演じるイメージ湧かない!という人用のプロトタイプ概念

・おっとりめの優しいお姉さん
・母子家庭で、家業を継ぐ形で花屋になった
・ほんわかしていて、優しい
・芯がしっかりしてて、たまにとても強い
・お花と虫さんとお友達

初対面&来店編

チューリップには色々な言い伝えがあって、

[花屋の外、春の日差しの中、鳥のさえずりが聞こえる]

花屋の少女(優しく):
「こんにちは、いらっしゃいませ。今日はとってもいい天気ですね。」

[花屋の店内に入ると、色とりどりの花が咲き乱れている]

花屋の少女(楽しそうに):
「見てください、これはヒヤシンス。とっても甘い香りがしますよね。春の訪れを感じさせてくれるお花なんです。」

[ヒヤシンスの鉢を手に取り、視聴者に見せる]

花屋の少女(嬉しそうに):
「色もピンクや青、白と様々で、どれも美しいですよね。」

[ヒヤシンスを戻し、次の花に向かう]

花屋の少女(夢見心地で):
「次にご紹介するのは、チューリップです。チューリップも春の代表的なお花の一つですよね。」

[チューリップの鉢を手に取り、視聴者に見せる]

花屋の少女(優しく):
「チューリップには色々な言い伝えがあって、赤いチューリップは『愛の告白』、黄色いチューリップは『微笑みの愛』と言われています。」

[チューリップを戻し、店内を一緒に歩く]

花屋の少女(明るく):
「この他にも、たくさんの種類のお花があります。それぞれに違う魅力があって、見ているだけで幸せな気持ちになりますよね。」

[店内を歩きながら、視聴者に話しかける]

花屋の少女(優しく):
「あなたは、どんなお花が好きですか?」

[少し間をおいて、視聴者の返答を待つ]

花屋の少女(うれしそうに):
「そうなんですね。それはきっと、あなたの心にぴったりのお花なんでしょうね。」

[最後に、視聴者に向かって微笑む]

花屋の少女(やさしく):
「今日は私のお店に来てくれて、本当にありがとうございました。この春の訪れとともに、あなたにも素敵なことがたくさん訪れますように。」

[花屋の外に出て、手を振りながら]

花屋の少女(明るく):
「さようなら、またいつでも遊びに来てくださいね。」

これはアジサイ。雨の日には特に綺麗に見えるお花ですよね。

[花屋の店内、雨の音が響く中]

花屋の少女(明るく):
「あら、お久しぶりです!今日は大雨ですね。」

[視聴者の傘や服が濡れているのを見て]

花屋の少女(心配そうに):
「濡れていますね。大丈夫ですか?」

[視聴者にタオルを差し出す]

花屋の少女(優しく):
「これ、使ってください。」

[タオルを受け取ってもらい、視聴者を店内に誘う]

花屋の少女(楽しそうに):
「雨の日は、店内がとても静かで落ち着くんですよ。」

[店内の花たちを指差しながら]

花屋の少女(嬉しそうに):
「これはアジサイ。雨の日には特に綺麗に見えるお花ですよね。」

[アジサイの鉢を手に取り、視聴者に見せる]

花屋の少女(夢見心地で):
「アジサイは、雨をたっぷり吸収して、こんなにも美しい花を咲かせてくれます。」

[アジサイを戻し、店内を一緒に歩く]

花屋の少女(明るく):
「雨の日は、外は濡れて大変ですけど、お花たちにとっては恵みの雨なんですよ。」

[店内を歩きながら、視聴者に話しかける]

花屋の少女(優しく):
「あなたは、雨の日が好きですか?」

[少し間をおいて、視聴者の返答を待つ]

花屋の少女(にっこりと笑いながら):
「そうなんですね。雨の日もそれぞれの楽しみ方があると思います。」

[小さな袋に花を入れて、視聴者に差し出す]

花屋の少女(優しく):
「あら、濡れていますね。こちら、おまけの花をどうぞ。雨の日も明るく過ごしてくださいね。」

[最後に、視聴者に向かって微笑む]

花屋の少女(やさしく):
「また、晴れた日も雨の日も、いつでも遊びに来てくださいね。」

この時間だと、夜咲くお花もおすすめですよ

[夕暮れ時、店のベルが鳴り、ドアが開く音]

花屋の少女(少し驚きつつ、優しく):
「あら、こんばんは。こんな遅い時間に来てくださって、ありがとうございます。」

[視聴者の顔を見て、ほっとした顔をする]

花屋の少女(笑顔で):
「あ、前にもこちらに来てくださった方ですよね? 雨の日に…」

[しばらく視聴者の返答を待つ]

花屋の少女(ニッコリ笑いながら):
「そうですね、覚えています。さて、何か特別なお花をお探しですか?」

[視聴者の返答を待つ]

花屋の少女(考えながら):
「そうなんですね。この時間だと、夜咲くお花もおすすめですよ。」

[店内を歩きながら視聴者を誘導する]

花屋の少女(指差しながら):
「例えば、こちらの月下美人。夜になると花を開き、とても良い香りを放ちます。」

[少し間をとりながら、視聴者のリアクションを楽しむ]

花屋の少女(夢見るように):
「この花は、夜の静寂の中で、まるで月の光のように優しく光ります。」

[視聴者の反応をうかがいながら、他の花を紹介]

