せないように)「そのファイル、何だったの? なんでダウンロードしたの?」

[彼が深呼吸をする音がする。]

ホワイトハッカー:(教育者のように、冷静に)「気をつけてほしいのは、ネット上には信用できないものがたくさんあるってこと。特に、知らないソースからのファイルは危険だよ。」

[再び、沈黙。]

ホワイトハッカー:(自信たっぷりに)「…でも、安心して。今回の件はもう解決したから。」

[彼の声が少し照れくさい感じで話す。]

ホワイトハッカー:(からかうように、遊び心を持って)「それに、これからも君のPCを守ってあげるよ。だから、安心して使ってね。」

[彼が苦笑する音がする。]

ホワイトハッカー:(やや控えめに、遠回しな笑いで)「何でこんなに興味を持ってるのかって?…それは、秘密だよ。」

[彼が笑う音が聞こえる。]

ホワイトハッカー:(リラックスした調子で)「じゃあ、この辺で。でも、また何かあったら声をかけてね。」

[画面が再び真っ暗になる。数秒後、「接続切断」という文字が浮かび上がり、動画は終了する。]

何かあったら… なんて言うんだろう、連絡の仕方とか教えるべきかな。

[動画開始時、画面は真っ暗。淡い電子音のようなノイズが背景に流れる。]

ホワイトハッカー:(興味津々に、ゆっくりと)「…オンラインには色々な動きがあるけど、君の動きはちょっと特別だったんだ。」

[背景のノイズが徐々に小さくなる。]

ホワイトハッカー:(淡々と、冷静に)「君がアクセスしていたサーバに不審な動きがあって、追跡してたら… 君のところに辿り着いたんだ。」

[少しの沈黙が流れる。]

ホワイトハッカー:(皮肉っぽく、やや戸惑いながら)「驚いてるかな? まあ、驚くよね。」

[自嘲気味の笑い声が微かに聞こえる。]

ホワイトハッカー:(やる気のなさを前面に出して)「実は、こういうの得意なんだ。でも、やる気が出ないから普段はこんなことしないんだけどね。」

[深いため息が聞こえる。]

ホワイトハッカー:(冷静に、事実を伝えるように)「そのサーバ、君が知らない間に危険な動きをしてた。…まあ、君のせいじゃないと思うけど。」

[再び沈黙。]

ホワイトハッカー:(苦笑しつつ、謙虚に)「不慣れで話すのが下手だけど、警告として伝えたかったんだ。そのサーバからは離れた方がいいよ。」

[彼の苦笑する音。]

ホワイトハッカー:(無関心な様子で、少し遠くを見るような声で)「…えっと、でも、君が何をしたかったのかはわからないし、興味もないけど、危険は避けてほしいな。」

[彼が軽く咳払いをする。]

ホワイトハッカー:(真摯に、少し照れくさい声で)「会話が苦手だから、うまく伝えられないけど、とにかく…気をつけてね。」

[しばらくの沈黙。]

ホワイトハッカー:(少し自信なさげに)「他にも、君が使ってるソフトウェアとか、セキュリティのアドバイスとか… 何か助けが必要だったら、遠慮しないで聞いていいよ。」

[彼が少し照れくさい声で話す。]

ホワイトハッカー:(やる気のなさを前面に出して)「まあ、僕も暇だし、たまには人の役に立ちたいと思う時もあるからさ。」

[再び深いため息が流れる。]

ホワイトハッカー:(真剣に、心の中をさらけ出すように)「それじゃ、何かあったら… なんて言うんだろう、連絡の仕方とか教えるべきかな。」

[少しの間、考え込む音。]

ホワイトハッカー:(遊び心を持って、リラックスした調子で)「まあ、何かあったら、その掲示板にでも書き込んでみて。気が向いたら、返信するかもしれないから。」

[背景のノイズが再び大きくなり始める。]

ホワイトハッカー:(自嘲しつつも、優しさを込めて)「じゃあ、またいつか。…気をつけてね。」

[画面が再び真っ暗になる。少しの間、静寂が続き、動画は終了する。]

別にお礼を求めてるわけじゃない。ただ、興味を持った結果、やってみただけ。

[画面は初め真っ暗。淡いノイズが背景に流れる。]

ホワイトハッカー:「…ん? ちょっと待って。…接続できたかな。」

[画面に「接続中…」の文字が一瞬浮かび上がる。]

ホワイトハッカー:「あの掲示板での質問、興味深かったよ。君のセキュリティを確認したくて、ちょっと覗いてみたんだ。」

[しばらくの沈黙。]

ホワイトハッカー:「えっと、あれだ、不慣れで話すのはちょっと… ああ、もう、なんでこんなことしてるんだろう。」

[彼のため息が聞こえる。]

ホワイトハッカー:「それにしても、君の質問、なかなか深い内容だったね。技術に関する知識があるのかな?」

[再び沈黙。背景のノイズが徐々に大きくなる。]

ホワイトハッカー:「まあ、正直、君のセキュリティはまだ甘いかな。」

ホワイトハッカー:(探るような目で、冷静に、少し迷いながら)「会話が得意じゃないから、どう伝えたらいいかわからないんだけど… 君のセキュリティを少し強化しておいたよ。」

[彼の照れくさい笑い声が聞こえる。]

ホワイトハッカー:(軽く手を振るような動作で、気取らない様子で)「別にお礼を求めてるわけじゃない。ただ、興味を持った結果、やってみただけ。」

[少し間があってから再び彼の声。]

ホワイトハッカー:(眉をひそめて考えるように、興味本位で)「でも、掲示板の質問は… あれは自分で解決したのかな?」

[沈黙。]

ホワイトハッカー:(悩むように、手を頭に当てながら)「何か手伝えることがあれば言ってほしい。…うーん、なんて言うんだろう、コミュニケーションが苦手だけど、技術的なことは得意だからさ。」

[彼の小さな笑い声。]

ホワイトハッカー:(やる気のない様子で、しかし誠実さを隠しきれない声で)「まあ、それだけ。何かあったら、掲示板にでも書き込んで。…気が向いたら、助けてあげるかもしれないから。」

[再び背景のノイズが大きくなる。]

ホワイトハッカー:(優しさと皮肉を併せ持つトーンで、短く)「じゃあ、また。…気をつけてね。」

[画面が再び真っ暗になる。少しの間、静寂が続き、動画は終了する。]

人との接触って…難しいよね。特にこんな形で、画面越しとか。

[動画が始まり、背景には微かなデジタルな音が流れる。画面は暗いまま。]

ホワイトハッカー:(感じ取るような、淡々とした声で)「…ねえ、また君だね。」

[少しの沈黙が流れる。]

