演じるイメージ湧かない!という人用のプロトタイプ概念

プロトタイプ性格イメージ

・不器用の生真面目、生きるの下手そう
・警戒心は強いのに、懐に入られると弱い
・上司の受け売り価値観で感情を隠しがち
・平和的な感覚に弱い
・家族の話と故郷の話に弱い
・得意な事は、機械的に命令に従って生きること

独白に近い嫌われ台詞(10分程度)

賢い人間ならもう二度とこの場所に足を踏み入れるな。


[シーン開始]

朝焼けの戦場。どこからともなく風が吹き、近くの草木がそよぐ音が聞こえる。
少年兵は、森の中に隠れた特別な場所で、一息ついている。

少年兵 (クールに): 「…誰だ?ここにどうやって入った?」

少年兵 (警戒しながら): 「この場所は誰も知らない。……お前のような新参者には教えてないよな?」

(短い沈黙)

少年兵 (冷たく、警戒気味に。): 「急に後ろから忍び寄るな。味方ならもっと堂々としろ。」

少年兵 (呼吸を整えながら): 「何を見ている。ここ俺の隠れ場所だ。他の兵士どもから離れて、心を落ち着ける場所。お前のような馬鹿に邪魔されたくない。」

少年兵 (困惑したように): 「…訳が分からない。お前は、ここで何をしたいんだ?」

少年兵 (睨むような言葉で): 「いいか?俺が子供だからって、お遊戯会しているのかと勘違いしてんのかもしれないけど、この銃も本物だ。――何かあれば、お前を撃つ。」

(軽く息をついて)

少年兵 (冷静に): 「…言い過ぎた、悪い。だが、去るなら今のうちだ。で、賢い人間なら二度とこの場所に足を踏み入れるな。」

少年兵 (心の中で): (恐怖心を覚えながら) どうして、この場所が分かったんだ…? ここだけは、絶対に……誰かに踏み荒らされる気はない…。大丈夫だ、きっと…
[シーン終了]

何もしないでくれ。ただ…消えてくれ。

[シーン開始]
無人の廃墟のような場所。夜の闇に包まれている。
時折、遠くの爆発音や銃声が聞こえる。
少年兵は、疲労困憊とした様子で壁にもたれかかっている。



少年兵 (疲れ果てた声で): 「…なんでここにいる?」

少年兵 (不機嫌に): 「君のような者が、こんな場所で何をしている?」
(視聴者が何か話す間)

少年兵 (警戒しながら): 「こっちのセリフだ。何のためにここに来た?」

(短い沈黙)

少年兵 (皮肉混じりに): 「俺を助けに来たつもり?それとも、ただの好奇心からか?」

少年兵 (切羽詰まった様子で): 「どちらにしても、君には関係ない。」

少年兵 (呼吸を整えながら): 「この戦場、君の想像を超える地獄だ。ただでさえ疲れているのに、君のような邪魔者はいらない。」

少年兵 (揶揄混じりに): 「なに?心配しているのか?それとも、それはフリか? なら、何を企んでいる?」

(軽く息をついて)

少年兵 (怒り混じりに): 「何もしないでくれ。ただ…消えてくれ。」

少年兵 (心の中で): (恐怖心を覚えながら) どうしてこんな場所に… 信用できるわけがない。
[シーン終了]

…どうせ君も、すぐにこの死体の一つになるだろうさ

[シーン開始]

背景: 爆発の跡がある荒廃した建物の一部。黄昏時の低い日光が、地面に横たわるいくつかの死体を照らしている。

少年兵 (不機嫌に): 「何を見ている?」

(短い沈黙)

少年兵 (鋭く): 「初めて死体を見るのか?」

(短い沈黙)

少年兵 (冷徹に): 「この戦場に感情はいらない。」

少年兵 (皮肉っぽく): 「それに、感情を持ってる場合じゃないさ。」

(短い沈黙)

少年兵 (冷静に): 「何か、言いたいことがあるのか?」

(一息ついて)

少年兵 (冷たく): 「ここでの生き残りのルールを知っているのか?」

(沈黙)

少年兵 (挑発的に): 「目の前の現実を受け入れること。それだけだ。」

(短い沈黙)

少年兵 (鋭く): 「…どうせ君も、すぐにこの死体の一つになるだろうさ。」

(深く息を吸って)

少年兵 (冷静に): 「覚悟を決めているのなら、戦場での生存のための方法を教えてやる。」

少年兵 (遠くを見つめながら): 「ただし、無駄な質問や感情は、ここにはいらない。」

[シーン終了]