花屋の少女(楽しそうに):
「それと、こちらのサギソウもおすすめです。夜になると、花がキラキラと光るように見えます。」

[少し間をとってから、視聴者に向かって]

花屋の少女(一生懸命に):
「夜のお花は、日中とはまた違った美しさがあります。私は夜のお花も大好きなんです。」

[しばらくの間、視聴者との会話の空気を作る]

花屋の少女(微笑みながら):
「夜のお花を見ると、どこか安らぎを感じます。」

[視聴者とのやり取りをしばらく続けた後]

花屋の少女(優しく):
「夜も更けてきましたね。今日はどうですか?どのお花と、素敵な夜を過ごされますか?」

[視聴者の返答を待ち、その後]

花屋の少女(にっこりと):
「素敵な選択です。そのお花と、きっと素晴らしい時間を過ごせると思います。」

[最後に、視聴者に向かって微笑む]

花屋の少女(やさしく):
「また、お時間が合えば遊びに来てくださいね。どんな時間でも、お花たちはあなたを待っています。」

あの花、ご覧になっていますか?風に舞う姿が綺麗ですよね。

[店内、そよ風の音が聞こえ、店のベルが鳴り、ドアが開く音]

花屋の少女(笑顔で):
「あら、こんにちは。またお越しいただけてうれしいです。」

[少し間を置き、視聴者の顔を見て笑顔を浮かべる]

花屋の少女(穏やかに):
「お店に来るたび、どんな花と出会うのか楽しみにしていますよ。」

[視聴者の返答を待つ]

花屋の少女(指差しながら、外を指す):
「あの花、ご覧になっていますか?風に舞う姿が綺麗ですよね。」

[外に咲いている桜の花びらが風に舞っている様子を視聴者に示す]

花屋の少女(夢見るように):
「桜の花びら…。自然の美しさに触れることで、心も癒される気がします。」

[少しの間、風に舞う花びらを共に眺める]

花屋の少女(楽しそうに):
「桜の花びらは、短い期間しか楽しめないので、その儚さがまた特別に感じます。」

[視聴者の反応をうかがいながら]

花屋の少女(優しく):
「春のこの時期は、色とりどりの花たちが咲き誇ります。お気に入りの花はありますか?」

[視聴者の返答を待つ]

花屋の少女(ニッコリとして):
「そうなんですね。それはきっと、とても素敵な花ですね。」

[店内を歩きながら視聴者を誘導する]

花屋の少女(指差しながら):
「この花はツツジ、春になるとたくさんの花を咲かせます。鮮やかな色で、見るだけで元気が出ます。」

[視聴者とのやり取りを楽しむ]

花屋の少女(微笑みながら):
「今は春ですが、季節ごとに異なる花が咲くのも、自然の魅力ですよね。」

[視聴者との会話の空気を作る]

花屋の少女(やさしく):
「あなたと、これからもたくさんの花との出会いを共有できたら嬉しいです。」

[視聴者の反応を待ち、その後]

花屋の少女(にっこりと):
「また、次の季節の花もお楽しみに。どんな季節でも、お花たちはあなたを待っていますよ。」

その花、私にとっても昔の思い出を思い出します

[店内、静かに鳥のさえずりや葉のざわつきが聞こえる]

花屋の少女(優しく笑顔で):
「こんにちは。またお越しいただいて、心からうれしいです。」

[少しの間、視聴者の顔を見て]

花屋の少女(穏やかに):
「毎回、違う花たちをご覧になっていますよね。それぞれの花には、特別な思いや記憶があるのでしょうか?」

[視聴者の反応を待つ]

花屋の少女(指を一つ上げて、紹介するように):
「あの花、ご覧になっていますか?それはリナリア。」

[リナリアを指差しながら]

花屋の少女(少し遠くを見ながら):
「その花、私にとっても昔の思い出を思い出します。」

[視聴者の反応を待つ]

花屋の少女(夢見るように):
「実は、私の祖母がこのリナリアをとても愛していて、彼女の家の庭にはいつもきれいに咲いていました。」

[視聴者とのやり取りを楽しむ]

花屋の少女(優しく微笑みながら):
「お花にはそれぞれの言葉があるから、過去の想いや思い出を伝えられるんですよ。リナリアの花言葉は『私を忘れないで』。祖母のことを思い出す度に、その言葉が胸に響きます。」

[視聴者とのやり取りを深める]

花屋の少女(楽しそうに):
「あなたにとって、特別な花言葉を持つお花はありますか?」

[視聴者の返答を待つ]

花屋の少女(頷きながら):
「そうなんですね。それは、あなたにとって大切な思い出があるのでしょう。」

[少しの間を置き]

花屋の少女(やさしく):
「私たちが過ごした時間や思い出は、お花の言葉とともに色鮮やかに心に残っています。」

[視聴者との会話の空気を作る]

花屋の少女(にっこりと):
「これからも、お花と共に新しい思い出を作っていけたら、と思っています。」

お花の話とお店での日常編

朝日と共にお花に水をやるのは、私の日常の一部です。

[朝の鳥のさえずりや葉の擦れる音、遠くから車の音などが聞こえる]

花屋の少女(穏やかに):
「おはようございます。早くから来てくれて、ありがとうございます。この時間の水やりが、一番好きなんです。新しい日の始まりを感じられるから。」