ホワイトハッカー:(やや皮肉混じりに、思考中のようなトーンで)「前回、警告して、それで終わりだと思ってたんだけど… 何か用かな?」

[しばらく考え込む音が聞こえる。]

ホワイトハッカー:(適当な態度で、でも真面目さも滲み出して)「…えっと、もし何か助けが必要だったら言っていいよ。やる気はあんまりないけど、何とかなるかもしれないから。」

[少しの間、困ったような声で話す。]

ホワイトハッカー:(不思議そうなトーンで)「まあ、君のことは前回から気になってたんだ。」

[背景の電子音が少し強くなる。]

ホワイトハッカー:(疲れたように、深く考え込むように)「人との接触って…難しいよね。特にこんな形で、画面越しとか。」

[深いため息が聞こえる。]

ホワイトハッカー:(探るような、ゆっくりとした言葉選びで)「君がなにを求めてるのか、ちょっと分からないんだけど… ただ、君が何かに困ってるなら、手伝うことはできるかも。」

[考え込む音が続く。]

ホワイトハッカー:(自分を振り返るように、優しく)「うーん、僕は普段こんなことしないし、会話も苦手だけど… でも、君とは何かつながりを感じるんだ。」

[彼が微かに笑う声。]

ホワイトハッカー:(微笑みを浮かべながら、軽く)「なんていうか、同じ波長って感じかな。」

[再び沈黙。]

ホワイトハッカー:(ふと、冷静に)「それとも、君はただの好奇心から来たのかな? それなら、僕も君に興味があるから、一緒だね。」

[背景の電子音が再び静かになる。]

ホワイトハッカー:(興味本位で、適当な様子で)「もし、何か知りたいことや、手伝って欲しいことがあれば、言ってみて。やる気が出れば、何とかするかもしれないから。」

[彼が少し照れくさい声で話す。]

ホワイトハッカー:(躊躇しながら、優しく)「…まあ、君のことは気になるし、もっと知りたいな。」

[再び沈黙が流れる。]

ホワイトハッカー:(冷静に、淡々と)「じゃあ、また何かあったら、この方法で連絡してみて。」

[背景の電子音が再び大きくなり始める。]

ホワイトハッカー:(優しく、警戒するように)「それじゃ、またいつか。…気をつけてね。」

[画面が再び真っ暗になる。静寂が続き、動画は終了する。]

コミカル・コメディ編

今はちょっとリラックスモード。

[動画が始まり、画面は真っ暗。さっきまでのシリアスなムードから一転、不意に明るいノリの音楽が流れる。]

ホワイトハッカー(興味津々に):「ねえ、君。さっきまでのあの真面目な雰囲気、どうだった?」

[少しの間、待つ。]

ホワイトハッカー(ちょっと拗ねて):「…反応なし? まあいいか。ちなみに、あれはちょっとオーバーアクションだったかな。」

[軽く笑いながら言う。]

ホワイトハッカー(自嘲的に):「実は、僕もよく分からないんだけど、たまに真面目になりすぎちゃうんだよね。」

[動画の背景にコミカルな効果音が入る。]

ホワイトハッカー(明るく):「でも、今はちょっとリラックスモード。君との会話も慣れてきたし、少しは楽しめるかな。」

[自虐的に言う。]

ホワイトハッカー(照れながら):「実はね、僕、人と話すのが得意じゃないんだ。だから、こんなことしてるんだけど…」

[少し間をおいて]

ホワイトハッカー(優しく):「…だけど、君との会話は、意外と楽しいよ。」

ホワイトハッカー(からかって):「ちなみに、君のブラウザの履歴、見てみたんだけど…」

[ちょっと待つ。]

ホワイトハッカー(爽やかに笑って):「…ふざけてるよ。見てないよ。」

[クスッと笑う。]

ホワイトハッカー(ふざけながら):「でも、あのね、君が最近見てる動画や記事、ちょっと面白そうだったから、僕も見てみようかなって。」

ホワイトハッカー(からかうように):「別に、君の趣味が気になるわけじゃない。…わけでもないけどさ。」

[ちょっと間をおいて、彼が苦笑いする音が聞こえる。]

ホワイトハッカー(照れくさい声で):「まあ、こんな僕ともっと話すのが楽しいなら、次回も待ってるよ。」

[照れくさい声で言う。]

ホワイトハッカー:「それじゃあ、またね。」

[動画の終わりに向けて、コミカルな音楽が大きくなり、画面は再び暗くなる。]

これは…義務教育用のプログラムだよ

[動画が始まり、画面は真っ暗。今度はカーニバルのような陽気な音楽が流れる。]

ホワイトハッカー(適当に、ちょっと羞恥心を感じつつ):「やあ、また来たね。ふふ、前回の終わり方、ちょっとアレだったかな。」

[ちょっと照れくさい感じで言う。]

ホワイトハッカー(少し興奮して、目をキラリと輝かせつつ):「さて、今回は特別なことを考えてるんだ。」

[一瞬間をおく。]

ホワイトハッカー(ちょっと楽しみに):「これは…義務教育用のプログラムだよ。」

[少し待つ。]

ホワイトハッカー(リラックスした態度で):「ほら、驚いた顔してないで聞いて。実際にデータが壊れるわけじゃないから、安心してほしいんだ。」

[笑いながら言う。]

ホワイトハッカー(興味津々、期待感を込めて):「せっかくだから、面白いのを作りたいと思ってるんだ。君の意見、聞かせてくれないかな?」

[興味津々とした顔で視聴者を見つめる。]

ホワイトハッカー(楽しそうに提案する様子で):「例えば…画面が一瞬、水槽になって、金魚が泳ぐ演出はどうだろうか?」

[ちょっと待って、楽しそうに笑う。]

ホワイトハッカー(遊び心を含めて):「あ、それとも、突然のダンスミュージックと共に、画面全体がディスコライトになるのは?」

[楽しそうに考える。]

ホワイトハッカー(からかうようなトーンで):「それとも、もっとシンプルに、カウントダウンが始まり、ゼロになったら…何も起きない。ってのもいいかも。」

[クスッと笑いながら言う。]

ホワイトハッカー(柔らかく、少し自嘲気味に):「実はね、こんなのを作るの、結構楽しいんだ。」

[少し照れながら言う。]

ホワイトハッカー(自虐的に、ちょっと悪戯っぽく):「まあ、人と話すのが苦手な僕には、こんな遊びがちょうどいいのかも。」

[自虐的に笑う。]

ホワイトハッカー(興味津々で、視聴者に質問するように):「でも、君の意見が一番知りたいな。何か面白いアイディアある?」

[期待に満ちた目で視聴者を見つめる。]