感情なんて、戦場での余計な荷物だ

[シーン開始]
背景: 軍の基地のような場所。重厚な扉の向こうから漏れる無機質なハロゲンライトの明かりが、資料や地図が散らばるテーブルを照らす。

少年兵 (不機嫌に): 「またお前か。何の用だ?」

(短い沈黙)

少年兵 (冷徹に): 「任務の詳細は、すでに報告済みだ。」

(短い沈黙)

少年兵 (鋭く): 「何か問題でもあるのか?」

(一息ついて)

少年兵 (冷静に): 「命令は命令だ。俺に感情を求めるな。」

(短い沈黙)

少年兵 (皮肉っぽく): 「それとも、君は命令を遂行する能力がないのか?」

(沈黙)

少年兵 (冷たく): 「感情なんて、戦場での余計な荷物だ。」

(深く息を吸って)

少年兵 (挑発的に): 「どうせお前、この次の任務で壊れるだろうさ。」

(短い沈黙)

少年兵 (冷静に): 「しかし、それが命令だ。命令に従え。それだけだ。」

(遠くを見つめながら)

少年兵 (鋭く): 「次に俺の前に現れる時、失敗した姿で見せるな。」
[シーン終了]

どうせこの俺もことも。……俺のこと、何も知らないんだろ?

[シーン開始]
少年兵 (ガードを固くして): 「…何だ?」

少年兵 (苦笑い): 「こんな場所で何を期待してるんだ?安全な場所なんて、どこにもないさ。」

(短い沈黙)

少年兵 (遠くを見ながら、皮肉っぽく): 「どうせこの俺もことも。……俺のこと、何も知らないんだろ?」

(短い沈黙)

少年兵 (不機嫌に): 「…昔のことを聞くな。その質問、取り消せ。」

(少しの沈黙)

少年兵 (冷たく): 「知らないんだろう?とは言ったが、知って欲しいとは言ってない。……個人的に、俺の過去に興味があるとでも?」

少年兵 (嘲笑): 「その興味、どこに向けるつもりだ?俺のお前を見る目は変わらないぞ。」

(一息ついて)

少年兵 (挑発的に): 「もう分かったなら、さっさとどっか行け。」

少年兵 (冷徹に): 「ここは戦場だ。昔のことなんて、どうでもいい。」

(少しの沈黙)

少年兵 : 「…それに、君に関係ないことだろ?」
[シーン終了]


シリアス、思考等編

だけど、俺を見る前に、自分自身を深く見つめてほしい。

[シーン開始]

少年兵(息をついて、深い声で):「何を見てるんだ、お前は?俺の目が、ただの戦場を映してると思うのか?」

(短い沈黙)

「戦場は、子供であることの甲斐性なんてない場所だ。全てが現実で、一瞬が命取りで、隠す場所がない。」

(ちょっとため息をつきながら)

「俺がここにいるのは、選んだ結果じゃない。だが、今こうして立ってる自分を、受け入れてるんだ。」

「その目、俺を見るその同情混じりの目はいらない。お前には、俺が何を感じているのか、分からないだろう。」

(深く息を吸って、ゆっくりと)

「いつまでも俺をただの子供だと思うつもりか?この服装、この武器、この瞳… 全てが、今の俺を物語っている。」

「確かに、俺もかつてはお前のように、ただの子供だった。平和な日々を過ごしていた。だが、その日常は奪われ、今がある。」

(しばらくの沈黙)

「戦場を恐れるのは当然さ。だが、その恐れを超えるのが、戦士なんだ。それが、俺の生き様。」

「もしかして、お前も俺のようにはなりたくないって思ってるのか?」

「なら、俺の話を耳を傾けて聞いてくれ。戦場の現実を知り、自らの道を選べ。」

(短い間をおいて)

「俺を完全に理解してほしいわけじゃない。それは前にも言った。だけど、俺を見る前に、自分自身を深く見つめてほしい。」

彼は手を胸に当てる。

「これが俺の背負う過去だ。」

[シーン終了]

戦場では、毎日友人が命を失う可能性がある。

[シーン開始]

少年兵(深く息をつきながら、目を遠くに向けて):「戦場での友情って、他の場所でのそれとはまるで違う。ここでは、毎日が命懸けだからさ。」

彼の手の震えを隠すことができない。

「なぁ、お前は本当の友情って何だと思う?」

(少しの間)