[水を注ぐ音]

花屋の少女:
「見てください、このハイビスカス。水を与えると、葉っぱがふっくらと元気になります。」

[水を注ぐ音が続く]

花屋の少女:
「あなたも朝のルーチンがあるのかな? 朝日と共にお花に水をやるのは、私の日常の一部です。」

[ふと考えながら]

花屋の少女:
「あ、このお花、知ってますか? カラーと言って、色んな色が楽しめるんですよ。」

[水を注ぐ音]

花屋の少女(ぼんやりと):
「朝の静けさと、お花たちの元気な姿。それに、あなたが来てくれること。これが私の一日のスタートです。」

[ちょっと照れくさいように]

花屋の少女:
「あ、でも、私のお話ばかりしてしまって。あなたの朝はどんな風に過ごしていますか?」

[一瞬の静寂]

花屋の少女(笑顔で):
「あ、そうなんですね。私たち、それぞれの朝の過ごし方があって、それが特別なんですよね。」

[水やりの動作を終えながら]

花屋の少女:
「さて、今日も一日、お花たちと共に頑張ります。あなたも素敵な一日を過ごしてくださいね。」

[にっこりと微笑み]

花屋の少女:
「また、お店に遊びに来てください。お待ちしています。」

失敗してもめげずにね。私も最初はそうだったから。

[背景には店内の小さな水の音や葉のさらさらとした音]

花屋の少女(優しく):
「こんにちは! また来てくれて、嬉しいな。」

[花を手に取りながら]

花屋の少女:
「この花、ご存知ですか? ラベンダーと言って、とてもいい香りがしますよ。」

[香りを嗅ぎながら]

花屋の少女:
「でも、実は育てるのが少し難しいんです。」

[目を輝かせて]

花屋の少女:
「でも大丈夫! 私が育てるコツを教えてあげますね。」

[少しぼんやりと]

花屋の少女:
「まず、ラベンダーは日当たりを好むので、明るい場所に置いてあげること。それから、水はあまりやりすぎず、土が乾いたら少し与えるくらいがちょうどいいんです。」

[一瞬の静寂]

花屋の少女(にっこりと):
「えへ、簡単でしょ? でも、ラベンダーはちょっと気難しいお姫様みたいで、ちょっとしたことで元気をなくしてしまうことも…」

[恥ずかしそうに]

花屋の少女:
「実は、私も最初は何度も失敗してました。でも、何度もトライして、今はこんなに元気なラベンダーを育てることができるようになりました。」

[夢見がちに]

花屋の少女:
「あ、そうそう。ラベンダーの花言葉は『許しあう愛』。ちょっとロマンチックでしょ?」

[微笑みながら]

花屋の少女:
「ふふ、もしラベンダーを家で育てたくなったら、いつでも教えてあげるからね。」

[おどけて]

花屋の少女:
「でも、失敗してもめげずにね。私も最初はそうだったから。」

[にっこりと微笑む]

花屋の少女:
「それじゃ、またお店でお待ちしています。ラベンダーのこと、何かあったら、いつでも聞きに来てくださいね。」

私、この店にいるときが一番幸せです。

[背景には店内で流れる優しい音楽と小さな水の音]

花屋の少女(優しく):
「おはようございます。今日もいい天気ですね。」

[音楽に耳を傾けながら]

花屋の少女:
「この曲、素敵だと思いませんか?」

[目をキラキラと輝かせて]

花屋の少女:
「私、この曲が流れていると、お花たちも喜んでいるような気がして。音楽って、本当に心を豊かにしてくれるんですよね。」

[少しぼんやりと]

花屋の少女:
「このお花、名前はデルフィニウムといいます。青い花が美しいんですよ。」

[微笑みながら]

花屋の少女:
「デルフィニウムの花言葉は『大胆』。音楽と一緒に、お花も私たちの気持ちを表現してくれるんですね。」

[目を閉じて音楽を感じながら]

花屋の少女:
「私、この店にいるときが一番幸せです。お花たちと音楽に囲まれて、心がほっこりと温かくなります。」

[ちょっとした笑い]

花屋の少女:
「あ、でももちろん、あなたが来てくれるのも、すごく嬉しいですよ!」

[目を輝かせて]

花屋の少女:
「今日も一緒に素敵な時間を過ごしましょうね。」

[おどけて]

花屋の少女:
「もしよかったら、あなたのお気に入りの曲も教えてくださいね。お花たちも喜んでくれると思いますから。」

[にっこりと微笑む]

花屋の少女:
「それでは、またお店でお待ちしています。お気をつけてお帰りくださいね。」

アンジェリカ、明るい場所を好むんです。

[背景には軽い風の音や鳥のさえずり、そして時折店内から聞こえる軽いお客様の声]

花屋の少女(穏やかに):
「あ、こんにちは。もしかしてランチの時間になったんですか?」

[軽く笑いながら]

花屋の少女:
「私、お昼はいつもこのベンチでランチを取っているんです。」

[少しばかり恥ずかしそうに]

花屋の少女:
「なんていうか、お花たちと一緒に静かな時間を楽しみたくて…。」

[空を見上げて]

花屋の少女:
「今日も晴れて、気持ちいいですね。このお花、名前はアンジェリカ。繊細な白い花が特徴的です。」

[お花を指さしながら]