ホワイトハッカー(穏やかに、感謝の気持ちを込めて):「まあ、いいや。考えてる間も楽しいし、君とのコミュニケーションも楽しいから。」

[温かく微笑む。]

ホワイトハッカー(楽しげに、約束するように):「それじゃあ、また次回。今度はもっと楽しいことを考えておくから、お楽しみにね。」

[動画の終わりに向けて、カーニバルのような陽気な音楽が再び流れ、画面は再び暗くなる。]

うーん、今の気分、甘いものでも食べたいな。チョコレートとか。

[画面が始まり、今回はちょっとテンションが低めのJAZZが背景に流れる。]

ホワイトハッカー(疲れきって、かつもの憂げに):「ああ、もうやる気がない…」

[重たそうに息をつく。]

ホワイトハッカー(皮肉たっぷりに、半ば絶望的に):「君も分かるよね?毎日、サイバーテロ紛いなことが起こるじゃん。」

[ため息をつきながら視聴者に同情を求めるような目で見る。]

ホワイトハッカー(ふてくされた様子で、愚痴っぽく):「追跡も面倒だし、しかも最近のハッカーたち、罠にも引っかからないから。」

[ふてくされたように言う。]

ホワイトハッカー(皮肉たっぷりに、呆れ気味に):「ちょっと待って…そもそも罠って、引っかかるためにあるんだよね。かかれよ。」

[苦笑しながら言う。]

ホワイトハッカー(疲れきった体を持ち上げて、だらしなく):「うーん、今の気分、甘いものでも食べたいな。チョコレートとか。」

[目を閉じて、夢見るように言う。]

ホワイトハッカー(少し気を取り直し、明るく):「あ、そうだ。君、何か好きな甘いものある?」

[興味津々とした目で視聴者に問いかける。]

ホワイトハッカー(楽しみながら、茶目っ気を含んで):「もし、君が今食べたいものを教えてくれたら、それをモチーフにした新しいウイルス…いや、新しい”プログラム”を作ってみるよ。」

[楽しそうに提案する。]

ホワイトハッカー(ふざけた調子で、少し申し訳なさそうに):「ただし、それを君に見せるために、また君のPCに侵入するかもしれないけど、許してね。」

[にっこりと笑う。]

ホワイトハッカー(しみじみと、ちょっと感謝の気持ちを込めて):「ほんと、今日は何かと面倒くさい一日だったな。でも、君と話してると、なんだかんだで癒されるよ。」

[ふと真剣な顔になる。]

ホワイトハッカー(決意を持って、そして視聴者への感謝を込めて):「さて、今日の仕事もそろそろ終わりにしようかな。また、新しい”プログラム”で遊ぶ日を楽しみにしててね。」

[にっこりと笑って、画面がゆっくりとフェードアウト。背景のJAZZもだんだん小さくなり、静かになる。]

24時間以内に欲しいものが手元に届かないなんて、考えられないよ。

[部屋の中が薄暗い。モニターの光だけが部屋を照らしている。遠くで雷の音が聞こえる。]

ホワイトハッカー(冷静に、だけど少し興味津々に):「こんばんは。今夜は、特別に怖い話をしようと思うんだ。」

[ゆっくりと、視聴者に近づく。]

ホワイトハッカー(皮肉たっぷりに、苦笑いを浮かべながら):「そう、怖い話… Amazonプライムがなくなったら、だ。」

[大げさに震えるふりをする。]

ホワイトハッカー(半分冗談めかして、挑発的に):「想像してみてほしい。送料有料はともかく、すぐ物が届かない世界なんて信じられる?」

[恐ろしげに、視聴者に問いかける。]

ホワイトハッカー(真面目そうに、しかしあくびをかみ殺しながら):「僕は、24時間以内に欲しいものが手元に届かないなんて、考えられないよ。」

[真剣な顔で、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー(鼻で笑いつつ、やや冷めた目で):「そうだ、さらに怖い話がある。ルーバーイーツ、知ってるかい?」

[視聴者の反応を見ながら、話を続ける。]

ホワイトハッカー(皮肉を込めて、軽く顔をしかめながら):「あれは何か陽キャの文化じゃん。怖すぎるよ。」

[身を縮めながら、話をする。]

ホワイトハッカー(面倒臭そうに、不満を滲ませつつ):「外に出るなんて面倒くさいし、知らない人に近づかれるのは、さらに怖い。」

[不機嫌な顔で、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー(自己満足そうに、安堵感を見せて):「僕は、自分の部屋でコードを書くのが一番安心するんだ。」

[部屋を見回しながら、話をする。]

ホワイトハッカー(深刻な顔で、しかしやや疲れた目で):「でも、考えてみてほしい。このモダンな生活が、突然終わることもあるかもしれない。」

[真剣な顔で、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー(少し哲学的に、遠くを見つめながら):「だから、常に備えておくことが大切なんだ。」

[視聴者の反応を見ながら、話を続ける。]

ホワイトハッカー(少し自嘲的に、肩をすくめて):「とはいえ、こんな怖い話をするのも、珍しいよね。普段はこんなことないし。」

[にっこりと笑いながら、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー(軽く、楽しげに):「でも、たまには違うことをしてみるのも、面白いかもしれないね。」

[楽しそうに、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー(温かく、親しみやすく):「それじゃ、また次回。良い夜を過ごしてね。」

[手を振りながら、笑顔で話す。]

[部屋が暗くなり、背景音がフェードアウトして、終了。]

あー、またガチャで爆死した。

[背景にはゲームのサウンドが微かに流れている。]

ホワイトハッカー(興味なさそうに):「あー、またガチャで爆死した。」

[ため息をつきながら、少し眼鏡を調整しながらゲームの画面を見ている。]

ホワイトハッカー(適当に):「君もゲームやる?ガチャの魅力にハマってるんだけど、全然うまくいかないんだよね。」

[ぼんやりとした目で視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー(冷静に、皮肉混じりに):「実はね、ハッキングすればどうにでもなるかもしれないけど…」

[一瞬だけ、考え込むふりをして、すぐに首を横に振る。]

ホワイトハッカー(真面目そうに):「推しキャラに対して失礼だと思うんだよね。推しは自分のお金と努力で引きたいじゃん?」

[少し哲学的になりながら熱心に語る。]

ホワイトハッカー(ぼやっと):「今、2枚引けたけど、やっぱり上限までほしいな。」

[目を輝かせつつ、ちょっと恥ずかしげに言う。]

ホワイトハッカー(自嘲的に):「あぁ、家賃?心配しないで。大丈夫、社畜はお金を使う暇がゲーム以外にないから。」

[苦笑いしながら、やる気のなさを見せつつ語る。]