彼の目には戦場の恐怖とともに、友情の深さが宿っている。

「戦場では、毎日友人が命を失う可能性がある。そんな瞬間、全てが止まるように感じるんだ。」

「でも、戦場での仲間は、命を懸けてお前を守ってくれる。だから、お前もその仲間の命を懸けて守る。それが戦場の絆。」

彼は頭を下げる。

「俺にも仲間がいた。彼とは戦場での出会いだったけど、本当に信頼できる友だった。」

「ある日、彼は俺の目の前で撃たれた。全てが遅く感じ、俺は何もできなかった。」

彼の声は震えている。

「その時、俺はこんな場所で彼を失うなんて…と、悔しい気持ちと悲しみでいっぱいだった。だけど、それが戦争の現実。」

「お前が今、俺の話を聞いているのは、きっと何かの縁だろう。」

「俺がここで経験したこと、失ったものから学んだこと。それは、大切な人を守るために、今できる最善を尽くすこと。」

「お前にもまだ選択の余地がある。」

彼の目は真剣だ。

「だから、俺の話を胸に刻んで、後悔しない道を選んでくれ。」

彼は静かに息を吸い込む。

「戦場での友情は、真の絆の証明。だから俺は彼のことを忘れない。そして、お前も大切な人を守るために、強くなるんだ。」

[シーン終了]

俺は見た。そして、その全てに立ち会った。

[シーン開始]

少年兵(冷静に): 「戦争… お前はそれをどう理解している?映画やゲームでの華麗な戦闘シーン?」

(ちょっと笑って)

「まさか、そんな浅い理解でここにいるわけじゃないよな?」

(少しの間)

「戦争は、ただの戦闘や戦略だけじゃない。人が死ぬ。家族が離れ離れになる。それが戦争の真実だ。」

「映画では見せない、死の恐怖や無力感。それを毎日、俺たちは味わっている。」

(深く息を吸って)

「なぁ、お前は戦争のどん底を見たことがあるか?子供の泣き声や、無防備な村が焼き尽くされる様を。」

「俺は見た。そして、その全てに立ち会った。」

(ちょっとため息をつきながら)

「人は、なぜ戦争をするのか知ってるか?権力、資源、信念… でも、戦場で戦っている俺たちにとって、それらは全て意味がない。」

「お前が今、安全にこの場所にいるのも、俺たちが前線で戦っているからだ。」

「だから、俺たちの犠牲をバカにしないでくれ。」

(少しの沈黙)

「俺はお前に、戦争の真実を知ってほしい。そして、その上で自分の選択をしてほしい。」

「戦争は、ただの戦闘や戦略だけじゃない。人の命や、その痛みを背負った真実だ。」

(深い息を吸って)

「だから、お前も真実を知り、それを背負う覚悟があるなら、ここに立つんだ。」

[シーン終了]

俺にとっての救済は…

[シーン開始]

少年兵(静かに、でも力強く): 「お前、救済って何だと思う?」

(少しの間)

「たった一度のキスや、短い言葉での慰め? それとも、傷跡を隠す綺麗な包帯?」

(ちょっと笑って)

「現実は、それほど甘くない。」

「戦場で見るもの、感じるもの、それは日常の中でお前が想像する以上のものだ。そして、その全てに耐えて生き抜くことが、俺たちの現実なんだ。」

(深く息を吸って)

「でも、中には小さな希望や、心の隙間を埋めるような瞬間もある。それが俺たちの救済なんだ。」

「お前にとっての救済は何だ? 家族との時間? 友達との笑顔?」

(少しの間)

「俺にとっての救済は…」

(ちょっとため息をつきながら)

「…戦場から離れ、静かな場所で心を落ち着けること。そして、一人でいる時間。」

「お前は俺の話を聞いて、何を感じる? 悲しみ? 同情? それとも、ただの興味?」

「俺は、お前に同情されたくはない。でも、俺の言葉に耳を傾けてくれることは、俺にとっての一つの救済だ。」

(少しの沈黙)

「だから、お前も何かを求めているなら、それを見つけてくれ。そして、それを守るために強くなってくれ。」

(深く息を吸って)

「それが、俺の願いだ。」

[シーン終了]

少なくとも俺の背景や心の中を理解してからしてほしい。

[シーン開始]

少年兵(冷静に、少し哀しげに): 「お前、無実の罪を知っているか?」

(少しの間)

「真実を知らない人たちに裁かれること、それを感じたことがあるか?」

(軽く笑う)

「銃を持ってるから悪者に見えるのか? 銃(※日本刀など違う武器に改変可能)を手にしただけで、人々の目は変わる。」

(深く息を吸って)

「この銃を手にすること、それは俺の選択ではなかった。だから、俺の全てを知らない人に裁かれるのは、どれほどの苦痛か想像できるか?」

「お前は俺のことを、どう思う?」

「人は状況や外見だけで判断を下す。だけど、その全ての背後にある事情や心の中まで知ることはできない。」

(ため息をつきながら)

「俺は理解されることを求めていない。だが、もし俺を判断するのなら、少なくとも俺の背景や心の中を理解してからしてほしい。」

(瞬間の沈黙)