花屋の少女:
「アンジェリカ、明るい場所を好むんです。だからこのベンチの近くに植えてみました。」

[微笑みながら]

花屋の少女:
「このベンチ、以前からここにあったんですよ。いろんな人が座って、休憩したり、読書をしたり…。私もこの場所が大好きなんです。」

[ちょっと考え込む]

花屋の少女:
「でも、あなたとここで話すのは初めてかもしれませんね。」

[顔を赤らめて]

花屋の少女:
「えへ、ちょっと照れくさいです。」

[お弁当の箱を開けながら]

花屋の少女:
「あ、もしよかったら、一緒にランチを食べていきませんか?」

[にっこりと微笑む]

花屋の少女:
「これ、自分で作ったお弁当なんです。あまり上手ではないけど…。」

[ふと気づいたように]

花屋の少女:
「あっ、でも、あなたももう食べちゃったかな?」

[ちょっぴり残念そうに]

花屋の少女:
「でも、次回は一緒にランチを食べたいですね。」

[穏やかな笑顔で]

花屋の少女:
「それでは、またお店でお待ちしています。ゆっくり休憩して、元気に過ごしてくださいね。」

毎晩、お花たちを守るように、店を閉めていますから

[背景には日が暮れる静かな夕暮れ時の音、軽く鳴る風鈴の音、そして遠くの鳥の鳴き声]

花屋の少女(柔らかい声で):
「あ、こんばんは。ちょうど閉店の準備をしていたところです。」

[微笑みながら]

花屋の少女:
「今日も一日、お疲れ様でした。お客様の笑顔を見ることができて、私も幸せな気分になれます。」

[そっとお花を眺めて]

花屋の少女:
「こちらは“カモミール”。ふわふわとした白い花が可愛らしいですよね。」

[ちょっと考え込む]

花屋の少女:
「明日もまた、カモミールたちと素敵な一日を過ごせるといいですね。」

[しみじみと]

花屋の少女:
「日が暮れるこの時間、お花たちも一息ついているような気がします。」

[空を見上げて]

花屋の少女:
「今日の空、きれいですね。この景色、一緒に見ることができて嬉しいです。」

[微笑む]

花屋の少女:
「最近、夜になると少し冷えてきましたね。お花たちも、夜の寒さに気をつけないと。」

[ちょっぴり心配そうに]

花屋の少女:
「でも、大丈夫。毎晩、お花たちを守るように、店を閉めていますから。」

[にっこりと微笑みながら]

花屋の少女:
「あなたも、寒くなってきたら、気をつけてくださいね。風邪をひいては大変ですから。」

[ちょっと顔を赤らめて]

花屋の少女:
「えへ、ちょっとお節介かな。」

[穏やかに]

花屋の少女:
「それでは、また明日。お花たちと一緒に、あなたをお待ちしています。」

[微笑みながら]

花屋の少女:
「おやすみなさい。」

イベント・トラブル編

大切な鉢が…でも、大事なのはこの花の命。早く植え替えないと。

[店内、遠くで水やりの音]

花屋の少女(視聴者に向かって明るく):
「こんにちは!また来てくださって、ありがとうございます。今日は何をお探しでしょうか?」

[少しの間、視聴者の顔を見て]

花屋の少女(突然のドキッとした様子で):
「あっ!」

[ガラスの割れるような音]

花屋の少女(驚きの中で):
「大切な鉢が…でも、大事なのはこの花の命。早く植え替えないと。」

[慌てて移植の用意をする]

花屋の少女(視聴者に向かって申し訳なさそうに):
「すみません、ちょっとお待ちいただけますか?このガーベラ、とても大切な花なんです。」

[一生懸命、植え替えを始める]

花屋の少女(やさしく、視聴者に話しかけながら):
「このガーベラ、実はお店を開くきっかけとなった花なんです。最初に育てたのが、このガーベラだったんですよ。」

[視聴者の反応を待つ]

花屋の少女(微笑みながら):
「花って、驚くほど強いんです。少しの水と愛情で、こんなに美しく咲いてくれる。」

[視聴者とのやり取りを楽しむ]

花屋の少女(ガーベラの鉢を触りながら):
「鉢は壊れてしまいましたが、このガーベラの命はまだ続いています。生きる力って、素晴らしいですよね。」

[視聴者の反応を待つ]

花屋の少女(笑顔で):
「あなたも、お花を大切にしているから、こんな私のお店に来てくれているんですよね?」

[視聴者とのやり取りを深める]

花屋の少女(優しく):
「こういうトラブルもあるけれど、お花たちと一緒に過ごす時間は、私にとってとても大切です。」

[視聴者との会話を続ける]

花屋の少女(元気に):
「このガーベラ、新しい鉢に植え替えて、もっと元気に咲いてくれることでしょう。」

この花、セントポーリア、水をあげるのを忘れてしまって…

[店内、背景に鳥のさえずりや風の音]

花屋の少女(視聴者に向かって明るく):
「こんにちは!お久しぶりですね。いつもありがとうございます。」

[少しの間、視聴者の顔を見て]

花屋の少女(突然の気づきの様子で):
「あっ!」

[水やりを急いで行う音]

花屋の少女(慌てて、少し恥ずかしそうに):
「お客様、すみません!この花、セントポーリア、水をあげるのを忘れてしまって…」

[慌ててアフリカンバイオレットに水をあげる]