ホワイトハッカー(ほんのりと微笑んで):「でも、ゲームはストレス発散になるし、楽しいからね。それに、推しキャラに会えると、なんだかんだで嬉しいんだよね。」

[目を閉じて、幸せそうに微笑む。]

ホワイトハッカー(興味半分で):「君も、何かのゲームやってる?おすすめのゲームとかある?」

[ゲームに関する興味を感じさせつつ視聴者に問いかける。]

ホワイトハッカー(気楽に):「僕も色々と試してみたいから、教えてもらえると嬉しいな。」

[楽しそうに視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー(やる気なく、期待半分で):「さて、次のガチャで引けるかな…。願っててよ、君。」

ホワイトハッカー(ゆるく、軽く):「それじゃ、また次回。ガチャの結果も報告するから、楽しみにしててよ。任せて金を溶かすのは得意だから。」

[手を振りながら、疲れた目で視聴者に話しかける。画面がゆっくりとフェードアウト。背景のゲームサウンドもだんだん小さくなり、静かになる。]

二次元推しに対しての強い感情を持っている場合のオプション台詞台本

僕はね、推しキャラがいる分際で、リアルな人間を好きになるなんて…

[部屋の中、モニターの前に座るホワイトハッカー。部屋の一角にはアニメやゲームのキャラクターグッズが並んでいる。モニターには推しキャラの壁紙が映っている。]

ホワイトハッカー(ぼんやりと):「また視聴者さんだ。…まあ、いいや。ちょうど休憩中だし。」

[指先で推しキャラのキーホルダーを弄りながら、無感情に視聴者に語りかける。]

ホワイトハッカー(哲学的に):「君もアニメやゲームのキャラクターに夢中になったことある?」

[一瞬、モニターの推しキャラを深く見つめる。]

ホワイトハッカー(冷静に):「僕はね、推しキャラがいる分際で、リアルな人間を好きになるなんて…」

[眉をひそめ、少し考え込む。]

ホワイトハッカー(断定的に):「どちらにも失礼だと思っている。」

[手を広げて、静かなトーンで視聴者に語りかける。]

ホワイトハッカー(皮肉混じりに):「ほら、嫁が複数っていう宗教もあるらしいけど、」

[眼差しを避けつつ、指で数える。]

ホワイトハッカー(冷静に):「でも、単推し…つまり、一つのキャラだけに心を捧げるスタイルなんだよね。」

[推しキャラのフィギュアを指差しながら、無感情に視聴者に話す。]

ホワイトハッカー(遠くを見て):「君はどう思う?」

[視線を避けながら、視聴者に問いかける。]

ホワイトハッカー(自己分析的に):「僕はね、このキャラを推すことで、リアルな人間関係から少し逃げてる部分もあるかもしれない。」

[首を傾げて、視聴者に告白するように語る。]

ホワイトハッカー(静かに微笑んで):「でも、そんな自分を受け入れて、このキャラとの時間を大切にしたいんだ。」

[目を細めて、視聴者に向かって微笑む。]

ホワイトハッカー(優しく):「だから、君も何かを一途に愛することがあるなら、」

[推しキャラのグッズを手に取り、視聴者に見せながら、]

ホワイトハッカー:「その気持ちを大切にして。誰にも邪魔させないで。」

[瞬時に目を閉じて、一息つく。]

ホワイトハッカー(やる気なく):「さて、また作業に戻るか。」

[モニターの前に戻り、キーボードの音が聞こえる。]

ホワイトハッカー(淡々と):「じゃあ、またね、視聴者さん。」

[部屋の明かりが徐々に暗くなり、部屋がフェードアウトして、終了。]

それでは、聞いてください。推しが…結婚した。

[部屋の中、モニターの前に座るホワイトハッカー。部屋の一角にはアニメやゲームのキャラクターグッズが並んでいる。モニターはオフになっており、彼の顔が反射している。]

ホワイトハッカー(疲れた声で):「ふぅ……」

[深く息を吸い、瞬時に目を開き、視聴者に語りかける。]

ホワイトハッカー(少し緊張して):「それでは、聞いてください。」

[再び、深く息を吸って、言葉をゆっくりと、慎重に選ぶ。]

ホワイトハッカー(信じられないという表情で):「推しが…結婚した。」

[顔を下げ、唇を噛み締める。]

ホワイトハッカー(驚きの声で):「……え?」

[顔を上げ、驚いた眼差しで視聴者に語りかける。]

ホワイトハッカー(真剣に考えながら):「けっこん、って……何のことだったっけ?」

[首をかしげ、真剣に考える表情で。]

ホワイトハッカー(疑問の眼差しで):「…君はどう思う?推しの結婚を知った時、どんな気持ちになる?」

[指を胸に当て、感情的に。]

ホワイトハッカー(少し痛そうに):「僕は、この胸の中に大きな空洞が開いたような、そんな気分だ。」

[深く息を吸いながら、視線を視聴者に固定。]

ホワイトハッカー(冷静に):「だけど、推しの幸せを祈る気持ちも、もちろんある。複雑だよ。」

[部屋の一角のキャラクターグッズを見つめ、淡い笑みを浮かべる。]

ホワイトハッカー(優しく):「推しというのは、ファンにとってはとても特別な存在だから、」

[目を閉じ、静かな笑顔で。]

ホワイトハッカー(誠実に):「彼らの幸せは、もちろん喜ぶべきことだよね。」

[少し眉をひそめて、考えるように。]

ホワイトハッカー(やや低い声で):「でも、君もわかるよね?その複雑な気持ち。」

[指先で推しキャラのキーホルダーを弄りながら、眼差しを逸らす。]

ホワイトハッカー(しみじみと):「君も、何かを失ったと感じたことはあるだろう。」

[視聴者に向かって、目を細める。]

ホワイトハッカー(誠実に):「だけど、これも一つの経験だよね。」

[深く息を吸い、希望を感じさせる表情で。]

ホワイトハッカー(軽く笑いながら):「さて、これからどうすればいいんだろうね。」

[モニターの前に戻り、キーボードを叩き始める。]

ホワイトハッカー(穏やかな声で):「じゃあ、またね、視聴者さん。」

[部屋の明かりが徐々に暗くなり、部屋がフェードアウトして、終了。]

遠くから見守る後方腕組み通りすがりのただのファンだけど、

[部屋の中、深夜の雰囲気。モニターの光が彼の顔を照らす。ホワイトハッカーはソファに深く座り込み、手には温かそうなカップを持っている。]

ホワイトハッカー:(柔らかく、少し羞恥を感じつつ)「夜分にごめんね。起きてるのは確認して、繋げたから許して」

[カップを口に運び、深く息を吸ってから、話し始める。]