「戦場での俺の選択、背負った罪や痛み、それは誰にも測れない。」

(深呼吸して)

「だから、俺のことを裁く前に、一度、俺の立場に立ち、俺の心の中を感じてみてほしい。」

「そうすれば、真の公正を知ることができるだろう。」

[シーン終了]


日常台詞系統編

でも、最近、新しい夢を見るようになった。

[シーン開始]

少年兵(冷静に、ちょっと遠くを見つめるような感じで): 「夢ってお前も見るか?」

(少しの間)

「戦場にいる時、夢なんて贅沢なものだと思ってた。でも、実際には、夢は逃げ場所だったんだ。」

(ちょっと笑って)

「まあ、俺の夢は、お前の想像とは違うだろうけどな。」

「戦場の中、俺の夢は…静かな場所。川の流れる音や、風の音だけが聞こえるような場所。」

「その夢の中で、俺はただ、何も考えずに眠れる。戦場のことや、過去のことを忘れて。」

(深く息を吸って)

「お前は、そんな夢を笑うか? それとも、同じような夢を見るのか?」

「人々は、大きな夢や野望を持つものだと思ってる。でも、俺にとって、小さな夢が一番価値がある。」

(ちょっとため息をつきながら)

「でも、最近、新しい夢を見るようになった。」

「それは、お前と同じような日常を過ごす夢。学校に通ったり、友達と笑ったり。」

(少しの沈黙)

「夢は、現実から逃げるためのものだと思ってた。でも、それは違う。夢は、未来への希望や、過去の懐かしさを感じるためのものなんだ。」

(深く息を吸って)

「だから、お前も夢を大切にしてくれ。それが、俺の願いだ。」

[シーン終了]

俺の学びは、学校の教科書からではなく、戦場から得たものだ。

[シーン開始]

少年兵(冷静に、自分の経験を振り返るような感じで): 「学びというのは、人生の中で最も大切なものの一つだと思うんだ。」

(少しの間)

「戦場で生き残るためにも、学びは必要だ。敵の動き、地形、天気… これら全てを把握することが生死を分ける。」

「でも、お前が考えている学びとは違うかもしれないな。」

(ちょっと笑って)

「俺の学びは、学校の教科書からではなく、戦場から得たものだ。」

「それは、人間の心の弱さや強さ、人とのつながりの大切さ… これら全てを知ることができる。」

(深く息を吸って)

「お前が学校で学んでいることも、決して無駄なものではない。」

「それは、お前の未来を作るための大切なものだからな。」

(ちょっとため息をつきながら)

「俺も、普通の学校に通って、友達と一緒に学びたかった。」

「でも、俺の選んだ道は違った。だから、お前にはその機会を最大限に活かして欲しい。」

(少しの沈黙)

「学びは、自分を成長させるためのものだ。」

「だから、学びを通じて、お前がどんな人になるか、楽しみにしているんだ。」

(深く息を吸って)

「人生は短い。だから、学びを通じて、お前の人生を最大限に生きてくれ。」

[シーン終了]

昔、戦場で食事を共にした仲間たちとの時間を思い出すことがある。

[シーン開始]

少年兵(冷静に、食事の時間を楽しんでいる様子で): 「食事の時間…これが日常の中での一息つける時間だな。」

(少しの間)

「戦場の食事は、ただのエネルギー補給だった。味なんて二の次。」

「でも、こうして普通の食事をする時間が、どれだけ豊かなものかを感じられるんだ。」

(深く息を吸って)

「お前も、食事の時間を大切にしてるか?」

「ご飯の一粒一粒に、農家の人々の努力や、自然の恵みが詰まっているんだからな。」

(ちょっと笑って)

「もちろん、おいしいものを食べるのは最高だけど、それ以上に大切なのは、その瞬間を感じること。」

(短い沈黙)

「昔、戦場で食事を共にした仲間たちとの時間を思い出すことがある。」

「その時の食事は、特別なものだった。だって、次の日には、生きているかどうかも分からないんだから。」

(深く息を吸って)

「だから、今、この平和な瞬間に、食事をすることは、俺にとっては特別な時間なんだ。」

「お前にとっても、食事の時間は、何か特別なものだろう。」

(少しの沈黙)

「だから、これからも、食事の時間を大切にしてくれ。」

「それが、俺たちが過去を忘れずに、未来に希望を持って生きていくための一つの方法なんだ。」

[シーン終了]

でも、それでも家族は、俺の最後の安らぎだった。

[シーン開始]

少年兵(遠くを見ながら、思い出に浸る様子で): 「家族の思い出って… どんな時でも心に残っているんだ。」

(少しの間)

「戦場にいる間も、家族の顔や声が頭の中に残っていた。」

(淡く笑って)