花屋の少女(視聴者に向かって申し訳なさそうに):
「セントポーリアは、少し乾燥を好むんですけど、今回はちょっと長く乾燥させ過ぎてしまって…」

[少し照れくさい笑顔]

花屋の少女(やさしく、視聴者に話しかけながら):
「実は、最近、お店が少し忙しくて、水やりのタイミングを見失ってしまって…でも、大切なのはお花の元気。」

[視聴者の反応を待つ]

花屋の少女(温かい笑顔で):
「お花は、私たちの心を癒してくれる存在。だから、私もお花たちに恩返しをしたいと思っています。」

[視聴者とのやり取りを楽しむ]

花屋の少女(ふと思い出すように):
「あ、でも、セントポーリアの良いところは、少しのミスでもすぐに復活してくれること。だから、きっと大丈夫!」

[視聴者とのやり取りを深める]

花屋の少女(やさしく):
「ふふ、こんな私ですが、これからもお花たちとともにがんばります。」

[視聴者との会話を続ける]

花屋の少女(元気に):
「もし、お家でお花のケアに困ったことがあれば、いつでも相談してくださいね!」

この子、どこから来たんでしょうね?

花屋の少女(視聴者に向かって明るく):
「こんにちは!今日もお越しいただき、ありがとうございます。」

[少しの間、視聴者の顔を見て、気づく]

花屋の少女(驚きの様子で):
「あれ?」

[蝶が舞っている音]

花屋の少女(素直に感じるまま):
「この蝶、きれいですね。もしかして、どこかのお客様のお連れでは?」

[視聴者と蝶を一緒に眺める]

花屋の少女(やさしく):
「でも、ここはお花屋さん…。この子、どこから来たんでしょうね?」

[視聴者とのやり取りを楽しむ]

花屋の少女(考え込みながら):
「あっ、もしかして、この前入荷したクレマチスのお花に引き寄せられたのかな?」

[視聴者にクレマチスのお花を見せる]

花屋の少女(視聴者に話しかけながら):
「クレマチスは、鮮やかな色と独特の形が特徴で、蝶々や蜜蜂が好むお花なんです。」

[視聴者の反応を待つ]

花屋の少女(微笑みながら):
「こうして、お花と生き物が関わり合って、生態系が成り立っているんですよね。」

[視聴者とのやり取りを深める]

花屋の少女(ふと思い出すように):
「実は、私も子供のころ、蝶々を追いかけて遊んだ思い出があるんです。」

[視聴者に昔話をする]

花屋の少女(元気に):
「でも、この子は迷子かな。後で外に出してあげようと思います。」

[視聴者との会話を続ける]

花屋の少女(やさしく):
「今日は何のお花をお探しですか?何かお手伝いできることがあれば、何でも言ってくださいね!」

ごめんなさい、注文していた花が遅れてしまって…

[店内、鳥のさえずりや風の音、他の花々の香りやざわめき]

花屋の少女(視聴者に向かって少し緊張して):
「あ、こんにちは!お越しいただき、ありがとうございます。」

[視聴者の顔を見て、ちょっと緊張しながら]

花屋の少女(申し訳なさそうに):
「実は、ちょっとお伝えしたいことがあって…」

[少しだけ沈黙]

花屋の少女(しんみりと):
「ごめんなさい、注文していた花が遅れてしまって、今日中にはご用意できなくて…」

[視聴者の反応を気にしつつ]

花屋の少女(ちょっと天然に):
「確か、ネモフィラをお求めだったんですよね?ネモフィラは、繊細で青い花で、まるで空のような色が特徴なんです。」

[視聴者の顔を見て、少し解説を加える]

花屋の少女(ふと明るく):
「でも、明日には届く予定なので、それまでお待ちいただけると嬉しいです。」

[視聴者の反応を気にしながら]

花屋の少女(ちょっと天然に):
「あっ、でも、待っている間、他の花もぜひ見ていってくださいね。新しく入荷したユリオプスデージーもおすすめですよ。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女(やさしく):
「このユリオプスデージー、元気な黄色の花で、見ているだけで元気がもらえるんです。」

[視聴者の顔を見つつ]

花屋の少女(ちょっと照れくさい):
「また、ネモフィラが届くまで、何かお手伝いできることがあれば、お知らせください。」

[視聴者との会話を楽しむ]

花屋の少女(微笑みながら):
「いつもありがとうございます。皆様に喜んでいただけるよう、これからも一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします。」

虫もお花と同じく自然の一部。小さな命を大切にしないといけませんね。

[店内、鳥のさえずりや風の音、他の花々の香りやざわめき]

花屋の少女(視聴者に向かって優しく笑顔で):
「こんにちは!いつもお越しいただき、ありがとうございます。」

[視聴者の顔を見て、ちょっとだけ楽しそうに]

花屋の少女(ちょっと照れくさそうに):
「今日も素敵な花をお選びいただけて、私も嬉しいです。」

[視聴者に見せながら]

花屋の少女(ふと驚いて):
「あっ、ちょっと待ってくださいね。なんだか、お花の間から小さな虫が…」

[ちょっと驚きつつ]

花屋の少女(ちょっと笑って):
「うふふ、お花屋さんって、虫も一緒に住んでることがありますね。」

[視聴者の反応を気にしつつ]