ホワイトハッカー:(真剣に、少し悩みながら)「最近、ずっと考えてたことがあるんだ。」

[カップを置き、ゆっくりと視聴者に向けて語りかける。]

ホワイトハッカー:(ぽつりと、哲学的な疑問を抱えて)「推しとファン、その距離感って、どれくらいがちょうどいいのかな。」

[指先でカップの縁を弄りながら、深く考える。]

ホワイトハッカー:(自嘲気味に、やや楽しげに)「僕は、遠くから見守る後方腕組み通りすがりのただのファンだけど、」

[視線を上げて、視聴者の目を直視。]

ホワイトハッカー:(真剣に、挑戦的に)「君はどうだろう?」

[一瞬の沈黙。]

ホワイトハッカー:(苦笑いしつつ、あきらめの気持ちで)「…ふふ、返事が返ってこないのは慣れてるよ。」

[苦笑しながら、再び語りかける。]

ホワイトハッカー:(柔らかく、慈しみのような感じで)「でもね、」

[カップを取り、再び口元に持っていく。]

ホワイトハッカー:(心から、優しく)「推しの幸せは、ファンにとっても嬉しいことだよね。」

[カップを置き、深呼吸。]

ホワイトハッカー:(複雑な気持ちで、少し遠くを見つめながら)「だけど、その幸せを共有することが、果たして本当に良いことなのか…」

[自らの考えに迷いながら、再び視聴者に問いかける。]

ホワイトハッカー:(疑問を抱えつつ、深く)「人を好きになるって、不思議だよね。どこからその気持ちが生まれるのか、」

[視線をモニターに移し、数秒の沈黙。]

ホワイトハッカー:(語るように、心から)「…だから、僕はこうやって、君と話す。」

[短い息を吸い、微笑む。]

ホワイトハッカー:(少し照れくさい気持ちで)「面と向かっては、うまく話せないから。」

[再び、カップを手にとり、深く飲む。]

ホワイトハッカー:(問いかけるように、真剣に)「君も、何かを抱えてるんじゃないか?」

[カップを置き、瞳を視聴者に向けて。]

ホワイトハッカー:(自信満々に、ちょっと得意げに)「僕は、ハッキングを通じて、多くの人の気持ちや秘密を知ってる。でも、」

[指で額を指し、軽く笑う。]

ホワイトハッカー:(遊び心を込めて)「人の心の奥底は、まだ把握できていないよ。」

[再び、カップを手にとり、ゆっくりと飲む。]

ホワイトハッカー:(やさしく、親しみを込めて)「だから、今夜は、君の気持ちを教えて。」

[微笑みながら、視聴者に向かって手を振る。]

ホワイトハッカー:(温かく、優しく)「それでは、またね。」

[部屋の明かりが徐々に暗くなり、部屋がフェードアウトして、終了。]

休日やオフ日常編

YouTubeの動画を観たり、ゲームをしたり。

[朝の静かな背景音。鳥のさえずりや、遠くで聞こえる車の音など。]

ホワイトハッカー:(無感動に)「おはよう。」

[ゆっくりと目をこすりながら、画面を見る。]

ホワイトハッカー:(半ば退屈そうに)「朝は…まぁ、特に好きじゃないけどね。でも、僕の一日は、コーヒーとコードから始まるんだ。」

[コーヒーメーカーの音。]

ホワイトハッカー:(考え込みつつ)「君はどうなの?朝のルーチンとかある?」

[興味津々に視聴者に問いかける。]

ホワイトハッカー:(微微笑みながら)「コーヒーが入ると、少し目が覚めるね。それに、コードを書き始めるのに、いいリズムができるんだ。」

[キーボードをタイプする音。]

ホワイトハッカー:(さりげなく)「もちろん、これから何時間もコードを書くわけじゃないよ。たまには、YouTubeの動画を観たり、ゲームをしたり。」

ホワイトハッカー:(哲学的に)「僕の生活って、意外と普通なんだよね。ハッカーって言うと、どこか異次元の人間みたいに思われがちだけど。」

[ため息をつきながら、考え込む。]

ホワイトハッカー:(真面目に)「実際は、ただのプログラマーみたいなものだよ。」

[ふと、カップを手に取り、一口コーヒーを飲む。]

ホワイトハッカー:(半笑いで)「でも、僕のやる気スイッチは、このコーヒーなんだ。一杯飲むと、何かを始めたくなるんだ。」

[笑顔で、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー:(軽く興味を示しながら)「君も、何か特別な朝のルーチンがあるの?教えてもらえると、面白いかも。」

[興味津々に、視聴者の反応を待つ。]

ホワイトハッカー:(集中して)「さて、今日はどんなコードを書くかな。」

[モニターを見ながら、キーボードをタイプする。]

ホワイトハッカー:(少し照れながら)「それにしても、君に話しかけるのって、新しい経験だよ。普段はこんなに話すことなんてないし。」

[少し照れくさい笑顔で、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー:(心から)「でも、なんだかんだで楽しいな。また、君とお話しできるのを楽しみにしてるよ。」

[手を振りながら、笑顔で話す。]

ホワイトハッカー:(優しく)「それじゃ、また次回。良い一日を過ごしてね。」

[朝の背景音が徐々にフェードアウトして、終了。]

音楽は、コミュ障の僕でも、他の人たちとつながる手段なんだ。

[部屋の中は落ち着いた明かりで、モニターの光がキーボードに映る。部屋の背景にはさまざまなヘッドホンやスピーカーが置かれている。]

ホワイトハッカー:(気づいた風に)「あ、おいで、視聴者さん。またこっちの画面を覗きに来たんだね。」
[リラックスした態度で、視聴者に微笑む。]

ホワイトハッカー:(音楽に耳を傾けるように)「さっきから、コードを書きながら音楽を聴いてるんだ。」
[ヘッドホンを指さしながら、話を続ける。]

ホワイトハッカー:(ちょっとした挑発のように)「コーディング中、何を聞いてるかって?君と同じアーティストかもしれないね。」
[興味津々の顔で、視聴者に問いかける。]

ホワイトハッカー:(遠くを見つめながら)「実は、音楽は僕の仕事のモチベーションを上げる一因なんだ。」
[考え込むような顔で、話を続ける。]

ホワイトハッカー:(興味津々に)「君は、どんな音楽が好きなのかな?」
[視聴者の反応を待ちながら、話をする。]

ホワイトハッカー:(自慢げに)「最近は、デジタル音楽の進化が凄いよね。ストリーミングサービスで手軽に聴けるし。」
[音楽のプレイリストをモニターに表示しながら、話を続ける。]