「母の手料理、父の語りかける声、弟や妹(※家族構成や思い出は自由に改変可能)と過ごした日々…」

「特別な日じゃなくても、普通の日常が、今となっては一番の宝物だ。」

(若干緊張した様子で)

「でも、家族の思い出を語るのは…簡単じゃない。」

「戦場での経験や過去の選択が、家族との関係にどれだけ影響を及ぼしているか…」

(一呼吸)

「でも、それでも家族は、俺の最後の安らぎだった。」

(深く息を吸って)

「家族と過ごした日々は、どんな困難な状況でも前に進む力をくれた。」

(ちょっと笑って)

「特に、弟や妹(※改変可能)との思い出は、俺の中で一番の宝物だ。」

「彼らとの日常の中で、笑顔や笑い声、そして喧嘩(※改変可能)も… それが今でも心の中で響いている。」

(少しの沈黙)

「だから、家族との思い出を大切にして、前を向いて生きていくんだ。」

「お前も、家族や大切な人との思い出を大切にしてほしい。」

[シーン終了]

だから、このことは秘密だ。お前にだけ話しているんだからな。

[シーン開始]

少年兵(遠くを見ながら、落ち着いた様子で): 「趣味の時間って、特別なものだよな。静寂の中で、自分だけの時間を持つことができる。」

(少しの間)

「戦場での毎日は、緊張感が絶えない。だからこそ、短い趣味の時間が俺の心の支えになっている。」

(ちょっと笑って)

「お前は信じられるか? 俺が絵を描く(※自由に改変可能)のが好きだってことを。」

(若干緊張した様子で)

「戦場の風景や仲間の姿、家族の顔… それを紙に描く(※自由に改変可能)ことで、少しでも現実を忘れられるんだ。」

(深く息を吸って)

「だけど、そんな趣味を持っていることを他の仲間に知られたくないんだ。その……格好良く、いたいからな。」

(苦笑い)

「だから、このことは秘密だ。お前にだけ話しているんだからな。」

(ちょっと笑って)

「趣味の時間は、日常の中で一番の安らぎだ。俺の中で特別な存在なんだ。」

(ちょっと考えながら)

「お前も、何か趣味や特別な時間を持っているか?」

「もしそうなら、それを大切にしてほしい。」

「趣味の時間は、自分を取り戻すための大切な時間だから。」

[シーン終了]

感情の転換、分岐の台詞編

この歌は、俺の村でよく歌われてたんだ。どこで覚えたんだ?

少年兵 (歌いながら): 「♪~」

視聴者が、その歌を知っていることを示す反応をする。

少年兵 (驚いて): 「…あれ?この歌、知ってるのか?」

(沈黙)

少年兵 (興味津々に): 「この歌は、俺の村でよく歌われてたんだ。どこで覚えたんだ?」

(沈黙)

少年兵 (微笑みながら): 「さっきまでの緊張とはうって変わって、こうして歌の話ができるなんて不思議だな。」

(少しの沈黙)

少年兵 (思い出を語りながら): 「子供の頃、村の祭りでこの歌をみんなで歌って踊ったものだ。」

視聴者が、歌のフレーズを口ずさむ。

少年兵 (笑顔で): 「そうだ、そういうメロディだ。君も上手だな。」

(沈黙)

少年兵 (柔らかく): 「…ありがとう。この歌を共有できたことで、少しだけ戦場から離れた気分になれたよ。」

なぜ、助けてくれたんだ?

※文章が短いので引き延ばした方が良いかと思われます。

少年兵 (苦しんで): 「くっ… 誰も助けてくれないのか…」

(遠くから視聴者の足音が聞こえる)

少年兵 (疑念を抱きつつ): 「…誰だ?」

視聴者が近づく。

少年兵 (警戒して): 「何をしに来たんだ?」

(沈黙)

視聴者が、罠を外そうと手を伸ばす。

少年兵 (驚いて): 「待って、何を…」

罠が外れる。

少年兵 (戸惑って): 「なぜ、助けてくれたんだ?」

(沈黙)

少年兵 (穏やかに): 「…ありがとう。」

(沈黙)

少年兵 (視聴者を見つめて): 「一緒にシェルターを探さないか?」

…腹が減ったな。もう何日もろくに食べてねぇ

少年兵 (顔を歪めながら): 「…腹が減ったな。もう何日もろくに食べてねぇ。」

視聴者が、少年兵に食べ物を差し出す。

少年兵 (驚きながら): 「えっ、本当にいいのか?」

視聴者が頷く。

少年兵 (感謝しながら): 「ありがとう…。」

(少しの沈黙)

少年兵 (ほおばりながら): 「美味いな、これ。君、どこでこんなもの見つけたんだ?」

(沈黙)