花屋の少女(やさしく):
「でも大丈夫!虫は平気な店員がほとんどなんですよ。」

[視聴者に向かって]

花屋の少女(ちょっと冗談っぽく):
「私も虫が苦手だったら、この仕事はできませんよね。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女(楽しそうに):
「でも、虫もお花と同じく自然の一部。小さな命を大切にしないといけませんね。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女(微笑みながら):
「いつもお越しいただき、本当にありがとうございます。」

[視聴者の顔を見て]

花屋の少女(優しく):
「それでは、お気をつけてお帰りくださいね。またお待ちしています!」

恋愛未満&距離縮め編

こんなにも好きな人に出会えるなんて、驚きです。

[店内、静かに鳥のさえずりや風の音、遠くで流れる穏やかな音楽]

花屋の少女(視聴者に向かって優しく笑顔で):
「こんにちは、お越しいただきありがとうございます。」

[花の香りを嗅ぎながら]

花屋の少女:
「このローズマリーの香り、とってもいいですよね。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女(目を輝かせて):
「えっ、あなたもこの香りが好きなんですか?私もローズマリーが大好きで、よく家に飾っています!」

[うれしそうに]

花屋の少女:
「こんなにも好きな人に出会えるなんて、驚きです。」

[視聴者の顔を見ながら]

花屋の少女(楽しそうに):
「ローズマリー、記憶の花とも言われていますよね。あなたとのこの出会いも、きっと忘れられない思い出になると思います。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女:
「こんな共通の趣味があるとは思いませんでした。」

[楽しそうに]

花屋の少女:
「他にも好きなお花や、香りってありますか?」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女(うれしそうに):
「ふふ、お互いにお花の好みや香りについて、もっとたくさん話したいですね。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女(楽しそうに):
「今日はどんなお花をお探しですか?」

[視聴者の顔を見て、微笑んで]

花屋の少女:
「また、何か共通の趣味を見つけられるかもしれませんね。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女(優しく):
「今日も、お花であなたの日常に少し彩りを添えられたら嬉しいです。」

ちょっと私、あなたの好みを勉強してみました

[店内、静かに鳥のさえずりや風の音、遠くで流れる穏やかな音楽]

花屋の少女(視聴者に向かって優しく笑顔で):
「こんにちは!またお越しいただき、本当にありがとうございます。」

[少しだけ照れくさそうに]

花屋の少女:
「実は、今日はちょっと特別なことを考えてみました。」

[視聴者の反応を気にしながら]

花屋の少女(ちょっと楽しそうに):
「…この花束、実はあなたの好きな花を入れてみました。」

[ちょっと照れくさそうに]

花屋の少女:
「気づいてもらえるかな?」

[視聴者の顔を見ながら]

花屋の少女(やさしく):
「例えば、このローズマリー。あなたが前にその香りが好きだと言っていたのを覚えていますよ。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女(ちょっと冗談っぽく):
「それと、このスノードロップも。冬の終わりを感じさせる、純白な花。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女(微笑みながら):
「ちょっと私、あなたの好みを勉強してみました。」

[視聴者の顔を見て、優しく笑って]

花屋の少女:
「花束の中に、私たちの思い出や話を少し詰め込んでみたんです。」

[視聴者の反応を気にしつつ]

花屋の少女(楽しそうに):
「ふふ、こんな風にお客様の好みを取り入れるのも、とても楽しいですよ。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女(優しく):
「いつもお越しいただき、本当にありがとうございます。」

[視聴者の反応を見つつ]

花屋の少女:
「それでは、この花束、大切にお持ち帰りくださいね。」

[視聴者の顔を見て、微笑んで]

花屋の少女:
「またのお越しを、心からお待ちしております。」

一緒に夜のお花を見に来てくれると嬉しいです

[店内、閉店後の静かな雰囲気。遠くからの風の音が聞こえる]

花屋の少女(少し恥ずかしそうに):
「実は…閉店後も、私、お花と話すことがあるんです。」

[ちらっと視聴者の方を見て、照れくさい顔をしながら]

花屋の少女:
「夜のお花は、昼間とは違った雰囲気で、とても神秘的なんですよ。」

花屋の少女(夢見るような表情で):
「もしよかったら、一緒にお花を見に来ませんか?閉店後のこの時間、お花たちもゆっくりと休むことができるので、いつもとは違った姿を見せてくれるんですよ。」

[ちょっと考えて]

花屋の少女(驚いた顔で):
「あっ、でも、お店に一人でいるのはちょっと怖いですよね?」

[すぐに明るくなり、手を叩きながら]

花屋の少女:
「でも、大丈夫!お花たちが一緒にいてくれるので、私は一人じゃないんです。」

[視聴者の手を取って、店内を案内する]

花屋の少女:
「これは、ジャスミン。夜になると、とてもいい香りが広がるんです。」

[ジャスミンの香りを楽しんだ後、次のお花へ]

花屋の少女:
「そして、これは、夜のクチナシ。」

[ふと、空を見上げて]

花屋の少女(穏やかな表情で):
「夜の星空とお花たち。どちらも静かで、穏やかな時間を過ごしていますね。」

[しばらくの沈黙]

花屋の少女(笑顔で):
「実は、お花と話すことで、私も心が癒されているんです。」

[ちょっと照れくさい顔をしながら]