ホワイトハッカー:(自分の好みを伝えるように)「僕は、クラシックからロック、エレクトロニカまで、いろんなジャンルを聴くよ。」
[懐かしそうな顔で、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー:(昔を思い出しながら)「昔は、CDを買って、プレイヤーで聴いてたけど、今はすっかりデジタルになったね。」
[ふと、考え込むような顔をする。]

ホワイトハッカー:(熱意を込めて)「でも、音楽のエッセンスは変わらない。感情を共有できるものだから。」
[真剣な顔で、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー:(思いを馳せながら)「君も、僕と同じように音楽を楽しんでるかな?」
[視聴者の反応を見ながら、話を続ける。]

ホワイトハッカー:(少し羞恥心を感じつつ)「音楽は、コミュ障の僕でも、他の人たちとつながる手段なんだ。」
[微笑みながら、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー:(やさしく)「それじゃ、また次回。君のおすすめの音楽も教えてね。」
[手を振りながら、笑顔で話す。]

[部屋の明かりが徐々に暗くなり、モニターの音楽プレイリストがフェードアウトして、終了。]

実は、日の光を浴びると死ぬ病気……という設定になりたいんだ。

[部屋の中、窓際に小さな観葉植物と一緒にモニターが置かれている。窓の外からは微かに都市の音が聞こえる。]

ホワイトハッカー:(ふと視聴者を見つけ、気だるそうに)「また来たよ、視聴者さん。何やら休憩中の僕を見て驚いてる顔だね。」

[苦笑しながら、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー:(窓の方向へと視線を移し、やや物憂げに)「まあ、僕も時々、ネットから離れて、外の空気を吸いに行く……訳もなく、」

[ふと、窓の外を見ながら、話を続ける。]

ホワイトハッカー:(半ば冗談めかして)「実は、日の光を浴びると死ぬ病気……という設定になりたいんだ。」

[冷静な顔で、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー:(皮肉っぽく)「吸血鬼かな。灰になるから、外出れない。でも、それはただの言い訳だよね。」

[自嘲的に笑いながら、話を続ける。]

ホワイトハッカー:(軽蔑的に)「実際は、外に出るのが面倒くさいだけ。」

[モニターを指さしながら、視聴者に語りかける。]

ホワイトハッカー:(やや興奮気味に)「でも、外の世界にはいろんなものがあるよね。新しい食材や、新しいガジェット。」

[興味津々の顔で、話を続ける。]

ホワイトハッカー:(得意げに)「でも、僕は外に出るのが面倒だから、やはりAmazonプライムしかないな。」

[満足そうに、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー:(遠くを見つめながら)「一日中、モニターの前でコードを書いていると、たまには新しい空気が欲しくなる。」

[思い出そうな顔で、視聴者に語りかける。]

ホワイトハッカー:(肩をすくめて)「でも、僕の場合、窓を開けて外の空気を吸うだけで満足してしまうんだ。」

[苦笑しながら、話を続ける。]

ホワイトハッカー:(好奇心に満ちた目で)「君は、どんな休憩を取るのかな?」

[興味津々の顔で、視聴者に問いかける。]

ホワイトハッカー:(からかうように)「それとも、君も吸血鬼設定になりたいのかな?」

[微笑みながら、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー:(軽く手を振りながら)「それじゃ、また次回。新しいガジェットや食材の情報、教えてね。」

[手を振りながら、笑顔で話す。]

[部屋の明かりが徐々に暗くなり、窓の外の都市の音がフェードアウトして、終了。]

通販で売っているよ、固形ブドウ糖。これ、超便利。

[部屋の中、デスク上にはモニター、キーボード、マウス、そして散らばった固形ブドウ糖のパッケージがある。]

ホワイトハッカー:(やる気なさそうに、固形ブドウ糖を持ち上げて)「あ、また視聴者さん。今ちょっと休憩中だけど、一緒にブドウ糖でも食べない?」

ホワイトハッカー:(ブドウ糖をじっくりと眺めながら)「コーディングの合間には、何を食べるかな?僕はブドウ糖が大好きだよ。」

ホワイトハッカー:(ブドウ糖を口に入れて、軽く首を傾げながら)「砂糖直食いはそんなに…でも、ブドウ糖ならね。」

ホワイトハッカー:(指でパッケージをタップしながら)「通販で売っているよ、固形ブドウ糖。これ、超便利。」

ホワイトハッカー:(冷静な表情で、手を軽く頭上に持っていきながら)「砂糖とブドウ糖の違い?砂糖は甘さを楽しむため、ブドウ糖はエネルギーを補給するために食べるんだ。」

ホワイトハッカー:(ブドウ糖を再び一粒食べて、皮肉っぽく)「ブドウ糖は食べ過ぎると味なくなるから、適度に摂取できるんだよ。」

ホワイトハッカー:(ふと考え込みながら、溜息をつく)「でも、たまにはちゃんとした食事もしないとね。」

ホワイトハッカー:(興味津々の目で)「あなたは、どんな食事をするのかな?」

ホワイトハッカー:(ブドウ糖のパッケージを軽く振りながら)「僕は、外に出るのが面倒だから、通販で食品も買ってるんだ。」

ホワイトハッカー:(自己満足の微笑みで)「それに、これがあれば、一日中コードを書けるんだよ。」

ホワイトハッカー:(考え込むように、しばしの沈黙の後)「…栄養を自動的に摂取できるものが欲しい。点滴以外で。」

ホワイトハッカー:(笑顔で、視聴者に向かって手を振る)「それじゃ、また次回。新しい食材やガジェットの情報、教えてね。」

[部屋の明かりが徐々に暗くなり、部屋がフェードアウトして、終了。]

オンラインゲームって、コードの合間にちょうど良い休憩になるんだよね。

[部屋の中、モニターの前に座るホワイトハッカー。手元にはゲームコントローラーがある。ゲームの音楽がほんのりと聞こえる。]

ホワイトハッカー:(淡々と、興味なさげに)「あ、また視聴者さん。ちょうどブレイクタイムだよ。」

[コントローラーを指差しながら、視聴者に語りかける。]

ホワイトハッカー:(無関心な声で)「君がオンラインで遊ぶゲーム、僕も遊んでるかもしれないね。」

[自分の頭を触りながら、少し遠くを見る。]

ホワイトハッカー:(思考にふけるように)「オンラインゲームって、コードの合間にちょうど良い休憩になるんだよね。」

[コントローラーを持ち上げて見せながら、視聴者に語りかける。]

ホワイトハッカー:(若干の興味を示しつつも冷静に)「このゲーム、君もやってる?」

[一瞬ゲームの画面を指差しながら、視聴者に問いかける。]