少年兵 (笑顔で): 「まぁ、いいや。お前がくれたんだから、それが一番だ。」

(沈黙)

少年兵 (ふと真剣な顔で): 「お前はいい奴だな。こんな戦場の中で、まだ人を信じることができるんだから。」

(沈黙)

少年兵 (優しく): 「…ありがとな。お前と一緒にいると、何だか心が軽くなるよ。」

お前とこうしていると、戦場のことを忘れられる。

少年兵 (火を眺めながら): 「こんな焚き火の温もりって、実は久しぶりだ。」

視聴者が、炎の明かりで少年兵の顔を見つめる。

少年兵 (ちょっと照れながら): 「何をそんなに見てるんだ? 火の温もりを感じてるだけだ。」

(沈黙)

少年兵 (炎を指さして): 「この炎は、戦場のあの炎とは違う。あれは死と絶望の炎だけど、これは…生きる希望の炎だな。」

視聴者が、少し驚いたような顔で少年兵を見る。

少年兵 (苦笑しながら): 「変だよな。こんな戦場でそんなことを考えるなんて。」

(沈黙)

少年兵 (目を閉じて): 「でも、お前とこうしていると、戦場のことを忘れられる。」

(沈黙)

少年兵 (穏やかに): 「…そっか。ありがとな。少しの間だけど、お前と一緒にいると、戦争のことを忘れられるんだ。」

それが、今の俺の小さな願いだ。

少年兵 (星を指差して): 「あの星、見えるか?」

少年兵 (少し照れながら): 「あれは、俺が小さい頃からいつも見ていた星だ。名前は知らないけど、俺にとっては特別な星なんだ。」

(沈黙)

少年兵 (目を細めて): 「ここではない、どこか遠くの平和な場所で、家族と一緒にその星を見ていた。」

少年兵 (穏やかに): 「お前には、そういう特別な星や思い出はあるのか?」

少年兵: 「それは、いいね。」

(沈黙)

少年兵 (深呼吸して): 「…戦場での日々は、それぞれの思い出や希望を奪っていく。でも、こんな時に限って、それを取り戻すことができる気がする。」

少年兵 (真剣に): 「お前と、こんな星空の下で語り合えるのは、俺にとって大切な時間だ。」

少年兵: 「戦争が終わったら、またこの場所に来て、一緒に星を見たい。それが、今の俺の小さな願いだ。」

少年兵 (微笑みながら): 「それなら、約束だ。」

恋愛台詞編

①aやb、②a2など書いていますが、使い方は自由です

…あのな、たとえば… お前と一緒に過ごす時間は、戦場の中での短い休息のようなものだ。:控えめな場合

[シーン開始]

少年兵(ちょっと遠くを見て、思いに沈んでいるような様子で): 「人は… どうして心が揺れる瞬間があるんだろうな。」

(静かなため息)

「特定の誰かと目が合った時や、偶然その人の香りを感じたとき…」

(控えめに)

「…まあ、何を言ってるんだろう、俺。」

(ちょっと照れくさい笑顔)

「お前に、何かを感じてるわけじゃない。だから、勘違いしないでほしい。」

(少しの間、静かに)

「ただ、人と人との間に生まれる、微妙な空気や距離感って、特別だよな。」

(ちょっと考えながら)

「…あのな、たとえば… お前と一緒に過ごす時間は、戦場の中での短い休息のようなものだ。何も言わなくても、心地いい。」

(少し困った様子で)

「それは… あくまで例え話だからな。」

「だから、俺が何を言っているかを深く考えないでほしい。」

(少しだけ照れくさい笑顔)

「でも、もし… ある日、俺がお前のことを… あ、いや、忘れてくれ。」

[シーン終了]

前よりももっと… どういう言葉で表現すればいいかな、魅力的になったのかな?:少し積極的な場合

[シーン開始]

少年兵(ちょっと自信たっぷりに、微笑みながら): 「お前、最近ちょっと変わったな。」

(探るような目で視聴者を見つめる)

「前よりももっと… どういう言葉で表現すればいいかな、魅力的になったのかな?」

(小さく笑いながら)

「驚いたろう?こんなことを俺が言うなんて。でも、感じたことは正直に伝えるのが俺のスタイルだ。」

「それに、お前と一緒に過ごす時間は、戦場の中の激戦を忘れさせてくれる。」

(ちょっと考えながら)

「いや、実際、この間も、お前との会話に夢中になってしまって、周りのことをすっかり忘れていたからな。」

(蕩ける様な声色で)

「だから、お前の隣にいるときは、特別な時間に感じる。」

「あ、でも勘違いしないでくれ。俺が何を考えてるのか、確かめに来たわけじゃない。」

(にっこりと笑顔で)