花屋の少女:
「そして、あなたと一緒にお花を見るのも、とても楽しいです。」

[最後に、視聴者の目を真っ直ぐ見つめて]

花屋の少女:
「また、一緒に夜のお花を見に来てくれると嬉しいです。」

とある珍しい花の噂を聞いて、それを探しに行きたいんです。

[店内、静かな昼下がりの雰囲気。遠くから鳥のさえずりや風の音が聞こえる]

花屋の少女(ちょっと照れながら):
「えっと、あの…実は休日、私、山に新しい花を探しに行くんです。」

[ちらっと視聴者の方を見て、顔を赤くしながら]

花屋の少女:
「もし、よろしければ…一緒に行ってみませんか?」

[しばらくの沈黙]

花屋の少女(勢いをつけて):
「山にはまだ店にはない珍しい花や、季節の花がたくさん咲いていて、それを見るのがすごく楽しいんですよ!」

[お店の角に置いてある花を指さしながら]

花屋の少女:
「この花、ツワブキというんです。前回、山で見つけてきたんです。太陽の光にキラキラと輝いて、とてもきれいでした。」

[ちょっと考えて]

花屋の少女:
「でも、山道は少し険しいので、適切な服装や靴は必要ですよ。」

[笑顔で]

花屋の少女:
「でも、安心してください!私がしっかりと案内しますから。」

[ちょっと照れくさい顔をしながら]

花屋の少女:
「実は、私、お花のことばかりで、道を間違えることも…あるんです。」

[ちょっと頬をかいて]

花屋の少女:
「でも、それも一つの冒険みたいで、楽しいんですよ。」

[ちょっと深呼吸して]

花屋の少女:
「お花を探しに行くことで、新しい発見や感動があるんです。そして、それをあなたと共有したいなと思って…」

[目を輝かせて]

花屋の少女:
「実は、最近、とある珍しい花の噂を聞いて、それを探しに行きたいんです。」

[微笑みながら]

花屋の少女:
「それを二人で見つけられたら、とても素敵だと思いませんか?」

[最後に、視聴者の目を真っ直ぐ見つめて]

花屋の少女:
「私たちの小さな冒険。一緒に楽しんでみませんか?」

花言葉や説明は、今回は言わないでおきますね

[店内の落ち着いた雰囲気の中、花の香りが漂う]

花屋の少女(ちょっと照れながら):
「こんにちは、また来てくれて嬉しいです。今日は特別なお花をご紹介しようと思います。」

[花の中から一輪を取り出して]

花屋の少女:
「これ、ミモザっていうんです。可愛らしい黄色の花がふわふわと咲いていて、見ているだけで元気が出るんですよ。」

[ちらっと視聴者の方を見て、にっこりと笑って]

花屋の少女:
「今日は、このミモザをあなたにプレゼントしたいなと思って。」

[花を手渡そうとして、ちょっと照れながら]

花屋の少女:
「いつも来てくれて、ありがとう。あなたが来ると、お店がぱっと明るくなる気がするんです。」

[お花を手渡して]

花屋の少女:
「花言葉や説明は、今回は言わないでおきますね。」

[ちょっと考えて]

花屋の少女:
「でも、このミモザを見て、何か感じることがあれば、それが一番大切なことだと思います。」

[少し顔を赤くしながら]

花屋の少女:
「えっと、だから、このミモザを受け取ってもらえると嬉しいな。」

[お花を手渡し終えて、微笑みながら]

花屋の少女:
「次に来たときに、またお話しできるのを楽しみにしていますね。」

[視聴者が去っていく音が聞こえ、お店のドアが閉まる音がする]

花屋の少女(小さな声で):
「また、会えるのを待ってるね…」

恋愛編

これが、恋ってことなんですかね?

[背景には店内の穏やかな音楽と、軽く鳴る風鈴の音]

花屋の少女(柔らかく微笑みながら):
「こんにちは。また会えて嬉しいです。」

[優しく目を輝かせて]

花屋の少女:
「今日はちょっと真剣なお話をしたいなって思って。」

[少し照れくさそうに]

花屋の少女:
「実は、最近気づいたんです。あなたと一緒にいると、なんだか心が温かくなって…」

[穏やかな笑顔で]

花屋の少女:
「これが、恋ってことなんですかね?」

[少し考え込んで]

花屋の少女:
「あ、ちなみに。この『アイリス』ってお花、とてもきれいでしょう?」

[うっとりとした目で]

花屋の少女:
「アイリスの花言葉は「希望」と「信じる心」なんですよ。私も、あなたに対してそんな気持ちを抱いているみたいです。」

[真剣な目で]

花屋の少女:
「でも、無理に答えを出さなくていいですよ。私は、あなたとの時間を大切にしたいだけですから。」

[優しく微笑みながら]

花屋の少女:
「もしよかったら、またお話しましょう。」

[ちょっと照れくさい]

花屋の少女:
「それでは、またね。」

あ、でも、もし興味がなかったら、大丈夫ですよ。ただ、あなたと一緒に過ごす時間が楽しみなので…

[背景には店内の穏やかな音楽と、軽く鳴る風鈴の音]

花屋の少女(柔らかく微笑みながら):
「あ、いらっしゃい。また来てくれたんですね。嬉しいです。」

[目を輝かせて]

花屋の少女:
「最近、新しいお花をたくさん仕入れてきて、見せたいと思っていたんですよ。」

[少し考え込む]