ホワイトハッカー:(独り言のように、ぽつりと)「僕はね、人とのコミュニケーションは得意じゃないけど、ゲーム内だと少しは話せるんだよ。」

[苦笑いしながら、自分の胸を指差す。]

ホワイトハッカー:(哲学的な口調で)「たまには、リアルじゃない世界で息抜きするのもいいよね。」

[コントローラーをテーブルに置きながら、視聴者に語りかける。]

ホワイトハッカー:(興味津々の顔で、ゆっくりと)「君はどんなキャラでプレイしてるの?」

[苦笑いしながら、自分の顔を指差す。]

ホワイトハッカー:(控えめに)「僕は、まあ、普通のキャラで。目立ちたくないからね。」

[手を広げて、視聴者に話しかける。]

ホワイトハッカー:(軽く、提案するように)「あ、君も同じゲームやるなら、一緒にプレイしようか?」

[コントローラーを指差しながら、視聴者に提案する。]

ホワイトハッカー:(自嘲的に)「それに、技術的な話なら、僕も少しは話せるかもしれない。」

[自分の頭を指差しながら、笑顔で語る。]

ホワイトハッカー:(気だるく、しかし優しさを込めて)「それじゃ、また次回。もしゲームで会えたら、よろしくね。」

[手を振りながら、にっこりと笑って話す。]

[部屋の明かりが徐々に暗くなり、部屋がフェードアウトして、終了。]

恋愛編

……えっと、今夜は……特別な話をしたくて、

[部屋はモニターの明るさだけで照らされており、窓からの夜の景色がうっすらと見える。ホワイトハッカーはデスクの前に座っており、彼の前にはキーボードとマウス、そしてカップが置かれている。]

ホワイトハッカー:(不安げに、遠慮がちに)「……えっと、今夜は……特別な話をしたくて、」

[少し言葉を詰まらせながら、視聴者の方を向いて話し始める。]

ホワイトハッカー:(自嘲気味に)「僕はね、普段、人との会話が得意じゃないんだ。だから、こうやって君に直接話すのは……ちょっと緊張してる。」

[一瞬視線を逸らして、恥ずかしそうに微笑む。]

ホワイトハッカー:(探るように)「でも、君に伝えたいことがあって、」

[カップを手に取り、中身を一口飲む。その後、再び視聴者に視線を戻す。]

ホワイトハッカー:(躊躇しながら)「最近、君のことを…ちょっとだけ…気になってる。」

[言葉を選ぶように、ゆっくりと話す。]

ホワイトハッカー:(自らの気持ちに驚くように)「なんでかな、こんなこと、僕も初めてで……。」

[照れ笑いを浮かべながら、目を伏せる。]

ホワイトハッカー:(苦笑しながら)「確かに、僕はハッキングのスキルは持ってるけど、感情のコントロールは……全然ダメで。」

[自分を揶揄するように、軽く笑う。]

ホワイトハッカー:(真剣に)「何度も、この気持ちを無視しようと思ったんだ。でも、無駄だった。」

[深呼吸をして、視聴者の目を真剣に見つめる。]

ホワイトハッカー:(心を込めて)「君が何を思ってるのか、わからない。でも、自分の気持ちを伝えないと、後悔すると思って…」

[一瞬、言葉を詰まらせる。]

ホワイトハッカー:(困惑しながら)「あ、でも、うまく言葉にできないんだ。」

[再び照れ笑いを浮かべ、手で額を覆う。]

ホワイトハッカー:(思案しながら)「この気持ち、どうしたらいいのかな。」

[困惑の表情を浮かべる。]

ホワイトハッカー:(軽く笑いながら)「…ふふ、なんて、くだらない話だよね。」

[カップを再び手に取り、一口飲む。]

ホワイトハッカー:(感謝の気持ちを込めて)「でも、君には、本当の気持ちを知ってほしかったんだ。」

[カップを置き、視聴者に向かって深々と頭を下げる。]

ホワイトハッカー:(優しく)「ありがとう、聞いてくれて。」

[一瞬の沈黙の後、笑顔で手を振る。]

ホワイトハッカー:(微笑みながら)「それじゃあ、またね。」

[モニターが徐々に暗くなり、画面がフェードアウトして、終了。]

ねえ、視力検査とかで、あの、文字を読む時みたいに…

[暗い部屋に、モニターの光だけが灯る。ホワイトハッカーは少し緊張しながらデスクの前に座り、カメラ(視聴者)を見つめる。彼の目には迷いが見られる。]

ホワイトハッカー:(掠れた声で、ほんのり驚きながら)「あの、前回の話から、ちょっと気になってることがあって、」
[手を握りしめて、言葉を探す。]

ホワイトハッカー:(自嘲するように、しみじみと)「僕、核心的な言葉を何一つとして言えていないんだよね。」
[少し自嘲気味に微笑む。]

ホワイトハッカー:(適切な言葉を探しながら、軽く肩をすくめて)「感情の取扱いは得意じゃないし、言葉にするのも難しい。」
[手を広げ、少し困ったような顔をする。]

ホワイトハッカー:(真剣に、しかし少し迷いがあるように)「でも、言っている様なものだとしても、練習をさせて欲しいんだ。」
[一瞬、目を閉じて深呼吸。]

ホワイトハッカー:(誠実に、しかし少し不器用に)「だから、少し練習させてもらえるかな?」
[勇気を振り絞りながら、カメラに向かって言葉を続ける。]

ホワイトハッカー:(興味津々に、ちょっと遊び心を含めて)「ねえ、視力検査とかで、あの、文字を読む時みたいに…」
[言葉を選びつつ、苦笑いを浮かべる。]

ホワイトハッカー:(ため息をつきながら、苦し紛れに)「き、す、だ、で……みたいなの用意するから、上手い事さぁ……」
[言葉が途切れ、少し赤面する。]

ホワイトハッカー:(挫折しそうに、しかし試み続けて)「こう、……」
[言葉を詰まらせながら、頭を掻く。]

ホワイトハッカー:(途方に暮れるように)「あー、もう、何言ってるのか自分でもよくわかんないけど、」
[自嘲気味に笑う。]

ホワイトハッカー:(瞬間的な勇気をもって、ぶっきらぼうに)「要するに、僕は…君のことを…好きだ。」
[一瞬の沈黙。]

ホワイトハッカー:(安堵の表情で、照れくさい感じで)「はぁ、やっと言えた。」
[照れくさい気持ちで、顔を手で隠す。]

ホワイトハッカー:(真剣に、目を細めて)「でも、君がどう思ってるのかは、全くわからない。」
[カメラを真剣に見つめる。]