「ただ… もし、お前が何か感じているのなら、それを俺に教えてくれると嬉しい。」

[シーン終了]

だけど、お前の前では… ちょっとだけ、素直になりたくなる。:控えめな場合  

[シーン開始]

少年兵(遠くを見つめながら): 「なあ、お前は、自分の感情に正直だろうか?」

(一呼吸)

「感情ってのは、時として人を縛りつける。だけど、それとは裏腹に、それを隠そうとすると、もっと心が乱れるんだ。」

(微笑みを浮かべて)

「…実は、俺もそうかもしれない。」

(ふと、視聴者を直接見つめて)

「お前との時間、少しずつ変わってきたと感じる瞬間があるんだ。」

(控えめに)

「それは… あくまで気のせいかもしれないけど。」

「お前の笑顔、お前の話し方… そんな些細なもので、俺の心が少し揺れ動く。それを認めるのは… ちょっと難しい。」

(少しだけため息)

「俺は感情を隠すのが得意だった。だけど、お前の前では… ちょっとだけ、素直になりたくなる。」

(ちょっと考えながら)

「でも、それは… それはただの一瞬の感情だからな。」

(短い間、静かに)

「…まあ、もしそれが本当の気持ちだとしたら… その時は、ちゃんとお前に伝えるから。だから、今は… その… あまり深く考えないでくれ。」

[シーン終了]

何も言わないでくれ。ただ、聞いてほしい:控えめな場合

[シーン開始]

少年兵(深く息を吸って、視聴者の方をゆっくりと向く): 「お前と過ごす時間、特別だなって最近思うんだ。」

(ちょっと視線をそらして)

「何でだろうな… 戦場の中、あの地獄の中で培った心の壁。それが、お前の前では薄くなっていくような気がしてな。」

(しばらくの間を持たせて)

「何も言わないでくれ。ただ、聞いてほしい。」

(やや困惑した様子で)

「普通の人々が経験する、普通の感情って、一体どんなものなのかなって、昔からずっと思ってた。」

「だけど、お前と一緒にいると、それが少しだけ分かる気がする。」

(短い間を取りながら)

「感じてるこの気持ち、説明するのは難しい。でも、これが…“素直な気持ち”なのかもしれない。」

(苦笑い)

「笑ってくれてもいいぞ。こんな風に話すのは、今回が初めてだから。」

「…お前のことを思うと、言葉が出てこないんだ。」

(深呼吸して)

「だから、今はただ言いたい。ありがと、お前がここにいてくれることに。」

[シーン終了]

お前と一緒にいるときだけ、どんなに困難な状況になっても、お前のことを最優先にするってこと。

[シーン開始]

(視線を下げ、ふっと息を吸って)

「ちょっと、聞いてくれるか?」

(視線を避けながら)

「実は、お前との間に一つ、言ってない約束があるんだ。」

(一瞬の沈黙、そして静かに)

「…お前にだけ、話したいことがある。」

(ゆっくりと視聴者の方を見る)

「その約束は、お前と一緒にいるときだけ、どんなに困難な状況になっても、お前のことを最優先にするってこと。」

(少し恥ずかしそうに)

「…いや、ちょっと大げさに聞こえるかもしれないけど、それが本当に俺の気持ちなんだ。」

(視線を遠くへ)

「でも、この約束、言葉にしなくても、お前も感じてくれるな?」

(短い間を取りながら)

「お前との時間は、俺にとって特別なもの。その時間を大切にしたい、だからこの約束をしたんだ。」

(ちょっとだけ笑顔)

「もちろん、お前が俺のことを最優先にしてくれることを求めてるわけじゃない。」

(真剣な顔で)

「ただ、この約束を守るためには、お前の協力も必要だ。」

(視線を逸らして)

「だから…お前も、何か約束をしてくれるか?」

(ゆっくりと視線を合わせる)

「これからも、一緒にいてくれるって。」

[シーン終了]

ただ、一緒にいたい。それだけなんだ。

[シーン開始]

(夜の部屋、窓から柔らかい月明かりが差し込む。深い呼吸をして)

「お前に、伝えないといけないことがあるんだ。」

(顔を上げ、視聴者の方を直視せず少し横を向いて)

「この言葉を選ぶのに時間がかかった。でも、今、正直に伝えたい。」

(目を閉じて、静かに言葉を選ぶ)

「俺は…お前のことを、ただの友達以上に思ってる。」

(目を開けて、少し戸惑いながら)

「言葉にするのは難しいんだ。それくらい、お前の存在が大きい。」

(深く息を吸い込みながら)

「最初は、ただの興味、気になる存在だった。でも、いつの間にかお前の笑顔、その声、仕草に惹かれていた。」

(真剣に視聴者の方を見つめる)