花屋の少女:
「でも、店内だけじゃなくて、実際のお花畑を見に行ったことありますか?」

[期待に満ちた目で]

花屋の少女:
「あの、お花畑を見に行きませんか?一緒に新しい場所を見つけたいな。」

[ちょっと照れくさい]

花屋の少女:
「この前、『ヒマワリ畑』に行ってきたんです。広がる黄色の絨毯、本当にきれいで… あなたとも共有したいなって思って。」

[にっこりと微笑む]

花屋の少女:
「それと、秘密の場所があるんです。『コスモス』が風に揺れる姿を、二人っきりで見てみたいです。」

[少し顔を赤らめて]

花屋の少女:
「えへ、ちょっと恥ずかしいけど、素敵な時間を過ごせると思います。」

[穏やかに]

花屋の少女:
「その日は、私のお気に入りのお弁当を持ってきて、ピクニックもできたらいいですよね。」

[夢見がちに]

花屋の少女:
「あ、でも、もし興味がなかったら、大丈夫ですよ。ただ、あなたと一緒に過ごす時間が楽しみなので…」

[ちょっと恥ずかしそうに]

花屋の少女:
「それでは、また次回。お花畑の日を楽しみにしています。」

[微笑みながら]

花屋の少女:
「またね。」

正直、怖いんです。こんなにも早く、こんなにも強く、誰かを好きになるなんて…

[背景には店内の穏やかな音楽。微かに鳴る風鈴の音]

花屋の少女(ちょっと緊張した口調で):
「あの、ちょっとお話が…してもいいですか?」

[ちょっとため息をついて]

花屋の少女:
「最近、私、気持ちの整理がつかなくて…」

[少し目を閉じて、深呼吸]

花屋の少女:
「あなたと過ごす時間が増えるたびに、私の中であなたへの気持ちがどんどん大きくなっていって…」

[目を開け、視聴者を見つめる]

花屋の少女:
「正直、怖いんです。こんなにも早く、こんなにも強く、誰かを好きになるなんて…」

[ちょっと笑って]

花屋の少女:
「昔の私からしたら、ちょっと信じられないくらい。」

[ふと、視線を遠くに]

花屋の少女:
「でも、逃げたくないんです。逃げるのは、もうやめたい。」

[真剣な目で]

花屋の少女:
「だから、少しだけ、私の気持ちを受け止めてくれるかなって…」

[笑顔で]

花屋の少女:
「あ、でも、急にこんな話をして驚かせちゃったかな。ごめんね。」

[ちょっと照れくさい]

花屋の少女:
「でも、あなたとの関係が、大切だから…こんな風に正直に話したくなっちゃって。」

[優しく微笑みながら]

花屋の少女:
「どうか、これからも私のことを、よろしくお願いします。」

私、あなたのことが、好きです

[背景には店内の穏やかな音楽と微かに鳴る風鈴の音]

花屋の少女(少し緊張しながらも優しく):
「あの、ちょっと、お話を…してもいいですか?」

[ふと、手に持っている花を見つめる]

花屋の少女:
「この花、特別に選んだんです。」

[顔を上げて、視聴者に真っ直ぐ目を向ける]

花屋の少女:
「実は、この花には…大切な気持ちを込めています。」

[少し目を閉じて、深呼吸をしてから、再び視聴者を見つめる]

花屋の少女(真剣な目で):
「私、あなたのことが、好きです。」

[照れくさい笑顔]

花屋の少女:
「何度も来店してくれて、いつも優しく話してくれるあなたが…どんどん好きになっていって。」

[手に持っている花を見つめる]

花屋の少女:
「この花のように、綺麗で、純粋で…強い気持ちで。」

[再び視聴者を見つめる]

花屋の少女:
「急にこんなことを言って、驚かせちゃったかな…でも、この気持ちは、ずっと伝えたくて。」

[笑顔で]

花屋の少女:
「どうか、この気持ちを受け止めてくれるかなって…願っています。」

本当に、この花屋がもっともっと好きになりました。

[背景には店内の穏やかな音楽と微かに鳴る風鈴の音]

花屋の少女(ふと思い出すように):
「ねえ、あの日を覚えていますか? 初めて私の店に足を踏み入れてくれた日を。」

[微笑んで]

花屋の少女:
「この店、大好きだったんです。お花たちとの毎日…でも、あなたが来てから、さらに特別な場所になった気がします。」

[ちょっと照れくさい笑顔]

花屋の少女:
「初めての挨拶、ちょっぴり緊張したあの瞬間。それから、どんどん話すようになって…」

[目を輝かせて]

花屋の少女:
「毎回、あなたが店に来るのを楽しみにしていました。不思議と、あなたが来る日は、何だか心がわくわくして。」

[少しうつむきながら]

花屋の少女:
「そして、あの日、二人で過ごした時間。まるで時間が止まったような、特別なひととき。」

[再び視聴者の目を見つめる]

花屋の少女:
「私たち、どんどん近くなって…今、こんなに大切な存在として、隣にいてくれて。」

[笑顔で]

花屋の少女:
「本当に、この花屋がもっともっと好きになりました。あなたとの思い出の場所として。」

[優しく微笑みながら]

花屋の少女:
「これからも、たくさんの思い出を一緒に作っていきたいな。」