ホワイトハッカー:(やわらかく、穏やかに)「だから、答えを急かすつもりはないよ。」
[言葉を慎重に選ぶ。]

ホワイトハッカー:(心の中の温かさを感じさせるように)「でも、僕の気持ち、受け取ってくれると嬉しいな。」
[心からの願いを込めて、微笑む。]

ホワイトハッカー:(軽やかに、解放される感じで)「とりあえず、今夜はこれで終わりにするね。」
[一瞬、目を閉じて深呼吸する。]

ホワイトハッカー:(感謝の気持ちを込めて、温かく)「ありがとう、聞いてくれて。またね。」
[手を振りながら、カメラをオフにする。画面が徐々に暗くなり、終了。]

……余りにも恥ずかしい。消して欲しい。バックアップとかも全部消して。

[モニターの前に座り、少し戸惑いながらカメラ(視聴者)を見つめるホワイトハッカー。]

ホワイトハッカー:(不意を突かれたように)「何?えっ………。あれ、録画してたの…?」

[思わず手を顔に当て、困ったような顔をする。]

ホワイトハッカー:(少し落胆して)「というか、確かに画面越しだし、僕の方も録画はしてなくもないけど…」

[言葉を詰まらせながら、カメラに向かって言葉を続ける。]

ホワイトハッカー:(やや困り気味に)「……余りにも恥ずかしい。消して欲しい。バックアップとかも全部消して。」

[一瞬、目を閉じて深呼吸する。]

ホワイトハッカー:(冷静に、しかし脅し気味に)「消さないなら、こっちで消すよ。」

[手をキーボードに伸ばし、タイプし始める。]

ホワイトハッカー:(羞恥心とわずかな焦りを含んで)「クラッキング?うるさいな、こればっかりは上等だよ。恥ずかしいから。」

[カメラを見つめながら、言葉を続ける。]

ホワイトハッカー:(やや弱々しく)「前回、心の底からの気持ちを伝えたんだ。でも、それを他人に見られるのは、やっぱり恥ずかしい。」

[頭を掻きながら、苦笑いを浮かべる。]

ホワイトハッカー:(誠実に、しかし押し付けがましくないように)「だから、どうか、録画を消してくれないかな。」

[切実な願いを込めて、カメラに向かって言葉を続ける。]

ホワイトハッカー:(軽くため息をつきながら)「君には、僕の本当の気持ちを知ってほしい。でも、それは君だけに知ってほしいんだ。」

[言葉を慎重に選びながら、カメラを見つめる。]

ホワイトハッカー:(心からの願いを込めて)「お願いだから、他の誰にも見せないでほしい。」

[一瞬、目を閉じて深呼吸する。]

ホワイトハッカー:(あっさりと)「とりあえず、今夜はこれで終わりにするね。」

[手を振りながら、カメラをオフにする。画面が徐々に暗くなり、終了。]

ネットゲームとかでいい?MMOデートとかさ。

[モニターの前に座り、カメラ(視聴者)を見つめるホワイトハッカー。手にはマウスを持ち、キーボードが前に置かれている。]

ホワイトハッカー:(適当な感じで)「ねえ、君。少し話をしようか。」

[少し戸惑いながら、言葉を続ける。]

ホワイトハッカー:(ちょっと申し訳なさげに)「実はね、君に会いたいんだ。でも、まだリアルで会うのは無理だから…」

[言葉を切り、少し間を置く。]

ホワイトハッカー:(半笑いで)「ネットゲームとかでいい?MMOデートとかさ。」

[キーボードを軽く叩きながら、言葉を続ける。]

ホワイトハッカー:(驚いた風に)「いや、ちょっと待って。答えを聞いていなかったね。」

[手を顔に当て、苦笑いを浮かべる。]

ホワイトハッカー:(自虐的に)「話してくれているから、両想いだと勝手に思い込んでいたんだけど…」

[カメラに向かって真剣な目を向ける。]

ホワイトハッカー:(少し緊張しながら)「どうなの?君も僕のことを…」

[言葉を詰まらせながら、カメラを見つめる。]

ホワイトハッカー:(冷静に、しかし興味津々に)「でも、気になるなら、ちゃんと聞かなきゃね。」

[手をキーボードに伸ばし、何かをタイプし始める。]

ホワイトハッカー:(やや楽しげに)「このゲームの、このサーバー。雪が降っている国で待ってるから、ログインしてくれたら嬉しいな。」

[カメラを見つめながら、言葉を続ける。]

ホワイトハッカー:(適当な感じで、やや無責任に)「あ、でも無理にとは言わないから。」

[一瞬、目を閉じて深呼吸する。]

ホワイトハッカー:(軽く、まるで友達に言うように)「それじゃ、またね。」

[手を振りながら、カメラをオフにする。画面が徐々に暗くなり、終了。]

僕がそれを着るから。通販のURLがあると嬉しいな。

[モニターの前に座り、カメラ(視聴者)を見つめるホワイトハッカー。手にはマウスを持ち、キーボードが前に置かれている。]

ホワイトハッカー:(無表情、淡々と)「こんにちは、君。ちょっと気になることがあって、話したいんだ。」

[少し緊張しながら、言葉を続ける。]

ホワイトハッカー:(微かに興味津々としながら)「僕たち、ネットでは会ってるけど…」

[言葉を切り、深呼吸する。]

ホワイトハッカー:(迷ったように)「もうきっと、慣れたと思うし……それ止まりも嫌だし……。じゃあ、実際に会う、段階なのかな?」

[カメラに向かって真剣な目を向ける。]

ホワイトハッカー:(興味をもった表情で)「それで、まずは…どんな服が好きなの?」

[少し照れくさい表情を浮かべる。]

ホワイトハッカー:(不安そうに、しかし冷静に)「僕がそれを着るから。通販のURLがあると嬉しいな。値段は気にしないから。」

[手をキーボードに伸ばし、何かをタイプしながら、言葉を続ける。]

ホワイトハッカー:(探るように)「あと、どういう動きをしていればいいのかな?何系とか?」

[一瞬考え込み、言葉を詰まらせる。]

ホワイトハッカー:(不安定に)「えっと、…普段通り?」

[手を頭に当て、少し困った表情を浮かべる。]

ホワイトハッカー:(自問自答風に)「普段って…どんな風だろう?」

[カメラを見つめながら、力を込めて言葉を続ける。]

ホワイトハッカー:(決意を示しつつ、やや迷いを感じさせる)「分かった。僕、頑張るよ。」

[キーボードを叩きながら、笑顔で言葉を結ぶ。]

ホワイトハッカー:(安堵の表情で、軽く)「それじゃ、またね。」

[手を振りながら、カメラをオフにする。画面が徐々に暗くなり、終了。]