「でも、これは単なる恋心じゃない。お前との関係、それぞれの絆の重さを感じてる。」

(言葉を慎重に選びながら)

「俺たちの関係は、ただの一瞬の情熱や、熱量だけじゃない。深い、真実の愛なんだ。」

(顔を背けて)

「…恥ずかしいけど、こんなに誰かのことを思ったことなんて、今までなかった。」

(視線を再び視聴者に戻す)

「だから、どんな答えが返ってきても、お前にこの気持ちを伝えたかった。」

(切ない表情で)

「もし、俺の気持ちを受け入れてくれるなら、これからも、お前のそばにいたい。」

(目を閉じて)

「ただ、一緒にいたい。それだけなんだ。」

[シーン終了]

昔からこの隠れ家を守ってきた理由を、今まで話さなかったよな。:ハッピーエンド

少年兵: 「…お前に話したいことがある。」

(沈黙)

少年兵: 「昔からこの隠れ家を守ってきた理由を、今まで話さなかったよな。」

(視聴者が無言で頷く)

少年兵: 「実はこの隠れ家、俺の故郷に関連する大切な場所なんだ。」

(少しの間、少年兵は言葉を選ぶ)

少年兵: 「俺の故郷は、今はもう存在しない。戦争で全部失ってしまった。この隠れ家は、故郷の思い出を保つための場所で…」

(少年兵の声が小さくなる)

少年兵: 「だから、ここを他人には踏ませたくなかった。」

(沈黙)

少年兵 (少し困ったように): 「でも、お前は違う。」

(視聴者に向かって少年兵が真剣な眼差しを送る)

少年兵: 「お前には、ここの秘密を知ってもらいたい。ここに来てもらいたいと思うようになった。」

(少年兵が手を差し出す)

少年兵: 「これは俺のすべてで、お前にも知ってほしいと思う。だから…」

(少年兵が言葉を詰まらせる)

少年兵: 「俺はお前が好きだ。不器用で、強がりで、クールなフリをしているけど…」

(少年兵の声が震える)

少年兵: 「お前のことを思うと、胸が痛いくらいだ。」

(少年兵が視聴者の手を握る)

少年兵: 「これが最後じゃない。これからも俺と一緒にいてくれ。」

知っているんだ。君が俺の背後を突こうとしたこと。:好感度低めのバッドエンド

背景音: 重い足音、湿った空気感

少年兵: 「…ここに来るとは、思わなかったな。」

(一呼吸)

少年兵: 「お前… どうしてここまで来た? 救われるとでも思ったのか?」

(緊張感が増す)

少年兵: 「この間まで、君とは良い関係を築けると思っていた。だが、君は… どうしてそんなことをした?」

(視聴者が無言で待つ)

少年兵 (苛立ちを感じさせる): 「答えろ。」

(沈黙)

少年兵: 「知っているんだ。君が俺の背後を突こうとしたこと。」

(短い息をつく)

少年兵: 「何を考えているのか知らない。だが、ここでの終わりだ。」

背景音: 銃のボルトアクションが鳴る

少年兵: 「俺は… 壊れているかもしれない。だが、君も同じだ。」

(足音が近づく)

少年兵: 「君は最後の選択を間違えた。」

(銃を構える音)

少年兵 (低く、冷徹に): 「さようなら、■■■。」

SE: 銃声

この世界の中で少しは温かみを感じることができた。:好感度高めのバッドエンド

背景音: 遠くでの爆発音、低く鳴り響く警報

少年兵: 「ここにきて、こんなことになるなんて…」

(深呼吸をする音)

少年兵: 「■■■… 君とここまできたのは、運命だったのか、それとも…」

(短い息をつく)

少年兵: 「俺は、君に出会えたことを後悔していない。本当に。」

(足音がゆっくりと近づく)

少年兵: 「でも、こんな結末を望んでいたわけじゃない。二人とも…こんな場所で終わるなんて…」

(切ない息をつく)

少年兵 (柔らかく): 「君との時間は、短かったけど、価値があった。確かに。」

(沈黙)

少年兵: 「■■■… これが最後になる前に、伝えたいことがある。」

(一瞬の沈黙)

少年兵 (声を震わせながら): 「君がそばにいてくれたおかげで、この世界の中で少しは温かみを感じることができた。」

(息を大きく吸う)

少年兵: 「今、死を迎える瞬間も、君と一緒にいられることに感謝している。」

(依存的な雰囲気で)

少年兵: 「もし次の世界があるなら、また… 君と出会えることを祈っているよ。」

背景音: 爆発音が大きくなる

少年兵 (最後の力を込めて): 「ありがとう、■■■。永遠に忘れない。」